ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

「 一般記事 」 一覧

FBI捜査員ストラックとFISA裁判所判事の友人関係が判明

ロシア疑惑捜査で注目を集めたFBI捜査官ピーター・ストラック氏と、不倫相手の同職員リサ・ページ氏の間で交わされたメールの一部が新たに公開され、マイケル・フリン氏の裁判を担当した判事とストラック氏が親し …

米上院、第2の特別カウンセルを求める声高まる

特別カウンセル※、ロバート・モラー氏の「ロシア疑惑」捜査は、ついにトランプ・オーガニゼーションにまで及ぶことになった。一方、米上院からはFBIと司法省の捜査における職権乱用疑惑について第2の特別カウン …

14日の全米の学生による銃規制デモ、強制されたという声も

2018/03/15   -一般記事
 

3月14日、全米各地の学校で銃規制の強化を求める抗議活動が行われた。しかし、中には参加を強制されたという声もあり、多くの報道ではデモに参加していない人たちの声を拾い上げていないようだ。

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

「炎と怒り」著者がトランプの不倫についての質問に聞こえないふり(動画)

2018/02/26   -一般記事
 

トランプ政権の内幕を暴いたとされる暴露本、「炎と怒り」が日本でも発売されたようだ。以前お伝えしたように、信憑性が不確かなことを他ならぬその本の中で認めている著者のマイケル・ウォルフ氏が、都合の悪い質問 …

「アサルトウェポン」神話と銃持ち込み禁止区域の弊害:トランプは教師の武装化を支持

2018/02/23   -一般記事
 

米フロリダ州の高校で14日に起きた悲惨な銃乱射事件後、ドナルド・トランプ大統領は、身元調査の徹底や年齢制限の引き上げなどに前向きな姿勢を示す一方で、いわゆる「アサルトウェポン」禁止には否定的であり、抑 …

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

前国家安全保障担当補佐官のマイケル・フリン氏が、FBIに対する偽証を認めたのは昨年12月のことだった。しかし、複数の報道によると当時FBIはフリン氏が偽証したとは見なしていなかったのだ。

知っていましたか?トランプの大統領選勝利後にロシアがやったこと

2月16日、いわゆる「ロシア疑惑」を捜査するロバート・モラー特別顧問は、大統領選挙に干渉したとしてロシアの13人の個人と3つの企業の起訴を発表した。しかし依然としてトランプ陣営との共謀の証拠は発見され …

「本物のロシア疑惑」ウラニウム・ワンFBI情報提供者が議会証言

ザ・ヒルがウラニウム・ワン疑惑について衝撃の報道を行ったのは数カ月前、2017年10月のことだった。オバマ政権が封じ込めていたFBI協力者が判明し、議会はその証言を求めた。その人物がついに2月7日、3 …

ヒラリーメール事件捜査へのオバマの関与を示唆する証拠が判明

オバマ前大統領が、ヒラリー・クリントン氏のメール事件に関する当局の捜査情報を報告させていた可能性が浮上した。新事実は、米上院の国土安全及び政府問題委員会のロン・ジョンソン委員長が、2月7日に発表した報 …