一般記事

セッションズ長官、FISA乱用・ウラニウム・ワン疑惑の担当検察官を明らかに

投稿日:

ジェフ・セッションズ司法長官は29日、FISA乱用とウラニウム・ワン疑惑などを含むFBIと司法省の不正疑惑の捜査に当たらせている検察官の名前を明らかにした。今のところ第2の特別カウンセルの任命はないという。

今回明らかにされたのは、ユタ州の連邦検事、ジョン・ヒューバー氏。オバマ前大統領による任命者であり、トランプ政権発足後一旦は辞任を促されたがセッションズ長官が留任させ、トランプ大統領によって再任命されている。

共和党上院は第2の特別カウンセルの任命を求めていたが、それに対するセッションズ長官の回答としてヒューバー氏の名前が明らかにされており、現時点では第2の特別カウンセルの任命はないということだ。

ワシントン・エグザミナーより)

セッションズ氏によると、ヒューバー氏はすでに次の疑惑を調査してきているという。1つは司法省とFBIが、2016年の大統領選挙にいたるまで、トランプ陣営スタッフのカーター・ページ氏に対する監視令状の取得で不正を行っていたという疑惑だ。また2010年のウラニウム・ワン取引における、ヒラリー・クリントン元国務長官が果たした役割も捜査対象だという。

(中略)

セッションズ氏は、ヒューバー氏が検証を完了した後に、特別カウンセルの必要性を判断すると述べた。

-一般記事
-, ,

関連記事

スティール文書にロシアの偽情報ある証拠をFBIが受け取っていたという報告、報道機関は無視

<引用元:デイリー・コーラー 2020.4.12> 多数の報道機関は4月10日の衝撃的な報告を無視したようだ。それは、ロシア工作員が2017年に英国の元スパイ、クリストファー・スティールに偽情報を押し …

スパイゲート・タイムライン(暫定版)

トランプ大統領は今年5月、ロシアとの共謀疑惑に対するFBIの捜査に情報提供者、いわばスパイが投入されていたことが発覚したことを受けて、「スパイゲート(#SpyGate)」だとツイッターで発言した。 米 …

米上院、第2の特別カウンセルを求める声高まる

特別カウンセル※、ロバート・モラー氏の「ロシア疑惑」捜査は、ついにトランプ・オーガニゼーションにまで及ぶことになった。一方、米上院からはFBIと司法省の捜査における職権乱用疑惑について第2の特別カウン …

機密解除メモ:CIAはヒラリーが偽のロシア共謀疑惑を「煽る」ことを危惧した

<引用元:JusttheNews.com 2020.10.6> ジョン・ラトクリフ国家情報長官は6日、2つの文書を機密解除した。2016年夏に、ヒラリー・クリントンがドナルド・トランプを「中傷」し、自 …

反トランプFBI捜査官のメールデータ消失、大統領選翌日に「秘密結社」メールも

FBIと司法省のFISA悪用に関する報告書が米下院内で公開された件に続いて、FBIの信用をさらに失墜させるような事実が露呈している。FBI捜査官ピーター・ストラック氏と不倫相手の同職員リサ・ページ氏の …

アーカイブ

@JpWelovetrump