一般記事

セッションズ長官、FISA乱用・ウラニウム・ワン疑惑の担当検察官を明らかに

投稿日:

ジェフ・セッションズ司法長官は29日、FISA乱用とウラニウム・ワン疑惑などを含むFBIと司法省の不正疑惑の捜査に当たらせている検察官の名前を明らかにした。今のところ第2の特別カウンセルの任命はないという。

今回明らかにされたのは、ユタ州の連邦検事、ジョン・ヒューバー氏。オバマ前大統領による任命者であり、トランプ政権発足後一旦は辞任を促されたがセッションズ長官が留任させ、トランプ大統領によって再任命されている。

共和党上院は第2の特別カウンセルの任命を求めていたが、それに対するセッションズ長官の回答としてヒューバー氏の名前が明らかにされており、現時点では第2の特別カウンセルの任命はないということだ。

ワシントン・エグザミナーより)

セッションズ氏によると、ヒューバー氏はすでに次の疑惑を調査してきているという。1つは司法省とFBIが、2016年の大統領選挙にいたるまで、トランプ陣営スタッフのカーター・ページ氏に対する監視令状の取得で不正を行っていたという疑惑だ。また2010年のウラニウム・ワン取引における、ヒラリー・クリントン元国務長官が果たした役割も捜査対象だという。

(中略)

セッションズ氏は、ヒューバー氏が検証を完了した後に、特別カウンセルの必要性を判断すると述べた。

-一般記事
-, ,

関連記事

トランプ・ロシア文書「Dossier」疑惑の相関図(図解)

既報のトランプ・ロシア文書の疑惑の相関図(ウラン取引のおまけ付き)

ブルース・オー が議会に証言したこと(論説)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.30>WSJ紙論説委員 キンバリー・A・ストラッセル(Kimberley A. Strassel)氏による論説 司法省弁護士のブルース・オーにつ …

トランプ・クリントン捜査でFBIに偏向あり=米国人過半数の意見(世論調査)

<引用元:ザ・ヒル 2018.8.1> 米国人の過半数は、トランプ大統領と、2016年に民主党の候補者としてトランプ氏と大統領の座を争ったヒラリー・クリントン氏の双方に対する話題を集めた捜査の対応で、 …

ピーター・ストラック の悪名高い「トランプを止める 」メールが隠された理由

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.20> たった1行の返信メールが不自然に隠された理由は依然不透明のまま・・・ FBIの ピーター・ストラック とリサ・ページの間で交わされた有害なメー …

FBIがFISA乱用とヒラリーメール捜査に関する資料提出のための職員倍増へ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.3.27> FBIのクリストファー・レイ長官は27日、下院司法委員会のボブ・グッドラット委員長による記録請求に対応するFBI職員の数を倍増させると発表した …

@JpWelovetrump