一般記事

セッションズ長官、FISA乱用・ウラニウム・ワン疑惑の担当検察官を明らかに

投稿日:

ジェフ・セッションズ司法長官は29日、FISA乱用とウラニウム・ワン疑惑などを含むFBIと司法省の不正疑惑の捜査に当たらせている検察官の名前を明らかにした。今のところ第2の特別カウンセルの任命はないという。

今回明らかにされたのは、ユタ州の連邦検事、ジョン・ヒューバー氏。オバマ前大統領による任命者であり、トランプ政権発足後一旦は辞任を促されたがセッションズ長官が留任させ、トランプ大統領によって再任命されている。

共和党上院は第2の特別カウンセルの任命を求めていたが、それに対するセッションズ長官の回答としてヒューバー氏の名前が明らかにされており、現時点では第2の特別カウンセルの任命はないということだ。

ワシントン・エグザミナーより)

セッションズ氏によると、ヒューバー氏はすでに次の疑惑を調査してきているという。1つは司法省とFBIが、2016年の大統領選挙にいたるまで、トランプ陣営スタッフのカーター・ページ氏に対する監視令状の取得で不正を行っていたという疑惑だ。また2010年のウラニウム・ワン取引における、ヒラリー・クリントン元国務長官が果たした役割も捜査対象だという。

(中略)

セッションズ氏は、ヒューバー氏が検証を完了した後に、特別カウンセルの必要性を判断すると述べた。

-一般記事
-, ,

関連記事

元米連邦検事、司法省監察官が「大掛かりな」FISA乱用報告書を出すと予想

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.8.20> 外国情報監視法(FISA)乱用疑惑に関する司法省監察長官の報告書は、複数の起訴勧告を含む「容赦のない」ものとなるだろう、と元米国連邦検事のガイ …

トランプの盗聴疑惑に関する多くの疑問(と、いくつかの答え)

<引用元:デイリー・コーラー 2017.3.6> 先週末からの、オバマ大統領がトランプに対する盗聴を命じたとするドナルド・トランプの主張は、トランプのアドバイザーとロシア政府とのつながりに対する継続中 …

クリントンのロシアウラン疑惑再浮上、FBI情報提供者の証言要求へ

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.10.23> 2010年に交わされたある取り決めによって、クレムリンの支援する企業が、米国の供給するウランの莫大な量を掌握する道が開かれた。そこに今新たに厳し …

司法省の基準を無視したモラー捜査の狙いとは?

ロシア疑惑捜査を率いるロバート・モラー氏の捜査網が、トランプ大統領へと迫る中、ナショナル・レビューのアンドリュー・C・マッカーシー氏が、3月17日付の「Mueller’s Investigation …

ロシア捜査再検証の中、責任をなすりつけ合うオバマ政権スパイ組織リーダーたち

<引用元:FOXニュース 2019.5.16> ロシア捜査の発端に対する正式な捜査の立ち上げ――司法省の選り抜きの検察官の1人が主導――によって、トランプ陣営に対する監視活動に関して説明すべき点がある …

アーカイブ

@JpWelovetrump