一般記事

トランプ、1時間半かけて海軍兵学校の卒業生と握手を交わす

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.5.25

ドナルド・トランプ大統領は25日、メリーランド州アナポリスで行われた米国海軍兵学校の卒業式で演説を行い、何百名もの卒業生と握手すると明言した。

「この卒業式の演説を行うことは大きな名誉ですが、このまま立ち去ってお別れを言うこともできるでしょう。」

「あるいは、残ってトップの100名とだけ握手することもできるかもしれません。」

「あるいは、何時間か残って1,100名かそこらの人と握手することもできるかもしれません。」

トランプは、歓声を上げる卒業生たちにこう尋ねた。「どうすべきでしょうか?どうすべきでしょう?」

「残りましょう。残ります!」とトランプは叫んだ。

卒業演説の後、 ABCニュースはトランプ大統領が1時間半近くかけて数多くの卒業生と握手する様子を、41秒に短縮した動画を公開した。

-一般記事
-

関連記事

トランプはもちろん経済の話をしているが、違うと言っているのは誰?

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.11.5>バイロン・ヨーク氏による論説 中間選挙キャンペーンの土壇場であることが話題となった。経済は好調なのに、トランプ大統領は自身の大規模集会ではその話 …

トランプは見事に「コロナウイルス検査」に合格:グッドウィン

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.3.12>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 大きくて大胆、楽観的で心がこもっていた。トランプ大統領の大統領執務室からの演説はまさに米国が聞く必要のあるものだ …

トランプ大統領のワルシャワでの注目すべき演説

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.7.6> 社説:国民国家のポピュリズム、魂、そして文明を守ること トランプ大統領の木曜日の演説は、大統領としてまだ間もない中で最も重要な演説の一つとな …

ニュート・ギングリッチ:「大統領は大幅な外交政策の転換をもたらしたがメディアはそれを見過ごした」

<引用元:ホワイトハウス(ワシントン・ポスト社説の引用)2017.5.25> 「メディアははかない質問に焦点を当てていた・・・彼らは本当の劇的瞬間を逃してしまっていた。自分たちの目の前で起きたアメリカ …

バイロン・ヨーク=大きく出たトランプ、遅れた一般教書演説を利用して国境問題を超える論証

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.6>バイロン・ヨーク氏による論説 ナンシー・ペロシ下院議長(民主党、カリフォルニア)が、当初予定されていた1月29日の、トランプ大統領の一般教書演説の …

アーカイブ

@JpWelovetrump