記事翻訳

トランプがメイン州での出馬禁止裁定に上訴

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2024.1.2

ドナルド・トランプ前大統領は2日、メイン州での大統領予備選挙出馬を禁止するというシーナ・ベローズ州務長官の決定に上訴した。

トランプは、ベローズ州務長官は偏見を持った意思決定者であり、出馬を禁止する法的権限はなく、「複数の法的ミスを犯し、専断的で気まぐれな行動を取った」と主張し、メイン州裁判所に上訴した。ベローズは12月28日、トランプは憲法修正第14条第3項により出馬の資格がないと裁定した。同条項は、憲法に宣誓を行った後に反乱に従事した人物が公職に就くことを禁じている。

「たとえメイン州の法律が州務長官に、(実際そのようなことはないが)修正第14条第3項によりトランプ大統領の出馬に異議を申し立てることを検討する権限を与えたとしても、州務長官は第3項を適切に考察することができておらず、その際に法律問題として判断を誤りました」とトランプは上訴で述べた。

上訴では、第3項は「他の法令を待たずに施行されず、議会の立法を必要とする」としている。加えて、トランプは「合衆国の職員」ではないので前大統領には適用されないと主張している。

コロラド州最高裁は12月19日に、トランプに出馬資格はないとしていた。コロラド州共和党は先週、判決を米国最高裁に上訴した。

-記事翻訳
-,

関連記事

デトロイト市職員が投票を前の日付にするよう指示受けたと内部告発・FBI捜査中

<引用元:JusttheNews.com 2020.11.6> ミシガン州で組織的な不正投票・初の具体的疑惑 デトロイト市職員が情報提供を申し出、選挙関係者が、選挙の締め切りが過ぎた後で到着した投票の …

ラトクリフ情報長官、中国は米国の2020年連邦選挙に「影響を及ぼそうとした」と結論

<引用元:JustTheNews 2021.1.17> ラトクリフ、情報機関の大多数とは異なる評価 ジョン・ラトクリフ国家情報長官は、17日に公開された文書によると、中国は米国の2020年国政選挙に「 …

副大統領討論会の放送で、中国が北京を批判するペンスを検閲

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.10.8> 中国の検閲官は、マイク・ペンス副大統領とカマラ・ハリス上院議員の討論会で、ペンス副大統領の発言の途中で放送を中断した。副大統領が中国共産党のコロナ …

注目の2024:トランプが確実な次期共和党最有力候補として2022年に突入

<引用元:FOXニュース 2022.1.2> ドナルド・トランプ前大統領は、昨年同様の政治的な立場で新年を迎える―間違いなく共和党で最も人気が高く有力な政治家として、だ。 次の大統領選挙の開始の合図ま …

メディア偏向なければトランプは311の選挙人投票を勝ち取っていた:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.24>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説 2つの新たな投票調査によると、リベラルメディアがジョー・バイデン関連のスキャンダルを有権者から …

アーカイブ

@JpWelovetrump