記事翻訳

ヘリテージ財団が2020アジェンダをトランプに提出、前回は64パーセントが実現

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.30>ワシントン・シークレット論説

保守派のヘリテージ財団は、ホワイトハウスに影響力の大きい政策アジェンダを提供し、トランプ大統領に次の4年に向けた信頼性の高いロードマップをもたらした。

財団職員は本紙「シークレット」に、ホワイトハウスのマーク・メドウズ首席補佐官が受け取りに際して「私が合衆国大統領に手渡します。ところでおそらく2020『マンデート(委任・負託)』は、ドナルド・J・トランプ2期で行われることのための青写真となる可能性があります」と語ったと述べた。

2017年にヘリテージは同様の「マンデート」を提出し、その後334の政策的処方のうち64パーセントが「トランプの予算に盛り込まれ、規制助言に沿うか、ヘリテージ財団の原案に従った行動に向けて考慮して実施された」。

新たな「リーダーシップのための2020マンデート」には、経済・国内・外交政策に関する209の新しい政策意見が含まれている。

「ヘリテージの研究者は、個人を念頭に置いて政府のためにモデル政策を開発しています」とヘリテージ財団のケイ・ジェームズ所長は述べ、「それらは、米国人全員が繁栄し自分たちの夢を追及するための自由と機会をさらに感じることができるようにする政策です」と続けた。

パッケージはヘリテージの、議会のための「ソリューションズ2020」と対を成している。

マンデートのアイディアは1981年に遡るものだ。当時ヘリテージはロナルド・レーガン大統領に2千以上の政策提案を集めた「リーダーシップのためのマンデート」を提出した。ヘリテージは、それがベストセラーとなり「レーガンホワイトハウスの多くの人にとっての一種のバイブル」と見なされたと述べた。

ヘリテージ職員は、トランプがレーガンより多くの政策をより早く実行に移したと述べた。

トランプは最近の共和党政権と同様に、政策アイディアとスタッフのことでヘリテージを頼りにしている。少なくとも70人のヘリテージ出身者がトランプチームと協力してきた。

ジェームズ所長はこう語った。「ヘリテージチームがこうしたツールを作り上げる全ての努力に、私は非常に満足しています。レーガン政権は最初の年に『リーダーシップのためのマンデート』の勧告の半分近くを取り入れましたし、トランプ政権は2017年に約3分の2を活用しました。ヘリテージ財団は、こうした政策提案と熟慮された勧告が連邦政府を方向付けることができるように全力で取り組んでいます」

<関連記事>

ヘリテージ財団:トランプの行動計画の64%が達成済、レーガンより速い

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ヘリテージ財団:トランプの行動計画の64%が達成済、レーガンより速い

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.2.27>コラム「Washington Secrets」より抄訳 かつてないスピードで、トランプ政権はヘリテージ財団が求める334の行動計画案のほぼ3分の …

トランプがホワイトハウスに復活させた「メリー・クリスマス」

ホワイトハウスの発表した動画によれば、オバマ前大統領の就任後、ホワイトハウスのイーストルームに置かれなくなっていた、キリストの生誕を描いた飾りが復活したようだ。

トランプ:「最大限の圧力」という言葉を再び使うのは交渉失敗の時

<引用元:ホワイトハウス 2018.6.7>安倍首相との共同記者会見から抜粋 トランプ大統領:そうだ。どうもありがとう。最大限の圧力の効果は間違いないものだ。その言葉をもう使わないのは、友好的な交渉に …

国内外の人身売買についての聴取会でのトランプ大統領の所見

<引用元:ホワイトハウス 2017.2.23> 於ルーズベルト・ルーム 2:40 P.M. EST 大統領:みなさんありがとう。お会いできてうれしく思います。ディナとイヴァンカ、そしてこれを準備するた …

トランプが米国の開かれた外交に警告

<引用元:ナショナル・インタレスト 2020.4.17>イラン・バーマン氏による論説 米国政府は、考えを促進し、政策を説明し、世界の聴衆が自分たちの側に結集するよう説得するために、信頼に足る妥協しない …

アーカイブ

@JpWelovetrump