記事翻訳

ファウチ:トランプはパンデミック初期の中国、欧州、英国からの入国禁止で米国人の命を救った

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2020.7.31

アンソニー・ファウチ博士は31日、コロナウイルス・パンデミック初期段階でのトランプ大統領の行動が米国人の命を救ったと考えている、と下院議員に述べた。

コロナウイルス危機に関する下院特別小委員会でのファウチ証言の中で、下院少数党院内幹事のスティーブ・スカリス(共和・ルイジアナ)は、1月に中国からの入国を制限した大統領の命令にファウチが関与していたか質問した。

「はい。関わっていました」とファウチは答えた。

「その決定に同意しますか?」とスカリスは尋ねた。

「同意します」とファウチは答えた。

「その決定が命を救ったと思いますか?ファウチ博士」とスカリスは質問した。

「はい。そう思います」と国立アレルギー感染病研究所の所長は答えた。

ファウチはさらに、自身がヨーロッパから米国への渡航も制限するという政権の判断にも「実際に関わって」いたと述べ、その動きに同意したか、そしてそれによって米国人の命が救われたと思うかとスカリスが質問すると「はい。そうです」と繰り返した。またスカリスが、英国からの入国制限と、今年初めに政権が出した「拡大を遅らせるための15日」と「拡大を遅らせるための30日」のガイドライン公開に関して質問した際にも、同様の回答をした。

「それで、我々が意見の相違に関しての話をたくさん聞いていることは知っていますし、明らかに多くの決定が下されています。実際、そうした決定の全てには、国際的に評価の高い多くの医師が関わっています・・・概して。あなたとトランプ大統領は、そうした決定の大部分で同意していたと言うのでしょうか?」

ファウチは答えた。「我々は実質的にそれらの全てについて同意していました」

ファウチの全国的な注目度がパンデミックの間に上昇する中、数カ月の間、専門家の間ではトランプとファウチの間の亀裂に関して憶測が飛び交っていた。

ホワイトハウスのピーター・ナバロ通商担当補佐官は、今月初めにUSAトゥデイのコラムでファウチはマスク着用の問題について意見を急転換させたと主張し、そうした意見の不一致に関して懸念をかき立てた。また、ファウチの助言を聞き入れることに警告を発し、アドバイザーがトランプの中国からの入国禁止の決断について抵抗したと主張していた。

それに答えてファウチはアトランティックに対して、「スタッフがそうしたことを口外して、科学・報道コミュニティがそれについて反発すると、最終的に大統領を困らせることになる」と述べていた。

-記事翻訳
-,

関連記事

独自:ホワイトハウス高官とトランプ上級顧問が、中国にコロナウイルス影響の賠償を求める取り組みを監視中

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.25> 複数のホワイトハウス高官は、中国共産党にコロナウイルスの責任を金銭的に負わせようという民間主導の取り組みについて報告を受けており、25日の時点では監 …

トランプは、武漢研究所がコロナ発生源だとする証拠を見たと述べ、WHOをPR会社に例えた

<引用元:FOXニュース 2020.4.30> トランプ大統領は4月30日、コロナウイルスの起源が中国の研究所であることを示す証拠を見たと述べ、世界保健機関をPR会社になぞらえて北京とのつながりに対す …

中国とのにらみ合い激化の中、トランプ政権高官が台湾訪問へ

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.8.5> トランプ政権高官によると、中国とのにらみ合いが激化する中で政権高官が台湾への派遣団を率いることになっており、1979年以来で米国閣僚による最高 …

「賢明な人たちには明白」:研究所流出説をずっと確信とトランプ

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.25> ドナルド・トランプ前大統領は25日に声明を発表し、武漢ウイルス研究所がCOVID-19の起源だとする自身の長期にわたる主張に「誰もが同意している」と …

コロナウイルスが武漢の研究所から流出したことを「証明する」報告書を共和党議員が発表

<引用元:デイリー・シグナル 2021.8.2> 米下院外交委員会の共和党メンバーによる新報告書によると、COVID-19の要因となったコロナウイルスは、2019年9月中旬までに中国の武漢ウイルス研究 …

アーカイブ

@JpWelovetrump