記事翻訳

ファウチ:トランプはパンデミック初期の中国、欧州、英国からの入国禁止で米国人の命を救った

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2020.7.31

アンソニー・ファウチ博士は31日、コロナウイルス・パンデミック初期段階でのトランプ大統領の行動が米国人の命を救ったと考えている、と下院議員に述べた。

コロナウイルス危機に関する下院特別小委員会でのファウチ証言の中で、下院少数党院内幹事のスティーブ・スカリス(共和・ルイジアナ)は、1月に中国からの入国を制限した大統領の命令にファウチが関与していたか質問した。

「はい。関わっていました」とファウチは答えた。

「その決定に同意しますか?」とスカリスは尋ねた。

「同意します」とファウチは答えた。

「その決定が命を救ったと思いますか?ファウチ博士」とスカリスは質問した。

「はい。そう思います」と国立アレルギー感染病研究所の所長は答えた。

ファウチはさらに、自身がヨーロッパから米国への渡航も制限するという政権の判断にも「実際に関わって」いたと述べ、その動きに同意したか、そしてそれによって米国人の命が救われたと思うかとスカリスが質問すると「はい。そうです」と繰り返した。またスカリスが、英国からの入国制限と、今年初めに政権が出した「拡大を遅らせるための15日」と「拡大を遅らせるための30日」のガイドライン公開に関して質問した際にも、同様の回答をした。

「それで、我々が意見の相違に関しての話をたくさん聞いていることは知っていますし、明らかに多くの決定が下されています。実際、そうした決定の全てには、国際的に評価の高い多くの医師が関わっています・・・概して。あなたとトランプ大統領は、そうした決定の大部分で同意していたと言うのでしょうか?」

ファウチは答えた。「我々は実質的にそれらの全てについて同意していました」

ファウチの全国的な注目度がパンデミックの間に上昇する中、数カ月の間、専門家の間ではトランプとファウチの間の亀裂に関して憶測が飛び交っていた。

ホワイトハウスのピーター・ナバロ通商担当補佐官は、今月初めにUSAトゥデイのコラムでファウチはマスク着用の問題について意見を急転換させたと主張し、そうした意見の不一致に関して懸念をかき立てた。また、ファウチの助言を聞き入れることに警告を発し、アドバイザーがトランプの中国からの入国禁止の決断について抵抗したと主張していた。

それに答えてファウチはアトランティックに対して、「スタッフがそうしたことを口外して、科学・報道コミュニティがそれについて反発すると、最終的に大統領を困らせることになる」と述べていた。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプは見事に「コロナウイルス検査」に合格:グッドウィン

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.3.12>マイケル・グッドウィン氏による寄稿 大きくて大胆、楽観的で心がこもっていた。トランプ大統領の大統領執務室からの演説はまさに米国が聞く必要のあるものだ …

コロナウイルスは日光と湿気で弱まるとトランプ、当局者が示唆

<引用元:FOXニュース 2020.4.23> トランプ大統領と保健当局者は23日、コロナウイルスは直射日光への暴露に加えて高い気温と湿度ですぐに死ぬと主張し、伝染の脅威が夏期に大幅に弱まる希望が出て …

共産主義の犠牲者記念財団、世界的コロナウイルス死亡者を歴史的な共産主義犠牲者数に加える

<引用元:デイリー・コーラー 2020.4.10> 共産主義の犠牲者記念財団(The Victims of Communism Memorial Foundation:VOC)は、世界的なコロナウイル …

「伝染病止められたはず」トランプがコロナ後の中国貿易協定の可能性を否定

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.7.10> トランプ大統領は10日、中国が新型コロナウイルスパンデミックの対応に失敗したことを理由に、中国との貿易協定がまとまるよう取り計らう可能性を否定した …

バークス氏疑念を一掃:各国政府のコロナウイルス対応遅れは中国の隠蔽が「原因」

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.31> ホワイトハウス・コロナウィルス対策タスクフォースメンバーのデボラ・バークス博士は、世界中の政府のコロナウイルス対応の遅れは、ウイルスについての中国の …

アーカイブ

@JpWelovetrump