記事翻訳

モラー、フリン の判決またも延期

投稿日:2018年6月30日

<引用元:ポリティコ 2018.6.29

モラー特別カウンセルは、連邦裁判所にマイケル・フリン氏に対する判決言い渡し日の設定延期を継続するよう求めている。フリン氏はトランプ大統領の元国家安全保障担当補佐官であり、トランプ陣営とロシアの共謀疑惑に対するFBIの捜査中に虚偽の供述を行ったという重罪に対して、昨年有罪を認めていた。検察官と弁護士は、29日に米地方裁判所のエメット・サリバン判事に対して提出した1ページの報告書の中で次のように書いている。「特別カウンセルの捜査の状況により、双方は、現時点でこの問題は判決の日程を決める準備ができていないと考える」

延期が示唆するのは、フリン氏はなおもモラー氏への協力に積極的であり、検察官はフリン氏の証言が今後の裁判で有用となる可能性があると考えているということか、あるいは判決手続きを進めることで、モラー氏が捜査上でまだ隠しておきたい状況が判明してしまうということだ。

この件の所定の期日はそれぞれ、特にフリン氏の支持者の側では、少なからぬ憶測と期待を引き起こす。彼らは同氏がFBIやその他による策略によって、有罪を認めるように仕向けられたか計略にはめられたと強く主張しているからだ。

フリン氏は元陸軍中将、元国防情報局チーフであり、国家安全保障担当大統領補佐官となってわずか25日でドナルド・トランプ大統領に解任された。同氏の家族と支持者は有罪を撤回するか、トランプ氏から恩赦を受けることができるとも示唆していた。だがフリン氏の弁護士はその件について沈黙を守っている。

昨年12月のルドルフ・コントレラス連邦判事による公判で、フリン氏は在米ロシア大使と接触したことについて、FBIに嘘の供述を行ったことを宣誓の上認めた。それはイスラエルに対して批判的な国連決議についての大統領の政権移行中のロビー活動と、トルコ政府に対して有利なロビー活動に関するものだった。

コントレラス判事はその後事件から忌避した。裁判所による理由の説明はなかったが、同判事はトランプ・ロシア捜査に関連する外国情報監視裁判所の令状を許可していたと報道されている。さらに後に捜査から外されたFBI幹部捜査官、ピーター・ストラック氏が送ったメールには、コントレラス判事と親しかったことが示されている。

29日の報告ではいくつかの進展が示されていた。双方はフリン氏の犯罪、経歴、そして事件での判決指針の状況について検討する、判決前報告書の準備に取り掛かるよう裁判所に要求している。弁護士と検察官は、8月24日までに事件の状況についてサリバン判事に報告することを提案した。

しかし、29日のその後の命令の中で、サリバン判事は判決日設定をせずに判決前報告書に着手することを躊躇した。判事は双方に、日程が決まってから判決手続きに着手するという慣例をなぜ無視したいのかを、7月2日の正午までに説明するよう命令した。

フリンが認めた罪状は最大で5年の懲役と25万ドルまでの罰金が科せられるが、通常被告は特に検察官に協力する場合、最大よりも遥かに軽い判決を受ける。司法取引の場合、サリバン判事はその範囲の判決が「妥当」であるとする双方の合意に制約されないものの、フリン氏に対してはゼロから6カ月の実刑が予想される。

 

関連:

モラーのロシア人起訴はフリン前補佐官に対する新展開の前触れか?

FBI捜査員ストラックとFISA裁判所判事の友人関係が判明

ロシア疑惑捜査の正当性にさらなる疑問符

 

-記事翻訳
-,

関連記事

バイデン、コミー、ブレナンがフリンの「アンマスキング」要求を提出

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.13> 13日に公開された文書によると、ジョー・バイデン元副大統領と3つの米主要情報機関の長官が、非常に機密性の高いインテリジェンス報告書に含まれるマイケル …

FBI がトランプ陣営捜査に「至急の圧力」を掛けていたことを示すメモ発覚

<引用元:ザ・ヒル 2018.7.6> by ジョン・ソロモン FBI捜査官ピーター・ストラック氏 FBI捜査官の政治的偏見が、ロシア・トランプ共謀の捜査に影響を与えたかどうかについては、複数の検証が …

マイケル・フリン 、シングローブ賞を受賞

トランプ政権の元国家安全保障問題担当大統領補佐官、マイケル・フリン中将は9月14日、ミズーリ州セントルイスで開催されたフィリス・シュラフリー・イーグルスの第47回年次イーグル協議会で、アメリカへの貢献 …

司法省がマイケル・フリンの起訴を棄却

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.7> 司法省は7日、マイケル・フリン元国家安全保障担当補佐官に関する「新発見の」情報を引き合いに出し、フリンに対する起訴を取り下げた。 驚くべき決定は、セン …

ヒラリーメール事件捜査へのオバマの関与を示唆する証拠が判明

オバマ前大統領が、ヒラリー・クリントン氏のメール事件に関する当局の捜査情報を報告させていた可能性が浮上した。新事実は、米上院の国土安全及び政府問題委員会のロン・ジョンソン委員長が、2月7日に発表した報 …

アーカイブ

@JpWelovetrump