記事翻訳

トランプ 支持率 が、ヒスパニック系で1カ月に10ポイント上昇(世論調査)

投稿日:

<引用元:デイリーワイヤ 2018.6.28

ハーバード大学CAPSとハリス世論調査による最新の世論調査がザ・ヒルに独占公開され、驚くべきことが明らかになった。トランプ大統領の支持率が継続して上昇し47パーセントに達したことを言っているのではない。ヒスパニック系での支持率が先月10ポイントも上昇したということだ。

また、トランプ氏の支持率は前月から共和党で6ポイント、民主党でも4ポイント上昇した。

その要因となったのはおそらく次のことだろう。つまり調査結果では、59パーセントの米国人が北朝鮮との関係に対する政府の取り組みに対して支持を示しており、調査対象のおよそ75パーセントが、トランプ氏と北朝鮮の独裁者である金正恩氏との会談を評価していたからだ。

ハーバード大学CAPSとハリス世論調査のマーク・ペン共同ディレクターは、次のようにコメントした。「移民問題でのつまづきを考えると、大統領の支持率が現状を維持するどころか、経済の好調さと北朝鮮での成功で上昇すらしていることに驚いている。大統領は基盤を維持しており特に男性に対しては好調だ」

回答者の過半数がトランプ氏の雇用刺激の取り組み、経済政策、そしてテロ対策について評価していると答えた。

ザ・ヒルはトランプ氏について次のようにコメントしている。「ギャラップのデータによると、トランプ氏は大統領としてのこの段階では、ジョージ・W・ブッシュ大統領を除く現代の共和党大統領の中で、共和党有権者の間で最高の支持率となっている」

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの当選以降、米白人若者が大挙して 民主党 を去る(ロイター調査)

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.7.3> 2016年にドナルド・トランプ大統領が誕生した後、白人米国人の若者の多くが 民主党 を去ったことが最新の調査で明らかに ロイター・イプソスによる …

世論調査では米国人の半数近くがシャーロッツビルについてトランプに同意

<引用元:デイリー・コーラー 2017.8.18> 否定的な報道と共和党内からの批判にもかかわらず、18日に発表された世論調査ではアメリカ国民の半数近くがバージニア州シャーロッツビルで起きた暴力の原因 …

米調査:59%が 反トランプ派 の暴力を危惧、31%が内戦予測

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.27> 大統領補佐官に対する組織的な嫌がらせにまで発展した米国内の分断は、約6割が反トランプ派の暴力を懸念し、約3割が内戦に発展することを危惧する状況 …

世論調査:トランプはマスコミより信頼されている

<引用元:U.S.ニュース 2017.2.9> <抜粋> 新しい世論調査によれば、トランプ政権はマスコミよりも信頼されている。

ほとんどがトランプの移民予定者に対する厳しい審査を支持(ラスムッセン・レポート

<引用元:ラスムッセン・レポート 2017.2.24> ほとんどのアメリカ人は、自分たちの価値観や憲法に基づく基本的な自由に対する信念と価値観を共有していない移民を排除することを支持している。