記事翻訳

米調査:59%が 反トランプ派 の暴力を危惧、31%が内戦予測

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.6.27

大統領補佐官に対する組織的な嫌がらせにまで発展した米国内の分断は、約6割が反トランプ派の暴力を懸念し、約3割が内戦に発展することを危惧する状況となっている。ラスムッセン・レポートの最新の調査によると、有権者全体の59パーセントが「トランプ大統領の政策に反対する人々が暴力に訴えることを懸念している」ことが分かった。

また同調査では、31パーセントが「米国で今後5年以内に2度目の内戦が起きるだろう」と考えているともしている。

新しい調査結果は、政治的な分断をめぐる国内の不安を証明するものであり、これまでにトランプの側近3名が嫌がらせを受けた。その内サラ・サンダース報道官はバージニア州南部のレストランから出ていくよう命じられ、スティーブン・ミラー上級顧問はマンションでリベラル派の抗議を受けた。

また、カリフォルニア州のリベラル派、マキシン・ウォーターズ議員は、トランプ側近が公の場にいる時に圧力をかけるよう呼びかけ、法律の専門家はトランプ側近に銃の携帯許可を申請して銃を購入するよう奨励していた。

サンダース報道官を追い出した Red Hen レストラン。店主はサンダース氏が素直に店を出て帰宅した後も、それまで一緒にいた彼女の家族を町で追い回し罵声を浴びせた。

 

-記事翻訳
-

関連記事

就任490日目:バイデン支持率が現代の全大統領を下回る

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.5.25>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 ジョー・バイデン大統領がついにやった。精彩を欠く指導者の支持率は、現代のどの大統領の政権の …

米国の政治分断がバイデン政権下で最大に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.4.15>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 かつてないほどに米国の民主党・共和党の対立が増している。 最新のギャラップ世論調査で、ジョ …

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

バイデン大統領の支持率急落、最新全国世論調査で

<引用元:FOXニュース 2021.10.20> トランプ前大統領はホワイトハウスでの4年間の在職中に否定的な世論調査結果を受けたが、後任大統領も同じ運命をたどっており、最新の全国世論調査でバイデン大 …

世論調査:トランプはマスコミより信頼されている

<引用元:U.S.ニュース 2017.2.9> <抜粋> 新しい世論調査によれば、トランプ政権はマスコミよりも信頼されている。

アーカイブ

@JpWelovetrump