記事翻訳

重要な激戦州でトランプがバイデンに大差でリードしていることが世論調査で判明

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2023.12.11

11日の世論調査によると、2020年にジョー・バイデン大統領が勝利したミシガン州で、ドナルド・トランプ前大統領が10ポイントもの大差をつけてバイデンにリードしている。

CNN・SSRS世論調査によると、トランプはバイデンに対して登録済み有権者の間で、ミシガン州では10ポイント差、ジョージア州では5ポイント差でリードしている。予測される2024年のトランプとの再対決を前に、両激戦州の有権者の大多数は、バイデンの業績、政策、そして知的鋭敏さに対して否定的な見方を持っている。

前大統領は、2016年にヒラリー・クリントンに対して両州で勝利したが、2020年にはバイデンに対して、ミシガンとジョージアでそれぞれ2.8ポイント、0.3ポイント差で敗北した。

世論調査によるとトランプは、2020年に投票に行かなかったとする有権者からかなりの支持を得ており、そうした有権者の間でジョージアでは26ポイント、ミシガンでは40ポイントの差でバイデンをリードしている。2020年に投票に行ったとする人々は、2024年ではバイデンよりトランプの支持が高く、前大統領は前回の支持者からの支持は低下した。

世論調査によると、ミシガンでバイデンの業績を支持すると答えたのはわずか35パーセントで、ジョージアでは39パーセントだった。両州の大多数は、バイデンには自分たちが大統領に期待している政策を持っていないと答え、ミシガンの69パーセント、ジョージアの66パーセントの有権者が、大統領の明晰さと気力に否定的な見方を持っていた。

その世論調査の前には、多数の全国および激戦州の世論調査で、2024年の仮定上の再対決でトランプがバイデンをリードしていることが分かった。リアルクリアポリティックスの平均では現在、トランプはバイデンを2.2ポイントリードしている。

また世論調査によるとトランプは、45歳以下の有権者の間でバイデンより優勢であり、ジョージアでは50パーセント対40パーセント、ミシガンでは49対38で大統領をリードした。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26> 最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと …

CBS調査、米国人は好調な経済に対してトランプを評価、北朝鮮には複雑な見方

<引用元:CBS NEWS 2018.5.20> 米国人の3分の2以上は、国の経済が好調であると考え、そのほとんどがトランプ大統領の政策が少なくとも何らかの貢献をしていると考えている。経済については、 …

世論調査:米国人の70%、バイデンのアフガニスタン軍事作戦対応を不支持

<引用元:デイリー・コーラー 2021.8.16> 16日発表の世論調査によると、米国人の圧倒的多数はジョー・バイデン大統領のアフガニスタンでの軍事作戦対応に不満を示している。

ハーバード世論調査:トランプがデサンティスに18ポイント差で勝利、仮定上の2024年共和党予備選挙で

<引用元:ブライトバート・ニュース 2022.11.18> 最新のハーバードCAPS・ハリス世論調査で、共和党の2024年大統領予備選挙を仮定した場合にドナルド・トランプ前大統領がフロリダ州のロン・デ …

トランプが2024年の大統領復帰の試みを示唆:「もうそこまで来ている」

<引用元:FOXニュース 2022.8.6> CPACテキサスでトランプが保守派の中で圧倒的に有力な2024年大統領候補に ドナルド・トランプ大統領は大統領選への出馬の準備中であることを強く示し、発表 …

アーカイブ

@JpWelovetrump