記事翻訳

ターニングポイントUSAサミットの2024年共和党大統領指名模擬投票でトランプが圧勝

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.7.25

TPUSAサミット参加者の78.7%が2024年にトランプに投票すると回答

(独自―フロリダ州タンパ発)ドナルド・トランプ前大統領が、24日のターニングポイントUSA(TPUSA)・スチューデントアクションサミットの2024年共和党大統領予備選挙模擬投票で圧勝したことがわかった。

TPUSAは会議参加者―全米の若い活動家―の間で、2024年大統領選挙でトランプが再度出馬すると決めたら誰に投票するかという調査を行った。

78.7パーセントの参加者がトランプに投票すると答えた。

19パーセントはフロリダ州のロン・デサンティス知事に投票すると答え、1パーセントはサウスダコタ州のクリスティ・ノエム知事に投票すると答え、0.5パーセントはマイク・ポンペオ元国務長官に投票すると答え、テッド・クルーズ上院議員、ニッキー・ヘイリー元国連大使、そしてマイク・ペンス前副大統領に投票すると答えたのはいずれも0.3パーセントだった。

トランプは23日夜に会議で演説し2024年の出馬をほのめかした。演説はターニングポイントUSA・スチューデントアクションサミットの2日目の基調講演だった。トランプの演説の前にはデサンティスが22日に演説を行ったが、トランプと共に共和党の2024年の有力候補と目されている。

トランプは2024年の出馬の可能性をほのめかし、2016年の選挙に勝ち、2020年の選挙にも勝ったという誤った主張を行い、「我々は今度もう一度勝たなければならないかもしれない」と述べた。

トランプは演説の後半で次のようにも述べた。「私が家でじっとしていたら、私が出馬しないつもりだと発表したら、ドナルド・トランプへの迫害はすぐに止むだろう。だがそれは彼らが私に望むことだ。言っておくが、そうする可能性はない」

トランプは、バイデンが大統領になって「アメリカを偉大に保つ」という再選スローガンはもう時代遅れになったと述べて演説を締めくくった。だが「アメリカを再び偉大にする」のだとトランプは述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ世論調査員の事後分析、COVID対応と土壇場で決める有権者の獲得失敗を指摘

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.2.1> ドナルド・トランプの再選選挙運動の詳細な事後分析では、前大統領の信頼性、コロナウイルス・パンデミックの対処、そして「土壇場で決定する人」を攻略で …

FOXニュース調査会社の弾劾世論調査の結果は不正確:分析

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.12> 先週FOXニュースは、大部分の米国人がトランプ大統領の弾劾を支持しているとする調査結果を発表したが、共和党と無党派の有権者を過小に示していたこと …

独自:トランプ2024出馬はほぼ確実、2020選挙が焦点になるだろうと関係者

<引用元:デイリー・コーラー 2022.5.26> ドナルド・トランプ前大統領が2024年大統領選出馬の検討について公然と口にする中、トランプに近い人々は最終的にその決断に踏み切るだろうと考えている― …

共和党30年間の「マイノリティ支援活動」は失敗し、トランプは本物の結果をもたらした

<引用元:デイリー・コーラー 2019.9.16>カトリーナ・ピアソン氏による寄稿 「マイノリティ支援活動」――それは過去30年間共和党が選挙で敗北するたびに、過大な報酬を受け取る政治コンサルタントた …

弾劾がトランプ支持を「高めている」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.20>「ワシントン・シークレット」ポール・ベダード氏による論説 さて、あれはうまくいかなかった。 国民がドナルド・トランプ大統領の弾劾に対する自分たち …

アーカイブ

@JpWelovetrump