記事翻訳

ターニングポイントUSAサミットの2024年共和党大統領指名模擬投票でトランプが圧勝

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.7.25

TPUSAサミット参加者の78.7%が2024年にトランプに投票すると回答

(独自―フロリダ州タンパ発)ドナルド・トランプ前大統領が、24日のターニングポイントUSA(TPUSA)・スチューデントアクションサミットの2024年共和党大統領予備選挙模擬投票で圧勝したことがわかった。

TPUSAは会議参加者―全米の若い活動家―の間で、2024年大統領選挙でトランプが再度出馬すると決めたら誰に投票するかという調査を行った。

78.7パーセントの参加者がトランプに投票すると答えた。

19パーセントはフロリダ州のロン・デサンティス知事に投票すると答え、1パーセントはサウスダコタ州のクリスティ・ノエム知事に投票すると答え、0.5パーセントはマイク・ポンペオ元国務長官に投票すると答え、テッド・クルーズ上院議員、ニッキー・ヘイリー元国連大使、そしてマイク・ペンス前副大統領に投票すると答えたのはいずれも0.3パーセントだった。

トランプは23日夜に会議で演説し2024年の出馬をほのめかした。演説はターニングポイントUSA・スチューデントアクションサミットの2日目の基調講演だった。トランプの演説の前にはデサンティスが22日に演説を行ったが、トランプと共に共和党の2024年の有力候補と目されている。

トランプは2024年の出馬の可能性をほのめかし、2016年の選挙に勝ち、2020年の選挙にも勝ったという誤った主張を行い、「我々は今度もう一度勝たなければならないかもしれない」と述べた。

トランプは演説の後半で次のようにも述べた。「私が家でじっとしていたら、私が出馬しないつもりだと発表したら、ドナルド・トランプへの迫害はすぐに止むだろう。だがそれは彼らが私に望むことだ。言っておくが、そうする可能性はない」

トランプは、バイデンが大統領になって「アメリカを偉大に保つ」という再選スローガンはもう時代遅れになったと述べて演説を締めくくった。だが「アメリカを再び偉大にする」のだとトランプは述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプが中間選挙では有権者が「米国の未来を救う」と予測、2024年の大統領選出馬を示唆

<引用元:FOXニュース 2022.7.26> 「米国民はジョー・バイデン、ナンシー・ペロシ、チャック・シューマー、そして極左の失敗した統治を地滑り的に拒絶して重大な結果をもたらす用意ができている」と …

出口調査:過半数の有権者がモラー捜査は政治的な動機によるものだと回答

<引用元:デイリー・コーラー 2018.11.6> CNNが集計した出口調査データによれば、6日の投票に訪れた有権者の過半数が、モラーの捜査が政治的な動機によるものであると思うと答えたという。 モラー …

内部告発者:郵便局がトランプ陣営郵便物を「配達不能」に、38万8千票が前の日付・「消失」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.12.1>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説 複数の内部告発者が12月1日、2020年大統領選挙のプロセスに新たな疑念を投げかけた。28万8, …

北朝鮮の核開発を阻止するための軍事行動に53%が賛成:FOXニュース調査

<引用元:FOXニュース 2017.4.27> 大多数の有権者は、北朝鮮の核兵器開発を阻止するためには軍事力が必要であると考えており、アメリカがそのような行動を起こすことにどちらかと言えば賛成している …

バイデン政権1年で党支持が逆転、共和党が5ポイント優位になったことが最新調査で判明

<引用元:デイリー・コーラー 2022.1.17> 17日に発表された世論調査で、米国では2021年末にかけ、民主党より共和党の支持が1995年以来で最も高くなったことがわかった。

アーカイブ

@JpWelovetrump