記事翻訳

ターニングポイントUSAサミットの2024年共和党大統領指名模擬投票でトランプが圧勝

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.7.25

TPUSAサミット参加者の78.7%が2024年にトランプに投票すると回答

(独自―フロリダ州タンパ発)ドナルド・トランプ前大統領が、24日のターニングポイントUSA(TPUSA)・スチューデントアクションサミットの2024年共和党大統領予備選挙模擬投票で圧勝したことがわかった。

TPUSAは会議参加者―全米の若い活動家―の間で、2024年大統領選挙でトランプが再度出馬すると決めたら誰に投票するかという調査を行った。

78.7パーセントの参加者がトランプに投票すると答えた。

19パーセントはフロリダ州のロン・デサンティス知事に投票すると答え、1パーセントはサウスダコタ州のクリスティ・ノエム知事に投票すると答え、0.5パーセントはマイク・ポンペオ元国務長官に投票すると答え、テッド・クルーズ上院議員、ニッキー・ヘイリー元国連大使、そしてマイク・ペンス前副大統領に投票すると答えたのはいずれも0.3パーセントだった。

トランプは23日夜に会議で演説し2024年の出馬をほのめかした。演説はターニングポイントUSA・スチューデントアクションサミットの2日目の基調講演だった。トランプの演説の前にはデサンティスが22日に演説を行ったが、トランプと共に共和党の2024年の有力候補と目されている。

トランプは2024年の出馬の可能性をほのめかし、2016年の選挙に勝ち、2020年の選挙にも勝ったという誤った主張を行い、「我々は今度もう一度勝たなければならないかもしれない」と述べた。

トランプは演説の後半で次のようにも述べた。「私が家でじっとしていたら、私が出馬しないつもりだと発表したら、ドナルド・トランプへの迫害はすぐに止むだろう。だがそれは彼らが私に望むことだ。言っておくが、そうする可能性はない」

トランプは、バイデンが大統領になって「アメリカを偉大に保つ」という再選スローガンはもう時代遅れになったと述べて演説を締めくくった。だが「アメリカを再び偉大にする」のだとトランプは述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

世論調査:米国人の70%、バイデンのアフガニスタン軍事作戦対応を不支持

<引用元:デイリー・コーラー 2021.8.16> 16日発表の世論調査によると、米国人の圧倒的多数はジョー・バイデン大統領のアフガニスタンでの軍事作戦対応に不満を示している。

トランプの下での記録的経済楽観、レーガン、クリントン、オバマを超える

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.2.5>ワシントン・シークレット論説 最新の調査でトランプ大統領の下で経済楽観主義が44年で最高に達し、経済の沈滞は最低となっており、国民が個人として数十 …

最新世論調査:トランプは偉大?それともひどい大統領だったか?

<引用元:FOXニュース 2021.3.29> トランプ前大統領がホワイトハウスを去ってから2カ月となるが、前大統領に対する非常に二極化した意見は収まることがない。 ピュー研究所の全米調査で質問を受け …

2020大統領選挙世論調査:ジョー・バイデン53%、ドナルド・トランプ40%

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.6.11> クイニピアック大学が11日に発表した新たな世論調査結果によると、ジョー・バイデン元副大統領は、ドナルド・トランプ大統領に全国で13ポイントリー …

FOXニュース調査会社の弾劾世論調査の結果は不正確:分析

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.12> 先週FOXニュースは、大部分の米国人がトランプ大統領の弾劾を支持しているとする調査結果を発表したが、共和党と無党派の有権者を過小に示していたこと …

アーカイブ

@JpWelovetrump