記事翻訳

世論調査でバイデン不支持率が最高記録に

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.12.20

20日に発表されたNPR・PBSニュースアワー・マリスト世論調査によると、ジョー・バイデン大統領の不支持率は再び跳ね上がった。

世論調査によると、バイデンの大統領としての対応を支持するか支持しないかという質問に対して、調査対象の55パーセントが不支持と答え、わずか41パーセントが支持すると答えた。

調査は12月11日から13日までの間1,400人の成人に対して実施され、誤差の範囲は4ポイントだった。

支持政党別に見ると、民主党の87パーセントはバイデンの対応を支持すると答えたが、11パーセントは不支持と答えた。2パーセントはわからないと回答。共和党でバイデンの仕事ぶりを支持したのはわずか4パーセントで、95パーセントが不支持だった。

無党派層では66パーセントがバイデンの対応を支持しないと答え、支持するとしたのはわずか29パーセントだった。

白人とされる人の中では40パーセントが支持すると答えたが、56パーセントは不支持と答えた。一方非白人とされる人の44パーセントはバイデンの対応を支持すると答え、52パーセントは不支持と答えた。

マリストがこれまでに実施した世論調査と比較すると、今回の結果はバイデンの就任以来最高の不支持率を記録している。

バイデンの支持率は、アフガニスタン撤退やワクチン義務化に対する高まる反発といった一連の不手際を受けて着実に低下している。

12月10日から11日に実施されたABCニュース・イプソス世論調査では、課題別でみると、バイデンの犯罪対応を支持したのは36パーセント、経済対応を支持したのは41パーセントであり、コロナウイルス対応を支持したのはわずか53パーセントだった。

12月の初めに発表された世論調査では、2024年の選挙で無党派有権者がバイデンよりドナルド・トランプ前大統領を支持していることがわかっており、67パーセントはバイデンが二期目を目指して出馬すべきでないと答えた一方、59パーセントはトランプが再選に挑戦すべきではないと考えていた。

-記事翻訳
-,

関連記事

バイデン支持率が衝撃の過去最低に、ヒスパニックが最低:世論調査

<引用元:デイリーコーラー 2022.1.12> 最新の世論調査結果によると、ジョー・バイデン大統領の支持率は、重大な課題への対応について有権者の不満が増す中で低下を続けている。

トランプ経済は高い支持率を達成

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とNBCが10月に行った最新の調査では、トランプ大統領の経済に対する取り組みについて42パーセントが支持すると答え、不支持の37パーセントを上回った。

トランプ弾劾に対する反対が無党派で増加(世論調査)

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.11.21> 21日に発表された新たな世論調査によると、下院民主党によるトランプ大統領の弾劾に向けた動きに対する反対が増加しており、傾向は特に無党派の有権者の …

世論調査:トランプ投票者の91%は議事堂暴動にかかわらずトランプに忠実

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.1.13> 世論調査員のフランク・ルンツが先週末に調査したトランプ大統領支持者のうち、圧倒的多数は先週の議事堂での暴動にもかかわらず再び大統領に投票すると …

メディア偏向なければトランプは311の選挙人投票を勝ち取っていた:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.24>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説 2つの新たな投票調査によると、リベラルメディアがジョー・バイデン関連のスキャンダルを有権者から …

アーカイブ

@JpWelovetrump