記事翻訳

トランプが「ディープステートを完全に消し去る」と約束:「私が代わって報復」

投稿日:

<引用元:デイリー・シグナル 2023.3.4

(メリーランド州オクソンヒル)ドナルド・トランプ前大統領は、米国の首都からほど近い場所で開催された保守政治活動会議、CPACに集まった保守派に対する4日の演説で、ホワイトハウスでの業績と将来の計画について語った。

「我々は任務を完了しようとしています。この戦いは最終的に勝利することになるでしょう。我々はアメリカを再び偉大にしようとしています」と、トランプはCPACの閉会のスピーチで述べた。

トランプは2016年に大統領選で勝利してからの共和の変化について語り、状況はかつてのようには戻らないと聴衆に語った。

「共和党は、変人、ネオコン、オープン・ボーダー狂信者、そして愚か者に支配されていました。我々はポール・ライアン、カール・ローブ、そしてジェブ・ブッシュの党には決して逆戻りしません」と前大統領は述べた。

前大統領は、国はもはや「凝り固まった政治的支配者層」によって支配されないと述べた。

米国人は、自分が大統領となったら「一日も欠かすことなく」最優先にされるとトランプは述べた。それから、「ディープステート」を追及し、「完全に消し去る」と誓った。

「私は選挙で選ばれていない官僚と影の勢力をクビにします。私は国民主体に戻します」とトランプは述べた。

トランプは、官僚と内部関係者に対抗して米国民の見方をするというこのテーマを堅く強調した。

「私は、みなさんの戦士であり、正義です。また不当な扱いを受け、裏切られた人々のため、私が代わって報復します。私は完全にディープステートを消し去ります」とトランプは述べた。

演説の間、トランプは自身の外交政策を他の大統領の政策と対比した。外交政策の抑制に賛成したが、米国の国土と国境を防衛することにより重点を置いた。トランプは、自身が現代の歴史で「新たに戦争を起こさなかった」唯一の大統領だと述べた。

「私は古い戦争をいくつか終了させました」とトランプは述べた。

トランプはその後、ISISのカリフ支配地域を粉砕したと説明した。イラクのハイダル・アル・アバーディー首相は、2017年にISISに対する勝利を宣言している。

トランプは、自身の大統領時代に国境は安全だったが穴だらけになり、ジョー・バイデンが大統領に就任してから何百万人もの不法移民が入国していいると述べた。また、カルテルや人身売買者が国境を超えて密輸入するフェンタニルによる死者数が増加したことも嘆いた。

「遠く離れた外国の国境の防衛に何千億ドルも費やすのではなく、私の指導の下では、我々の国境を第一に防衛します」とトランプは述べた。

第45代大統領は、大きな政治的転換なしには、米国は現在直面する危機を生き残ることはできないと警告した。

「これは最後の戦いです。彼らはそれを知っており、私も知っており、みなさんも知っており、誰もが知っています。正しくこれなのです。彼らが勝つか、我々が勝つか、であり、彼らが勝てば国はありません」とトランプは述べた。

前大統領の演説の直前、CPAC主催者は年に一度の模擬投票の結果を発表した。トランプは投票の62パーセントで、2024年大統領選挙の模擬投票に勝利した。フロリダ州のロン・デサンティス知事は、20パーセントで2位となり、ミシガン州知事選挙に出馬したビジネスマンのペリー・ジョンソンが5パーセントの得票で3位となった。

ニッキー・ヘイリー元サウスカロライナ州知事は3パーセントの得票、起業家のヴィヴェック・ラマスワミは1パーセントだった。

副大統領の模擬投票では、2022年共和党アリゾナ州知事候補のカリ・レイクが20パーセントで1位となった。デサンティスは14パーセントで2位となった。

(以下略)

-記事翻訳
-, ,

関連記事

メラニア夫人が夫の手を握り「すばらしい旅」と大統領の初外遊を振り返る

<引用元:デイリー・メール 2017.5.27> (抄訳) メラニア・トランプはファーストレディとしての初めての外遊を満足げに締めくくる演説を行い、大統領と手をつないでエアフォース・ワンへ向かった。

第75回国連総会でのトランプ大統領の演説

<引用元:ホワイトハウス 2020.9.22> トランプ大統領:国連総会で演説できることを心から光栄に思います。 第二次世界大戦終了と国連創設から75年、我々は再び大きな世界的闘争に巻き込まれています …

トランプ大統領の国連演説は愛国心と主権を再び強調するもの=ニュート・ギングリッチ

<引用元:FOXニュース 2017.9.20> Watch the latest video at video.foxnews.com ニュート・ギングリッチがトランプの「注目に値する」国連演説を解説 …

「国のために若者が命を捧げることは神聖なこと」:ケリー首席補佐官が兵士の死を政治化した議員を批判

<引用元:ホワイトハウス 2017.10.19> トランプ大統領がニジェールで戦死した米兵の遺族に哀悼の電話をした際の会話をめぐり、民主党のウィルソン下院議員が「遺族を侮辱した」と主張し批判している問 …

米国はバイデン下で「ベネズエラの大規模版」になりつつある:アリゾナ集会でトランプ

<引用元:JustTheNews 2022.1.15> アリゾナ州での15日夜の「セーブアメリカ」集会でドナルド・トランプ前大統領は、「見渡す限り」に広がった騒々しい支持者の聴衆にバイデン大統領に対す …

アーカイブ

@JpWelovetrump