記事翻訳

トランプのデイトナ演説:誰が勝とうとも「神、家族、国」が最も重要

投稿日:2020年2月17日

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.2.16

ドナルド・トランプ大統領は16日、エアフォース・ワンを上空に飛行させながら劇的なやり方でデイトナ500レース場に到着してNASCARファンを感動させた。

エアフォース・ワンは、ファンが「USA」と連呼して見守る中、レーストラックのわずか800フィート上空を飛行した。

大統領夫妻が午後2時50分に到着するとレースファンは「あと4年」と大声で歓声を上げた。

大統領はデイトナ・インターナショナル・スピードウェイに集まった「何万人もの愛国者」にレース前の短いスピーチで感謝を伝えた。

「NASCARファンは誰が勝とうとも、最も重要なのは神、家族、国であることを決して忘れない」と大統領は語った。

大統領は金星章の家族をゲストとしてレースに向かえ、その愛する戦死者の献身に感謝した。

「ゴムが焼け、ファンが叫び、偉大な米国のレースが始まる」とトランプは語った。

大統領は「紳士諸君、エンジンを始動させよ!」というレース開始時の有名なセリフを大声で述べ、レースを開始した。

大統領はレース前にFOXスポーツのインタビューにも参加し、訪問前に4回NASCARに参加したことがあると述べた。

「車について過去10年で起きたことを考えると、それは本当にこうした人たちの勇敢さだし・・・大きな勇気が必要なことだ・・・それはスピードであり、実に技術だと思う」とトランプは、レースのファンである理由を質問されて答えた。

トラックで自分自身の車を運転したいかと質問されるとトランプは、「できることならすぐにやるだろう。可能ならこの車の1台に乗り込んでレースに出るだろう」と答えた。

大統領はグランド・マーシャルに任命され、レース開始時に有名な「エンジンを始動せよ」という指示をレーシングカーのドライバーに与えた。

また大統領はレース前にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイを大統領専用リムジンで1周した。

(略)

-記事翻訳
-,

関連記事

バイロン・ヨーク=大きく出たトランプ、遅れた一般教書演説を利用して国境問題を超える論証

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.6>バイロン・ヨーク氏による論説 ナンシー・ペロシ下院議長(民主党、カリフォルニア)が、当初予定されていた1月29日の、トランプ大統領の一般教書演説の …

第75回国連総会でのトランプ大統領の演説

<引用元:ホワイトハウス 2020.9.22> トランプ大統領:国連総会で演説できることを心から光栄に思います。 第二次世界大戦終了と国連創設から75年、我々は再び大きな世界的闘争に巻き込まれています …

トランプ大統領の国民に対する退任演説の言葉

<引用元:ホワイトハウス 2021.1.19> 大統領:アメリカ人同胞のみなさん。4年前、我々は国を再建し、その精神を新たにし、この政府の忠誠を市民に対して取り戻すための偉大な国家的取り組みに着手しま …

ドナルド・トランプ大統領 初めての卒業式演説:「アメリカでは政府ではなく神を崇拝する」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.13> ドナルド・トランプ大統領は土曜日にリバティー大学で、初めての卒業式の演説を行い、批判を無視し、リスクを負い、諦めず、『アメリカでは政府ではなく …

左翼がドナルド・トランプの独立記念日演説に反対する本当の理由

<引用元:USAトゥデイ 2019.7.5>ゲーリー・バーベル(Gary Varvel)氏による寄稿。 我々には今、トランプ大統領の7月4日の独立記念日の演説に民主党がとても腹を立てている理由が分かる …

アーカイブ

@JpWelovetrump