記事翻訳

団結失敗にバイデン支持基盤の崩壊が進行

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.9.26>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

就任演説ではそれを8回繰り返し、「民主主義で最も達成しがたいこと」とさえ呼んでいた。

だがこれまでのところ、ジョー・バイデン大統領の「団結、団結」の約束は失敗に終わっており、今、その政治基盤の中で最も忠実な構成要素の一部がバイデンの失敗に罰を与えようとしている。

世論調査会社のジョナサン・ゾグビーは、民主党の中核を形成する女性、ヒスパニック、そして若い有権者が、今年初めから減少していると我々に述べた。そして彼が発表したばかりの団結・誓約調査でも、同じ事が起きていることがわかった。

全体でバイデンが「国を団結させるためにより多くのことを行った」と考えているのは、わずか38.3パーセントだった。それ以外はバイデンが国を分断させた(48.5パーセント)、またはわからない(13.2パーセント)と答えた。

5月に出たそれらの数字は支持率と似通っているが、ゾグビーの団結調査でグラフに示されたのは支持基盤の崩壊だ。

例えば18歳から29歳の有権者の中では、バイデンが国を団結させたと考えているのは28パーセントであるのに対して、55パーセントはそうでないと考えていることがその調査でわかった。

女性では37パーセントが団結、47パーセントが分断だった。ヒスパニックでは39パーセントが団結、46パーセントが分断だった。

黒人は大統領に忠実だったが数字は低迷し、55パーセントが団結、28パーセントが分断だった。

「過去6カ月の調査で、バイデンが支持基盤の大部分、特に18歳から29歳の若い有権者、女性(郊外と都市部の両方)、そしてヒスパニックで勢いを失いつつあるという兆候があった。さらに悪いことには、大卒の有権者でもバイデンの支持率は低下している」とゾグビーのアナリストは述べた。(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

ゾグビー世論調査:バイデン選挙のために嘘、生活は悪化

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.25>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最新世論調査によると有権者は、2020年の選挙中にした約束は大げさだったのではなく共和党に …

トランプ大統領に対する中小企業経営者の支持率が64%の最高記録

<引用元:CNBC 2020.2.20> 中小企業経営者の64パーセントがドナルド・トランプ大統領の大統領としての仕事ぶりを支持しており、CNBCとサーベイモンキーが2017年に四半期ごとの調査を実施 …

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26> 最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと …

2024大統領選:トランプが対バイデンで10ポイント差、対ハリスで13ポイント差で上回る

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.9.23> ジョー・バイデン大統領が大統領執務室の鍵を得てからわずか274日で、過半数の人々はバイデンを退場させ、ドナルド・トランプ前大統領に復帰して欲し …

世論調査:約半数の有権者はフェイスブックのトランプ禁止に反対

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.8> ラスムセン・レポートが5月7日に発表した世論調査によると、米国人有権者の約半数はドナルド・トランプ前大統領のフェイスブックアカウント永久凍結に反対して …

アーカイブ

@JpWelovetrump