記事翻訳

ギャラップ:人種間関係の満足度がトランプ就任以後14%上昇

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.1.30

ギャラップは27日、人種間関係に対する満足度がトランプ大統領就任以後14パーセント上昇したと報告した。

米国で黒人とその他のマイノリティーの立場に満足していると答えた人の数は、2017年1月以後37パーセントから46パーセントに上昇したと、調査結果はしている。

全体的な結果は弾劾裁判と11月の再選に向けた取り組みの中で大統領にとって良いニュースとなった。「国の経済状態」における自信は3年で46パーセントから68パーセントに急上昇し、22パーセントの増加となっている。

ギャラップは、「犯罪、黒人とその他の人種的マイノリティーの立場、所得と富の分配、人が努力して成功するチャンスに対する満足度も6から9ポイント上昇している」としている。

人種間の関係に関する数字は、常に大統領に人種差別主義者というレッテルを張るばかりか、大統領が積極的または受動的に白人至上主義者の計略を推進しているとする進歩主義者のレトリックとは真逆であるようだ。民主党ニュージャージー州のコリー・ブッカー上院議員は大統領のことを「人種差別主義者よりも悪い」と呼び、CNN法律専門家のジェフリー・トゥービンはトランプが民主党カリフォルニア州のマキシン・ウォーターズ下院議員を「IQの低い人」と呼んだことに対して、人種差別主義者のレッテルを張った。

トランプがボルチモアのインフラを批判して町に「ネズミがはびこっている」と述べた際、ナンシー・ペロシ下院議長はそのコメントを「人種差別主義」と呼んだ。

トランプは一貫して、黒人とヒスパニック系米国人の失業率が過去最低に達し、マイノリティーは米国が経験している好景気の恩恵を受けていると指摘している。

世論調査会社は次のように手法を説明している。「結果は2020年1月2日から15日までの間に、全米50州およびコロンビア特別区に住む18歳以上の成人――1,014人――から無作為に抽出した人に対して実施した電話インタビューに基づいている。この全国の成人サンプルに基づく結果については、誤差の範囲が95パーセントの信頼水準でプラスマイナス4パーセントポイントとなっている」

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプとコミーどちらを信用?7割近くがトランプと回答:C-SPANアンケート

トランプ大統領に解任されたFBI前長官、ジェームズ・コミー氏が自身の本の発売を前にABCのインタビューに答えたのは15日。C-SPANはその後フェイスブック上でアンケートを行ったが、コミー氏とトランプ …

トランプ大統領に対する中小企業経営者の支持率が64%の最高記録

<引用元:CNBC 2020.2.20> 中小企業経営者の64パーセントがドナルド・トランプ大統領の大統領としての仕事ぶりを支持しており、CNBCとサーベイモンキーが2017年に四半期ごとの調査を実施 …

今回もトランプ支持者に影響はない=シャーロッツビル後

<引用元:ニューヨークタイムズ 2017.8.19> ボストン生まれで35歳のパーソン・ヒックスは、これまでずっと共和党支持者でありトランプ大統領の支持者だ。ヒックスは、昨年10月にトランプのみだらな …

米国人の満足度が2016年選挙前以来で最高に

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.17> 17日に発表されたギャラップの調査結果によると、米国人は現在、国内で起きている状況について、2016年の大統領選挙の直前以来で最も満足している。

世論調査:米国人はトランプ大統領の良識ある移民改革を圧倒的に支持

<引用元:ホワイトハウス 2018.2.14> CBS:10名のうち7名以上の有権者(72パーセント)が、大統領の移民改革と国境警備構想を支持した。いずれも大統領が一般教書演説で示した内容。(2018 …

アーカイブ

@JpWelovetrump