記事翻訳

フェイスブックとツイッター:ロシア関係者は選挙後トランプを弱体化させようとした

投稿日:2017年11月2日

<引用元:ポリティコ 2017/10/31>(抜粋)

フェイスブックとツイッターの弁護士は10月31日火曜日、大統領選挙後にSNS上に出されたロシアとつながりのある投稿と広告がドナルド・トランプ大統領の勝利について疑念を植え付けようとするものであったと述べた。

フェイスブックの法務顧問のコリン・ストレッチ氏は上院司法委員会に対し、インターネット・リサーチ・エージェンシーという炎上工作を専門とするロシアの組織が11月8日以降、「(トランプの)選挙の正当性に対して不協和音を造成すること」に主軸を置いていたと述べた。

「彼らは選挙中、米国人の間に不協和音を生み出そうとしており、その多くがクリントン氏に反対するものでした。選挙後、ロシアに関係する団体はトランプ大統領の正当性を弱体化させようとしていました。それがフェイスブックで起きたことですか?」と共和党のリンゼー・グラム上院議員は公聴会で質問した。

ストレッチ氏とツイッター社の法務顧問ショーン・エジェット氏はその内容で「間違いない」と答えた。

国際的なサイバーポリシー専門家である戦略国際問題研究所のジェームズ・ルイス氏は選挙後のソーシャル・メディアでのロシアによる反トランプ活動が判明したことはクレムリンの典型的な情報戦の取り組みに合致していると述べた。

「彼ら(ロシア)の目標は混乱と意見の相違を作り出すことだ。その標的は米国とNATOであり特定の候補者ではない。混乱状態を望んでいるだけだ」とルイス氏は語った。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

トランプ・ジュニアとの会談の8日後、ロシアの弁護士ベセルニツカヤがオバマの駐露大使と一緒に写っている写真をご覧ください

<引用元:Gateway Pundit 2017.7.11> ロシア人弁護士ナタリア・ベセルニツカヤの情報が更に流出 ベセルニツカヤは月曜日に、NBCニュースでニューヨーク・タイムズで報道されたクレム …

ケンブリッジ・アナリティカ問題のダブルスタンダード

不思議なことに反トランプ派の不正が暴かれると、それに対抗するかのように報道が持ち上がる。ケンブリッジ・アナリティカの問題も例外でないように思えてならない。

民主党、メディア、情報機関関係者は揃ってトランプ陣営とロシアの癒着について「証拠なし」と結論

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.19> 飛び交う記事の見出しと非公開の議員の打ち合わせを見て、トランプ政権のホワイトハウスに問題が起きていると結論するのは難しい事ではない。 しかし、 …

デイトン銃乱射犯人の凍結済みツイッターに親アンティファ・銃規制支持コメント

<引用元:デイリー・コーラー 2019.8.5> 4日のオハイオ州デイトンでの銃撃の犯人の、現在は凍結中となっているツイッターアカウントは、極左のレトリックと銃に関してのコメントだらけだったようだ。 …

南部貧困法律センターが差別疑惑で揺れる中、IT大手は沈黙

<引用元:デイリー・シグナル 2019.4.2> 南部貧困法律センター(SPLC)と連携してきたIT・ソーシャルメディアの大手は、議論の的となっている同団体から距離を取るか、最近起こった幹部刷新の観点 …

アーカイブ

@JpWelovetrump