記事翻訳

フェイスブックとツイッター:ロシア関係者は選挙後トランプを弱体化させようとした

投稿日:2017年11月2日

<引用元:ポリティコ 2017/10/31>(抜粋)

フェイスブックとツイッターの弁護士は10月31日火曜日、大統領選挙後にSNS上に出されたロシアとつながりのある投稿と広告がドナルド・トランプ大統領の勝利について疑念を植え付けようとするものであったと述べた。

フェイスブックの法務顧問のコリン・ストレッチ氏は上院司法委員会に対し、インターネット・リサーチ・エージェンシーという炎上工作を専門とするロシアの組織が11月8日以降、「(トランプの)選挙の正当性に対して不協和音を造成すること」に主軸を置いていたと述べた。

「彼らは選挙中、米国人の間に不協和音を生み出そうとしており、その多くがクリントン氏に反対するものでした。選挙後、ロシアに関係する団体はトランプ大統領の正当性を弱体化させようとしていました。それがフェイスブックで起きたことですか?」と共和党のリンゼー・グラム上院議員は公聴会で質問した。

ストレッチ氏とツイッター社の法務顧問ショーン・エジェット氏はその内容で「間違いない」と答えた。

国際的なサイバーポリシー専門家である戦略国際問題研究所のジェームズ・ルイス氏は選挙後のソーシャル・メディアでのロシアによる反トランプ活動が判明したことはクレムリンの典型的な情報戦の取り組みに合致していると述べた。

「彼ら(ロシア)の目標は混乱と意見の相違を作り出すことだ。その標的は米国とNATOであり特定の候補者ではない。混乱状態を望んでいるだけだ」とルイス氏は語った。

-記事翻訳
-, , ,

関連記事

トランプのジェームズ・コミー解任に対する簡単な説明

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.9> コミーFBI長官の解任は、民主党と共和党の両方によって長い時間をかけて要請されたものだ。

中国、イラン、北朝鮮による2020年大統領選挙干渉の可能性を政権高官が警告

<引用元:デイリー・シグナル 2019.6.27> トランプ政権高官は、イラン、中国、北朝鮮からの干渉に備えているとしており、ロシアだけが2020年に向けた選挙の安全性に対する脅威ではない。 「ロシア …

リチャード・バー議員

上院情報委員長=誤ったロシア疑惑報道で「面目を失う」報道機関も出るだろう

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.5> 上院情報委員会の委員長は5日、ロシア疑惑捜査に関する報道をめぐり「面目を失う」ことになる報道機関が出るだろうと述べた。

レポート:オバマ政権の司法省は2016年6月にトランプ陣営顧問に対する極秘監視命令を取得していた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.11> FBIと司法省が昨年夏に、当時の大統領候補であったドナルド・トランプの顧問の通信内容を監視するための極秘の捜査令状を取得していた事を、火曜日に …

右派の怒りの矛先はモラー氏へ

<引用元:ザ・ヒル 2017.11.25>(抜粋) ロバート・モラー氏に対する怒りが、右派と保守系メディアの間で白熱している。2016年の大統領選挙に対するロシアによる干渉の捜査から、モラー特別顧問は …

アーカイブ

@JpWelovetrump