ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

投稿日:

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8

今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様の結果だ。

しかし、放送業界は戦いに負けているかもしれない。

8日に新たに発表された報道分析のレポートは、「マスコミの負け:報道の90%が否定的であるにもかかわらず、大統領の支持率向上」と見出しを付けている。

メディア・リサーチ・センターの上級アナリスト、リッチ・ノイズ氏は次のように書いている。「リベラル派のマスコミがトランプ大統領に挑んだ戦いは、2018年の最初の4カ月間、今まで同様に激しいものだったが、その猛攻は無に帰したようだ。というのも、ABC、CBS、そしてNBCによる、大々的で敵意に満ちた報道に直面しながら、トランプ氏の総合的な支持率は実に上昇したのだ。12月半ばには37パーセントだったものが、4月末には約43パーセントとなっている」

同団体は、1月1日から4月30日までの大統領についての夜のテレビニュース報道を全て調査し、トランプ氏について評価するコメントの90パーセントが否定的であることが分かった。この数字は、2017年の12カ月全体で同団体がまとめたものと全く同じだ。

今回同団体は、今年初めの4カ月間での、トランプ氏とトランプ政権幹部についての夜のニュース報道、合計1,065件を調べた。

ノイズ氏はこう書いている。「報道の合計は驚くべきことに1,774分となり、夜のニュースの放送時間の約3分の1だ」

調査期間中、他よりももっと否定的な反応を引き出した話題もあった。

分析担当者によると、例えば、ロシア疑惑捜査のような議論についての報道は、98パーセントが否定的なものであったことが分かった。政策問題については、テレビ局はトランプ氏と経済について態度を和らげたのに対して、銃規制についての報道の98パーセントが否定的だった。それらの報道の10のうち7つは否定的だった。

ノイズ氏はこう述べた。「それほど長い期間に渡って、それほど継続的なレベルの否定的報道を大統領が受けることは、前例のないことだ」「このような環境で、大統領に対して国民が好意的になっているという事実は、マスコミ監視組織の攻撃が、声の大きさが示すほどの脅威ではないことを示す最新の証拠だ」

-記事翻訳
-,

関連記事

側近が語るトランプの止めようのない勢いと、「誰よりも熱心に働く」モットー

主要マスコミが言うように、トランプ大統領の仕事ぶりは「パートタイム」のようなものなのだろうか。トランプ政権高官の話を元にした、トランプ氏の働きぶりについての記事をワシントン・エグザミナーが伝えている。

リチャード・バー議員

上院情報委員長=誤ったロシア疑惑報道で「面目を失う」報道機関も出るだろう

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.5> 上院情報委員会の委員長は5日、ロシア疑惑捜査に関する報道をめぐり「面目を失う」ことになる報道機関が出るだろうと述べた。

北朝鮮の核開発を阻止するための軍事行動に53%が賛成:FOXニュース調査

<引用元:FOXニュース 2017.4.27> 大多数の有権者は、北朝鮮の核兵器開発を阻止するためには軍事力が必要であると考えており、アメリカがそのような行動を起こすことにどちらかと言えば賛成している …

ケンブリッジ・アナリティカ問題のダブルスタンダード

不思議なことに反トランプ派の不正が暴かれると、それに対抗するかのように報道が持ち上がる。ケンブリッジ・アナリティカの問題も例外でないように思えてならない。

米国人の満足度が2016年選挙前以来で最高に

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.17> 17日に発表されたギャラップの調査結果によると、米国人は現在、国内で起きている状況について、2016年の大統領選挙の直前以来で最も満足している。

@JpWelovetrump
海外ニュース翻訳情報局