記事翻訳

トランプがピューリッツァー賞委員会に、ロシア疑惑報道への賞を撤回しなければ提訴すると警告

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2022.5.31

トランプは委員会に賞の取り消しをこれまで2度要請したと指摘

ドナルド・トランプ前大統領はピューリッツァー賞委員会に、2018年にロシア疑惑捜査の報道についてニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストに授与した賞を取り消すよう求めており、従わない場合は法的措置も辞さないと警告している。

ピューリッツァー賞管理者のマージョリー・ミラーに対する書簡で、トランプはこれまでに2度要請したと指摘し、数年にわたる捜査についての報道は虚偽の情報に基づいていたと述べた。

「それらの報道機関に対するピューリッツァー賞委員会の賞が、彼らの出した虚偽のねつ造された情報に基づいていたことに議論の余地はない。引き続き委員会のウェブサイトで賞の発表と承認がされているのは、事実の歪曲と個人的な名誉毀損であり、委員会が自らの意思で正しいことを行うことに納得できない場合、訴訟を起こすことになるだろう」と前大統領は述べた。

FOXニュースはピューリッツァー賞委員会にコメントを求めたが、即座に回答はなかった。

5月27日付の書簡は、「最近追加された証拠」を引き合いに出しており、委員会に「2016年クリントン陣営の元弁護士、マイケル・サスマンに対する継続中の刑事裁判の進展に細心の注意を払う」ように求めている。

サスマンは、FBIに虚偽の供述を行い、トランプについての情報を提供するための会議を行った際に自身がクリントン陣営の代理人であることを隠したことで訴えられている。サスマンは31日に大陪審によって無罪判決を受けた。

トランプは、陣営幹部がデータの正当性に「完全な確信」を持っていなかったにもかかわらず、クリントンがトランプオーガニゼーションとロシアの銀行の間の秘密の連絡ルートを主張する資料のメディアへの流布を許可したことが、サスマンの裁判で露呈したことを指摘した。

前大統領は、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストは、問題に対して「少しでもジャーナリストとしての調査を行っていれば」、クリントン陣営の「恥ずべき中傷」が偽りであることが即座にわかっていただろうと主張した。

またトランプは委員会に、ロバート・モラー特別検察官に引き継がれる前の、ロシア捜査の初期段階でのFBIの行動の問題を詳細に説明するマイケル・ホロウィッツ司法省監察官の報告書を見るよう求めた。

「私に対してうんざりするほどの虚偽の攻撃を執拗に広めた出版物と共に、あなたたちは全力で私の評判を損なおうとした」とトランプは述べ、「どうすれば自分の評判を取り戻すことができるだろうか?」と問いかけた。

-記事翻訳
-,

関連記事

ハンター、ジョー・バイデンの衝撃的ニュースを抑え込んだメディアの共謀

<引用元:デイリー・シグナル 2022.4.7>ラリー・エルダー氏による論説 2020年大統領選の約3週間前、ニューヨーク・ポストは大統領候補ジョー・バイデンの息子、ハンターについての選挙を変えてしま …

トランプ、納税記録を不正に入手したとしてニューヨーク・タイムズに1億ドルの訴訟

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.22> ドナルド・トランプ前大統領は9月21日、機密である税務書類が不正使用されたとして、ニューヨーク・タイムズ(NYT)と姪のメアリー・トランプに対して1 …

トランプのコロナワクチン予測は「奇跡」でもない限り無理、といったメディアは間違っていた

<引用元:JustTheNews.com 2020.11.23> 3つのワクチンが年末前に認可の可能性 遡って5月、COVID-19が全米で急増した後、トランプ大統領はコロナウイルス・ワクチンに関して …

ジョー・バイデンが大統領となった今、ニューヨーク・タイムズがついにハンターのパソコンを本物認定

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.3.17>編集部による社説 乱暴な表現を許して欲しいのだが、寝言は寝て言えと言いたい。 まずニューヨーク・タイムズは1年以上経ってから、ハンター・バイデンのビ …

トランプがエプスタインをマーアーラゴから追い出した理由をベストセラー作家が明らかに

<引用元:デイリーワイヤ 2019.7.9> ベストセラー作家のジェイムズ・パタースン――「Filthy Rich: The Billionaire’s Sex Scandal&#8211 …

アーカイブ

@JpWelovetrump