一般記事

トランプについての主要テレビ報道の9割が否定的(調査結果)

投稿日:

米メディア・リサーチ・センター(Media Research Center:MRC)の調査によると、9月から11月までのトランプ大統領に関する主要放送局3社(ABC、CBS、NBC)の報道の9割以上が、否定的なものだったことが明らかになった。

MRCはこれまでも同じ調査を継続しており、6月から8月までの3カ月間でも今回と同じ91パーセントが否定的な報道だった。つまり、メディアの報道姿勢は相変わらずであるということだ。もちろん、主要メディアに対するトランプ氏の態度も変わっていないと言えるだろう。

ピュー・リサーチ・センターも大統領就任後2カ月間の報道の偏りについて調査結果を発表しており、当サイトでも紹介したが、報道全体を対象にしたその数字でも64パーセントが否定的な報道だった。

12月に入って税制改革法案の議会通過という大きな成果を上げたトランプ政権だが、一方では主要マスコミの否定的な「誤報」も相次いでいる。

ABCは、マイケル・フリン前補佐官の虚偽証言による有罪認定報道をめぐり、トランプ陣営が選挙期間中にロシアとの接触を持ったとする深刻な間違いを報道し、一時は株価にも影響したうえ報道した司会者は停職処分を受けた。

ブルームバーグ・ニュースとウォールストリート・ジャーナルは、トランプ氏本人のドイツの銀行の取引記録が捜査対象として提出命令を受けたと報じたが、実際は本人や家族のものではなく、後日訂正された

CNNは、ウィキリークスが公開前の民主党のメール情報をトランプ陣営に渡していたというフェイクニュースを報道した。故意に誤報を流したのではないかと勘繰りたくなるようなミスだった。

ワシントンポストの記者は、ツイッターにトランプ集会の空席だらけの会場の写真を掲載して皮肉ったが、開始前の写真であることを指摘され謝罪し投稿内容を削除した。

-一般記事
-,

関連記事

トランプに米TV報道の9割が否定的な一方、メディアの接触し易さはレーガン以降2番目

米メディア・リサーチ・センター(Media Research Center:MRC)の15日の最新調査報告によると、トランプ大統領に対する米国大手放送局の報道は、継続して約9割が否定的な内容となってい …

「議会に対する偽証」についてのメディアのあからさまなダブルスタンダード

<引用元:Hannity.com 2018.11.29> トランプを潰そうとするメディアは、29日に大統領の元弁護士が議会への偽証について有罪を認めると、本格的なメルトダウン・モードに陥った。だが彼ら …

フェイク・ニュース!トランプよりオバマの参加者が多かったという背景を無視したニューヨーク・タイムズの写真をペイトリオッツが指摘

<引用元:ブライトバート・ニュース  2017.4.20> NFLのフットボールチームのツイッターアカウントによる衝撃的な事実確認の話を聞いたら、そろそろ新聞を消去してしまうことを考えるかもしれない。

ディープ・ステートがトランプ大統領を中傷するためにワシントン・ポストに機密情報をリーク

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.15> ある現職アメリカ政府高官と元高官は、トランプ大統領が先週ロシアの外相とアメリカ大使に「機密情報」を伝えたことを憂慮していると言われており、その …

民主党、メディア、情報機関関係者は揃ってトランプ陣営とロシアの癒着について「証拠なし」と結論

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.5.19> 飛び交う記事の見出しと非公開の議員の打ち合わせを見て、トランプ政権のホワイトハウスに問題が起きていると結論するのは難しい事ではない。 しかし、 …

@JpWelovetrump