記事翻訳

回想:ロシア石油への依存を国連に警告したトランプを笑い飛ばしたドイツ代表団

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.3.7

ドイツ代表団は2018年の国連演説で、ロシアの石油への依存について警告したドナルド・トランプ前大統領を笑い飛ばしていたようだ。

第73回国連総会での演説で、トランプはドイツがロシアの石油輸出に依存していることを批判した。

「単独の海外供給国に依存すれば、強要や脅迫を受けやすくなる恐れがあります。ですから我々は、ポーランドのように、ヨーロッパの国がエネルギー需要を満たすためにロシアに依存しないようバルチック・パイプ建設を主導していることを祝福します。ドイツは直ちに方針を変えなければ、完全にロシアのエネルギーに依存するようになるでしょう」とトランプは述べた。

「この西半球で、我々は拡大を進める外国勢力の侵害からの独立性を維持することに全力で取り組みます」とトランプが続けると、ドイツ代表団にカメラが向けられ笑っている様子が映った。

トランプは2018年のドイツとNATOリーダーとの会談中にも同様に、ドイツのエネルギー依存について警告するコメントを発していた。

「ドイツがロシアと莫大な石油・天然ガス取引を行うのはとても残念だ。ロシアを警戒すべきであるのに、ドイツはロシアに年間何十億ドルも支払おうというのだ。そういうわけで我々はあなたたちをロシアから守ることになっているのに、ロシアに何十億ドルも支払っているのだから、それはとても不適切だと思う」とトランプは述べた。

「ドイツはロシアと新パイプラインから60ー70パーセントのエネルギーを得ることになるので、ロシアに完全に支配される。そしてそれが適切かといえば、否だと私は思う」とトランプは、イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長に呼びかけた。

トランプは、ノルドストリーム2パイプラインの完成を阻止するための制裁を許可した。パイプラインができれば、ロシアはウクライナをバイパスして天然ガスをヨーロッパに送ることができ、ロシアのウラジミール・プーチン大統領にとって地政学的な大勝利となる。

ジョー・バイデン大統領は、就任に際して制裁を取り消したが、ロシアのウクライナ侵攻後最近になってからようやく制裁を元に戻した。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

ロシア侵攻:バイデンは2019年にトランプ政権なら「ウクライナで何が起こるか考えてみよ」と発言

<引用元:FOXニュース 2022.2.25> ロシアのウクライナ侵攻が続く中、バイデンの発言が再浮上 バイデン大統領が以前、トランプ前大統領の政権下であれば「ウクライナで起こる」恐れのあることについ …

米国のエネルギー優位性は快挙(オピニオン)

<引用元:ザ・ヒル 2018.10.20>マイク・パリッツ氏による論説 エネルギーに優位なアメリカを築くというトランプ大統領の約束は、フル回転を続けている。 権威ある国際エネルギー機関(IEA)は3月 …

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26> 最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと …

トランプ、テキサス州で米国のエネルギー自給を称賛

<引用元:FOXビジネス 2020.7.29> 大統領が4つの承認に署名、うち2つでテキサス原油のメキシコへの輸出承認へ トランプ大統領は29日テキサス州を訪問し、米国のエネルギー自給を褒めちぎり、南 …

独自:トランプ政権下ならウクライナ・ロシア戦争は起きなかった、とハンガリー外相

<引用元:デイリー・コーラー 2022.10.26> (ワシントンDC)ハンガリーのシーヤールトー・ペーテル外務大臣は、26日の本紙との独占インタビューで、現在のウクライナとロシアの間の戦争は一つには …

アーカイブ

@JpWelovetrump