記事翻訳

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

投稿日:

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26

最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと答えた。

ハーバード米国政治研究センター(CAPS)・ハリス世論調査が25日に発表した調査で、米国人の62パーセントは、もしトランプがまだ大統領だったらプーチンは最終決断を下さなかっただろうと考えていることがわかったとヒルが報じた

共和党では圧倒的85パーセントがその考えを支持したが、民主党でも38パーセントが支持した。その上有権者の59パーセントが、プーチンはバイデン大統領の中に弱さを感じたために侵略を決断したと答えたのに対し、そうした見方がプーチンの判断で役割を果たしていないと答えたのは41パーセントだった。

オンライン調査は2月23日から24日までに実施され、2,026人の登録有権者がアンケートに答えた。

数週間国境に部隊を集結させた後、ロシアの絶対的政治指導者は今週初めにウクライナに対する本格的な侵攻を開始した。爆撃とミサイルが首都キエフ、リヴィウなどの主要都市に降り注ぐ中、侵略軍がウクライナに流れ込んだ。数百人の犠牲者が報告されている。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

米国は「中国のせい」に同意、不支持率は史上最高の73%

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.7.31>ワシントン・シークレット論説(ポール・マナフォート氏) そうだ、中国がやった。 コロナウイルス拡大と世界に対するその警告を怠ったことをトランプ大 …

トランプが米国の人種差別主義を減少させたことを示す学術調査結果

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.5.20>By John Nolte トランプの大統領就任中に人種差別主義がある程度減少したことを示す研究結果をスペクテイターが報道 ペンシルベニア大学の …

世論調査:バイデンの支持率が再び低下

<引用元:デイリーコーラー 2022.4.11> ジョー・バイデン大統領の支持率が再び打撃を受けたことが、10日の最新のCBSニュース・YouGov世論調査で判明した。

トランプの農家での支持率、74%を維持

<引用元:エポック・タイムズ 2019.6.30(7.2更新)> 農業メディア企業のファーム・ジャーナル(Farm Journal)による最新の月次調査によると、大多数を超える米国の農場牧場経営者は、 …

米国は承認:3世論調査でトランプのウイルス対応が支持される

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.3.20>ワシントン・シークレット論説 最新の3つのホワイトハウス世論調査で、トランプ大統領の危機管理を米国人が支持していることがわかった。最初は弾劾だっ …

アーカイブ

@JpWelovetrump