記事翻訳

トランプの捜査を担当するニューヨーク検事が辞任

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2022.2.23

ドナルド・トランプ前大統領とその事業に対する捜査を担当するマンハッタン地区検察の2人の検事が、23日に突然辞任し事件の将来が不確かになっている。

ニューヨーク・タイムズによると、キャリー・R・ダン検事とマーク・F・ポメランツ検事は、マンハッタン地区検事のアルビン・ブラッグが「トランプ氏に対する事件に取り組むことについて疑問を示した」後、辞任した。

ポメランツは同紙との短いインタビューで辞任を認めたが、ダンはコメントしなかった。

ブラッグ検事が事件を退けた理由は不明だ。だがポメランツとダンが1カ月の間、大陪審に事件の証拠を提示していなかったことを消息筋は同紙に伝えた。

大陪審はブラッグの前任者であるサイラス・R・バンス・Jrによって昨年秋に招集された。

辞任は、トランプ・オーガニゼーションのビジネス手法を調査するニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズによる民事訴訟と同じタイミングで起きた。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプがピューリッツァー賞委員会に、ロシア疑惑報道への賞を撤回しなければ提訴すると警告

<引用元:FOXニュース 2022.5.31> トランプは委員会に賞の取り消しをこれまで2度要請したと指摘 ドナルド・トランプ前大統領はピューリッツァー賞委員会に、2018年にロシア疑惑捜査の報道につ …

消えないトランプのシャーロッツビル発言の嘘

<引用元:デイリー・シグナル 2022.5.30>ラリー・エルダー氏による論説 2017年バージニア州シャーロッツビルで、公共広場の南部連合記念像の撤去に対する支持と反対のために、デモ参加者は平和的に …

トランプに米TV報道の9割が否定的な一方、メディアの接触し易さはレーガン以降2番目

米メディア・リサーチ・センター(Media Research Center:MRC)の15日の最新調査報告によると、トランプ大統領に対する米国大手放送局の報道は、継続して約9割が否定的な内容となってい …

マスコミはトランプが嫌い?新しい調査で就任当初からのことだったと判明

<引用元:Investor’s Business Daily 2017.10.3> マスコミの偏見:主要マスコミはトランプが好きではなく、それは大統領として実行したこととはあまり関係がない …

タッカー・カールソン:主流メディアの偽情報はQアノンより強力で有害

<引用元:FOXニュース 2021.2.23>タッカー・カールソン氏によるオピニオン タッカー・カールソン・トゥナイトでは、誰かがどこかで事実を示したり意見をまとめたりする可能性に対して、メディアの門 …

アーカイブ

@JpWelovetrump