記事翻訳

トランプの捜査を担当するニューヨーク検事が辞任

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2022.2.23

ドナルド・トランプ前大統領とその事業に対する捜査を担当するマンハッタン地区検察の2人の検事が、23日に突然辞任し事件の将来が不確かになっている。

ニューヨーク・タイムズによると、キャリー・R・ダン検事とマーク・F・ポメランツ検事は、マンハッタン地区検事のアルビン・ブラッグが「トランプ氏に対する事件に取り組むことについて疑問を示した」後、辞任した。

ポメランツは同紙との短いインタビューで辞任を認めたが、ダンはコメントしなかった。

ブラッグ検事が事件を退けた理由は不明だ。だがポメランツとダンが1カ月の間、大陪審に事件の証拠を提示していなかったことを消息筋は同紙に伝えた。

大陪審はブラッグの前任者であるサイラス・R・バンス・Jrによって昨年秋に招集された。

辞任は、トランプ・オーガニゼーションのビジネス手法を調査するニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズによる民事訴訟と同じタイミングで起きた。

-記事翻訳
-

関連記事

グリーンウォルド:ニューヨーク・ポストのハンター・バイデン報道をメディアは国民から「隠蔽した」

ピューリッツァー賞ジャーナリストのグレン・グリーンウォルドは10日、本紙が暴露したジョー・バイデン元副大統領の息子による不正疑惑は、他の大部分のメディアとビッグテック(巨大IT企業)によって「選挙を前に隠蔽された」と述べた。

トランプの英国訪問は素晴らしい成功だった

<引用元:デイリー・シグナル 2019.6.6>ヘリテージ財団、テッド・ブロマンド氏による寄稿 ドナルド・トランプ大統領の英国公式訪問は、5日に完了したが、大成功だったと言っても過言ではない。奇妙なこ …

最悪のハネムーン:リベラル・メディア対トランプ大統領

<引用元:MRC NewsBusters 2017.4.19> トランプ大統領が就任から最初の100日目を終えようとしているが、テレビ放送された報道のうち89パーセントが否定的な報道の仕打ちを与えるも …

リチャード・バー議員

上院情報委員長=誤ったロシア疑惑報道で「面目を失う」報道機関も出るだろう

<引用元:デイリー・コーラー 2017.10.5> 上院情報委員会の委員長は5日、ロシア疑惑捜査に関する報道をめぐり「面目を失う」ことになる報道機関が出るだろうと述べた。

フェイク・ニュース!トランプよりオバマの参加者が多かったという背景を無視したニューヨーク・タイムズの写真をペイトリオッツが指摘

<引用元:ブライトバート・ニュース  2017.4.20> NFLのフットボールチームのツイッターアカウントによる衝撃的な事実確認の話を聞いたら、そろそろ新聞を消去してしまうことを考えるかもしれない。

アーカイブ

@JpWelovetrump