記事翻訳

ゾグビー世論調査:バイデン選挙のために嘘、生活は悪化

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.25>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

最新世論調査によると有権者は、2020年の選挙中にした約束は大げさだったのではなく共和党に邪魔されたのだというジョー・バイデン大統領の主張を受け入れておらず、バイデンは選挙のために嘘をついたに過ぎないと考えている。

本コラムが入手した最新のゾグビー世論調査で、バイデンはドナルド・トランプ大統領に対抗する選挙運動で「嘘をつく」ほどまでに誇大宣伝をしたと答えた有権者が、そうでないと答えた有権者より多かった。

バイデンが選挙公約を「実行に移した」か、それとも「選挙のために嘘をついていただけだった」かという質問に対し、45.7パーセントは「嘘」を選び、38.2パーセントは「約束を実行した」を選んだ。残りの有権者はよくわからないと答えた。

世論調査の分析では、バイデンがCOVID-19危機を終息させることに失敗したことを挙げていたが、インフレなどの問題が重要な支持グループを共和党の勢力に追いやったとも指摘していた。

「民主党の中で船を見捨てて大統領が2024年の再出馬をしないよう求める者が増えている。目下のところ民主党にとって状況は非常に悪い。ビル、ヒラリー・クリントン夫妻が公の場に出てき始めている。民主党がヒラリーを2024年の代わりの候補に持ち上げようとしているなんて!そうなればドナルド・トランプが無党派層にとって魅力的にみえるだろう!」と調査分析には書かれていた。

ゾグビー・アナリティクスは、バイデン下での生活にも目を向けたが同じような分析結果となり、バイデンのせいで生活が悪化したという回答が多数となった。

「ジョー・バイデン大統領は、最近の記憶では最も厳しい大統領としての1年目の1つを耐えた。バイデン大統領は2022年に心機一転を目指している。解決できないほど多くの問題を抱え、インフレ、COVID-19に取り組み、政策を実行させるための効果的な戦略もなく、バイデンは2022年中間選挙で屈辱的な敗北を喫する恐れがある」とゾグビーは述べた。

「こうした状況と合わせ、我々は有権者と思われる調査対象にこう質問した。『バイデン大統領はあなたの生活を改善させたか、それとも悪化させたか?』」とゾグビーは続けた。「バイデンにとって悪いことに、多数(44パーセント)は生活が悪化したと答え、改善したと答えたのはわずか30パーセントで、27パーセントは同じだと答えた。これは2022年中間選挙に向かおうとする民主党にとって良くない。ドナルド・トランプが大統領だった4年前の共和党のように、民主党は下院や上院を守るチャンスを得るために、大統領から距離を置く必要があるかもしれない」

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの支持率が就任直後100日以来で最高に:CNN調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.3.26> 26日に発表されたCNNとSSRSによる世論調査のレポートによると、トランプ大統領の支持率が就任から最初の100日間以来で最高を記録した。 ト …

黒人のトランプ支持率が36パーセントへ上昇

ラスムセン・レポートによると、2018年8月15日時点のドナルド・トランプ大統領に対する黒人の支持率が1年前の19パーセントから36パーセントに上昇した。同日の全体での支持率は49パーセントと記録され …

弾劾がトランプ支持を「高めている」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.1.20>「ワシントン・シークレット」ポール・ベダード氏による論説 さて、あれはうまくいかなかった。 国民がドナルド・トランプ大統領の弾劾に対する自分たち …

ターニングポイントUSAサミットの2024年共和党大統領指名模擬投票でトランプが圧勝

<引用元:FOXニュース 2022.7.25> TPUSAサミット参加者の78.7%が2024年にトランプに投票すると回答 (独自―フロリダ州タンパ発)ドナルド・トランプ前大統領が、24日のターニング …

世論調査:トランプはマスコミより信頼されている

<引用元:U.S.ニュース 2017.2.9> <抜粋> 新しい世論調査によれば、トランプ政権はマスコミよりも信頼されている。

アーカイブ

@JpWelovetrump