記事翻訳

米国人の満足度が2016年選挙前以来で最高に

投稿日:

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.17

17日に発表されたギャラップの調査結果によると、米国人は現在、国内で起きている状況について、2016年の大統領選挙の直前以来で最も満足している。米国人の37パーセントが満足していると答えたのは、北朝鮮が核実験場を取り壊しトランプ大統領とのと会談を行うと発表した後の5月のことだ。数字は先月の29パーセントから向上している。

同じ37パーセントという満足度が出ていたのは、2016年11月の選挙直前のことであり、トランプ大統領が2月に一般教書演説を行った直後では、36パーセントが満足という数字だった。

ギャラップの調査では2005年9月に39パーセントを記録して以来、それ以上の満足度は記録されていない。

最新の調査では、共和党での満足度は57パーセントから63パーセントに上がり、無党派でも26パーセントから35パーセントに向上している。

民主党の満足度は、基本的に前回の調査から変わっておらず、ギャラップによると、現状に満足していると答えたのはわずか14パーセントだった。

現在の37パーセントという満足度は、これまでの平均と一致するものであり、ギャラップは1979年からこの質問による調査を行っている。

最新のギャラップの調査は、5月1日から10日までに、1,024名の成人に対して実施された。誤差は4ポイントである。

-記事翻訳
-

関連記事

バイデンが民主党で支持失う、2024勝利にバイデンが最善と回答したのはわずか36%

<引用元:FOXニュース 2021.11.1> 最新世論調査によると、民主党の大多数は、バイデン大統領以外の人物なら2024年大統領選で民主党が勝利する最善のチャンスが与えられると考えている。

オバマ景気よりトランプ景気と見なす有権者が多数(世論調査)

<引用元:ラスムセン・レポート 2018.8.7> 失業率が18年で最低水準を維持し、ダウ平均株価が最高値を維持する中、党派による大きな分裂はあるものの、有権者は景気拡大がオバマ大統領よりもトランプ大 …

半数がバイデン弾劾に賛成、国境・アフガン失態めぐり

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.31>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 最新世論調査によると、有権者のちょうど半分は、米・メキシコ国境とアフガニスタン撤退での失敗 …

2018年に離れた郊外の女性が、壁支持でトランプを支える存在に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.22> 郊外の女性は、2018年の議会中間選挙で共和党から逃げ出した後、トランプ大統領に戻って来つつある。 その理由は、国境の壁を求める人が多いためだ …

黒人のトランプ支持率が36パーセントへ上昇

ラスムセン・レポートによると、2018年8月15日時点のドナルド・トランプ大統領に対する黒人の支持率が1年前の19パーセントから36パーセントに上昇した。同日の全体での支持率は49パーセントと記録され …

アーカイブ

@JpWelovetrump