記事翻訳

バイデンは「急進左派の操り人形」:有権者はトランプ・ジュニアに同意

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.2.19>ポール・ベダード氏による「ワシントン・シークレット」論説

メディアは選挙中にバイデン大統領について中道派のまとめ役、電車で通勤した几帳面な「アムトラック・ジョー」としてのイメージを描き出した。

だが組合、環境保護主義者、中絶支持者、反銃器団体の好む議題を推進するリベラル政策と大統領令を発表した後、有権者の大多数はバイデンが「左派の操り人形」だと認めている。

ラスムセンの最新世論調査では、ドナルド・トランプ・ジュニアが本紙の最近のインタビューで使用したその言葉に54パーセントが同意した。異議を唱えたのは約40パーセントだった。

トランプ・ジュニアは、バイデン批判本の1つである「Liberal Privilege: Joe Biden And The Democrats’ Defense Of The Indefensible 」を執筆しているが、大統領は今真のリベラル色を表すことで人々に衝撃を与えていると述べた。

「我々は今、選挙の日よりも支持基盤の人気が上がっています。それは今がいかに悪いかに気付いているからだと思います。彼らはIT企業の検閲に気付きました。我々が広く話していたことです。彼らはメディアに吹き込まれた嘘に気付いています・・・手玉に取られたことに気付いています。いんちきを吹き込まれていたことに気付いています。それはばかげたものでした。ジョー・バイデンは彼らが見せかけたような穏健派のいい人ではありません。彼は急進左派の操り人形であり、彼らの理想の人物なのです。なぜならバイデンは彼らが目の前に差し出すものに何でも署名してくれ、その違いがわからないからです」とトランプ・ジュニアは我々に語った。

ラスムセンは分析としてこう書いた。「ジョー・バイデン大統領の就任後1カ月もたたないうちに、ほとんどの有権者は民主党大統領が『急進左派の操り人形』」であり、選挙中に描かれていたイメージのような穏健派の『いい人』ではないと考えている」

世論調査会社はいつも通りの党派的な結果を得たが、民主党の中でも相当な同意があった。分析では「共和党の82パーセントがトランプ・ジュニアの言葉に同意しただけでなく、民主党の27パーセントとどちらの主要党にも属さない有権者の54パーセントも同意している」としている。

データでは有権者と思われる人の49パーセントは、左翼がバイデンに影響力を持ちすぎていると考えていることも分かった。

インタビューで、トランプ・ジュニアは自身の本でバイデン政権について予測していたことの非常に多くが実現しているので、「実のところ本の名前を『だから言ったじゃないか』に変えてもいいだろう」と述べた。

-記事翻訳
-

関連記事

最新調査:約3分の1はトランプが正当な大統領選の勝者と回答

<引用元:JustTheNews.com 2021.1.5> Just The NewsとScott Rasmussenの最新共同調査によると、米国の有権者の約3分の1はトランプが2020年大統領選挙 …

ギャラップ:人種間関係の満足度がトランプ就任以後14%上昇

<引用元:デイリー・コーラー 2020.1.30> ギャラップは27日、人種間関係に対する満足度がトランプ大統領就任以後14パーセント上昇したと報告した。 米国で黒人とその他のマイノリティーの立場に満 …

CBS調査、米国人は好調な経済に対してトランプを評価、北朝鮮には複雑な見方

<引用元:CBS NEWS 2018.5.20> 米国人の3分の2以上は、国の経済が好調であると考え、そのほとんどがトランプ大統領の政策が少なくとも何らかの貢献をしていると考えている。経済については、 …

トランプの2020再選は良い状況、中間選挙も共和党が生き残る、と世論調査専門家

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.4.30> ホワイトハウスに近い2人の世論調査専門家によると、トランプ大統領は、2020年の再選に対して「良い状況」にあり、今度の2018年の中間選挙で共 …

トランプ・クリントン捜査でFBIに偏向あり=米国人過半数の意見(世論調査)

<引用元:ザ・ヒル 2018.8.1> 米国人の過半数は、トランプ大統領と、2016年に民主党の候補者としてトランプ氏と大統領の座を争ったヒラリー・クリントン氏の双方に対する話題を集めた捜査の対応で、 …

アーカイブ

@JpWelovetrump