記事翻訳

世論調査:ヒスパニックの50%がトランプ支持、共和党がリードを取り戻す

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー:ワシントン・シークレット 2019.3.29

トランプ大統領が、南部国境の壁を建設するという約束をどんなことをしても守ろうとする中、最新の調査によると、ヒスパニックは大統領に幅広い支持を示している。

マクラフリン&アソシエイツが、おもに有権者と思われる人々に対して行った最新の世論調査によると、ヒスパニックの約50パーセントが大統領の実績を評価しているという。

さらに、議会選挙票全体における共和党に対する優位を取り戻した。

世論調査専門家のジョン・マクラフリンとジム・マクラフリンは、ロシア共謀捜査の終結が大統領と共和党に有利に働いたことで、再び世論調査で盛り返し、2020年の再選を勝ち取る構えだと示唆した。

彼らの調査結果を以下に挙げる。

  • ヒスパニックの50パーセントがトランプの実績を認めており、47パーセントがトランプに「好意的な」意見を持っている。
  • トランプが再選へ向けて取り組むことを共和党の80パーセントが支持している。
  • 51パーセントは景気が向上しつつあると答えている。トランプの実績を評価していない有権者の約23パーセントが、景気は良くなっていると答えている。
  • 共和党は議会選挙に対する票全体で、43対47パーセントでリードしている。

調査員の両名は、トランプは再選キャンペーンのターゲットを無党派層と民主党の一部に広げるべきだと述べた。

彼らはNewsmaxの記事で、「大統領の次期選挙運動では支持母体を、手堅い共和党の過半数から、ロナルド・レーガンが1980年代に作り上げた党派以上の決定的な過半数に広げることを目指すべきだ。大統領は、無党派層の間と、不満を抱いている民主党を引き付ける立場で勝利できる」と書いた。

-記事翻訳
-,

関連記事

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26> 最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと …

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

内部世論調査により、5つの重要な激戦州でトランプの優位が判明

<引用元:デイリー・コーラー 2021.11.23> 内々の世論調査でドナルド・トランプ前大統領が、2024年に3度目の大統領選挙出馬を検討する中、ジョー・バイデン大統領が逆転した5つの州で優位になっ …

黒人有権者のトランプ支持率が約20%に:世論調査

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.4.10> トランプ大統領はFOXニュースの最新世論調査で、黒人有権者から19パーセントの支持率を獲得した。折しもトランプ再選に向けた選挙陣営は、この集団 …

アーカイブ

@JpWelovetrump