記事翻訳

トランプインタビュー:バイデンは失敗、米国は「過去に戻る」ことを願っている

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.19>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

ドナルド・トランプ前大統領は、人々は国境、経済、そして国が自身の残した状態に戻ることを切望していると主張し、ジョー・バイデン大統領の就任初年についての虚勢をはねのけた。

「彼らは過去に戻りたいと願っている」とトランプは電話インタビューで述べた。「少し過去に目を向けているのだ。そのように残念な状況だ」とトランプは続け、バイデン下で国が問題を抱えていると述べた。

売れ行きの好調なフォトブック、「Our Journey Together」についての少数の記者との電話インタビューで、トランプは翌日で1年を迎えるバイデンの下で国が直面する問題を非難した。

トランプは、国境での移民危機、ガソリン価格の高騰、インフレ、大失敗となったアフガニスタン撤退、そしてサプライチェーン問題を挙げて、民主党の失敗を説明した。

「そのような問題が出ることはなかっただろう」とトランプはサプライチェーン問題について述べた。「誰もサプライチェーンを話題にすらしなかった。そして今、深刻な問題となっている」と最近座右の銘を「アメリカ救済」に変えたトランプは述べた。

バイデン下でのサプライチェーン機能停止は、初版20万部を完売したトランプの書籍出版にも影響を与えた。トランプとWinning Team出版のSergio Gor社長は、前大統領の4年間を記録したコーヒーテーブル・写真集をあと20万部印刷するために必要な、紙、接着剤といった材料が得られないと述べた。

「大きな問題となっているのは紙が入手できない事だ。接着剤が手に入らず、革が手に入らず、カバーが入手できない。何も手に入らないのだ。印刷に携わっているのはこの素晴らしい会社だ。彼らは国で最大の印刷会社の1つだ。8つの工場を持っていると思う。40年の経験があるが、紙が手に入らないというようなケースはこれまでなかったと言っている―紙、接着剤など何も入手できないという問題はこれまでなかったというのだ。サプライチェーンに問題がある」とトランプは述べた。

トランプは電話の最初に、記者がバイデンの記者会見を見るのを自分が中断させたことを謝罪した。それからイーストルームでの会見中の現在の大統領の大げさな文体と、つまらない質問をしている記者を嘲った。

「みなさんがこの記者会見を見るのに邪魔になっていないといいのですが。実に友好的な会見です。質問は素敵です。彼らがあれほど気遣いをして私に質問してくれたらと思います―こうした質問をするのをまるで謝罪しているかのように」とトランプは述べた。

「全く見るに堪えない。というのも彼がリストを読んで、リストから誰かを選ぶからです。それから彼らが質問すると、彼はノートを見下ろして質問に答えるのです。私は決してそうしませんでした。多分全く。わかりませんが。それで済んだとは思いません。きっとそれでは済まされなかったはずです」とトランプは述べた。

-記事翻訳
-

関連記事

トランプが「Fox & Friends」インタビューで、政権は「意図的に国を破壊」と述べバイデンを非難

<引用元:FOXニュース 2021.12.2> ドナルド・トランプ前大統領は、2日に行われた広範なインタビューでジョー・バイデン大統領を激しく非難し、政権は「意図的に」国を破壊しており米国民から不信感 …

トランプ、国境の判断で「国を破壊している」とバイデンを非難

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.30> ドナルド・トランプ前大統領は、中国、中東、そして南部国境での危機に対する取り組みについてバイデン大統領を非難し、後任大統領は「国を破壊している」と述 …

トランプ前大統領が退任後初の公でのコメント

<引用者:JustTheNews 2021.1.23> 何らかの形で復帰することを示唆も、詳細は語らず ドナルド・トランプ前大統領は22日、退任後初の公での発言として、復帰を計画していると述べたが詳細 …

独自:タウンホール紙トランプ大統領インタビュー

<引用元:タウンホール 2020.7.15> トランプ大統領は今週ホワイトハウスローズガーデンで「タウンホール」のインタビューに答え、全国の犯罪と戦い、中国に武漢コロナウイルスパンデミックの責任を取ら …

ゴルカ氏=長期的な懸念の対象は中国

トランプ大統領の元副補佐官、セバスチャン・ゴルカ氏は、Daily Signalのインタビュー(12月4日掲載)に答え、トランプ氏がなぜ左翼やメディアに対抗できるのか、また最大の懸念である中国の問題など …

アーカイブ

@JpWelovetrump