記事翻訳

トランプ大統領の仮想タウンホールでのトップ10

投稿日:

<引用元:1600 Daily 2020.5.4>
FOXニュース仮想タウンホールでのトランプ大統領の発言から、ホワイトハウスメールマガジンがまとめたもの

リンカーン記念堂を背景に、トランプ大統領は昨晩FOXニュース仮想タウンホールの一部として、2時間かけてアメリカ国民から質問を受けた。

「これほど素晴らしいセットは今までになかった」と大統領は語った。

共に、アメリカ国民はこのコロナウイルスを打ち負かしている。数カ月間疾病の拡大を減速させてから、我が国はこの戦いの次のステップに入る準備ができている。昨晩、トランプ大統領は安全な再開がなぜ国民にとって正しいことであるのかを次のように説明した。

1.米国が検査で世界をリード:ウイルスが襲った時、トランプ大統領は即座に国の検査システムに革命的変化をもたらし、民間の関与を阻む規制の障害をなくした。

2.我々は安全に仕事に復帰する:トランプ大統領は、COVID-19拡大を減速させるための積極的措置に関する質問を受けて、「我々は正しいことをした」と答えた。「何百万もの人命を救ったが、今度は(経済を)再開しなければならないし、安全に、しかしできるだけ早く再開させなければならない」

3.史上最高の経済は戻ってくる!:コロナウイルス前、米国では賃金が上昇し半世紀で最低の失業率となっていた。「我々は世界最高の経済を作り上げた」とトランプ大統領は語った。この見えない敵が一旦過ぎ去れば、米国民は―この大統領の助けで―もう一度それを実現するだろう。

4.救援はすでに届いている:トランプ政権は一刻も無駄にせずに3兆ドルを経済に誘導し、直接の給付金、免除可能な中小企業ローンなどで米国の労働者と企業を守った。「我々が救った3千万の雇用のことを話している。3千万の雇用だ」とトランプ大統領は語った。

5.早期の強い行動が有効になった:1月、トランプ大統領は中国からの入国を制限し、ホワイトハウス・コロナウイルス対策タスクフォースを発表した。民主党幹部はその対応を「外国人嫌い」と呼んだ。事実が彼らの間違いを証明した。

6.中国のプロパガンダはうまく行かない:このウイルスは中国で始まったのであり、世界全体に急拡大するずっと前に阻止されるべきだった。中国共産党政権は、米国軍からヨーロッパの同盟国に至るまであらゆる人―自分たち以外の全員にパンデミックの責任を転嫁しようとした。

7.米国製の製品が必要だ:米国の雇用が中国に行く中で、過去の大統領は何もしなかった。コロナウイルスは外国のサプライチェーン依存の危険性を露呈させた。「我々はそのサプライチェーン全体を取り戻そうとしている。誰も私にそうするよう言う必要はない。私は長年それについて話してきた」とトランプ大統領は語る。

8.学校は再開すべき―間もなく:この秋、米国の学校と大学は計画通り再開すべきであり、大統領は「学校を元に戻さなければならない」と語った。

9.米国は「人工呼吸器の王様」:連邦政府と州の間の24時間体制の調整が、信じられないような結果を生み出した。

10.「教会に人を戻さなければならない」:信仰と祈りが、この厳しい期間に多くの米国人を助けた。「ノートパソコン越しに人を見るのは素晴らしいことだが、教会にいるのとは違う。そして我々は人々が教会に戻れるようにしなければならないし、間もなくそれを開始するつもりだ」とトランプ大統領は語った。

FOXニュース仮想タウンホールでのトランプ大統領の話の全文はこちら

-記事翻訳
-,

関連記事

独自―「実体経済救済」:トランプ政権が制度初日に何億ドルもの中小企業向け融資

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.4.3> 財務省と中小企業局によるドナルド・トランプ大統領の給与保護制度(Paycheck Protection Program:PPP)により、制度初日 …

トランプ、2024計画の発表は「おそらく」中間選挙後:「多くの人がとても満足する」

<引用元:FOXニュース 2021.11.8> ドナルド・トランプ前大統領はFOXニュースの独占インタビューで、「おそらく」2022年中間選挙後に、2024年の大統領選に出馬するかどうかを正式に発表す …

学校銃撃事件のために銃の携帯を検討する教師が増加

<引用元:FOXニュース 2018.3.2> ケイシー・ハンセンさんは銃が嫌いだった。 彼女はソルトレイクシティ地域の特別教育の教師だ。銃のない家庭で育ち、一度も狩猟に行ったことはなかった。彼女は学校 …

米下院で中国からのサプライチェーン回帰支持が高まる

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.4.18> 医療用品製造の中国から米国への回帰に対する支持が下院で高まりつつあり、議員は新型コロナウイルスを世界に与えた国からの撤退を目指している。 こ …

トランプ、ミリーは「怖気づいて話しに来られなかった」「弱虫」だとし、中国への「警告」電話を自分が許可したという主張を否定

<引用元:DailyMail 2021.9.30> トランプ前大統領は、マーク・ミリー統合参謀本部議長がトランプに隠れて中国に電話したことを29日の議会証言で認めたことを受け、「弱く」、「余りにも怖気 …

アーカイブ

@JpWelovetrump