記事翻訳

バイデン就任1年となる中、有権者の3分の2以上は米国が間違った方向に向かっていると考えている

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2022.1.19

ジョー・バイデン大統領が就任から1年を迎えようとする中、米国人有権者の3分の2以上は国が間違った方向に向いていると思うと答えたことが新たな世論調査で明らかになっている。

ポリティコ・モーニングコンサルトの世論調査で、68パーセントは国が間違った方向に向かっていると思うと答え、そうでないと答えた32パーセントの2倍を超えていたことが判明した。バイデンが19日に、約10カ月で初めて完全な記者会見を開く準備をする中で出た発表だ。

バイデンの支持率は41パーセントで、最近の他の世論調査よりわずかに高かったが、バイデンの業績を支持しないと答えた回答者56パーセントより低かった。

数々の最大の論点についての民主党に対する米国人の信頼も、数十年で最高のインフレ、コロナウイルス感染者の急増、そして継続する国境危機の中で低下した。有権者はコロナウイルス、教育、選挙問題、そして医療に関しては共和党より民主党にわずかな優位を与えたが、経済、移民、国家安全保障、そして銃政策に関しては共和党により信頼を寄せた。

2022年中間選挙でどちらの党を支持する可能性が高いかという質問では、42パーセント対41パーセントで共和党が優位に立った。民主党は両院を支配しているが、下院では222対212という僅差での多数であり、上院では50対50で拮抗しカマラ・ハリス副大統領が同点決選投票権を持つ。

世論調査は1月15日から16日に2,005人の登録済み有権者に対して実施され、誤差の範囲は2パーセント・ポイントとなっている。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプの2020再選は良い状況、中間選挙も共和党が生き残る、と世論調査専門家

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2018.4.30> ホワイトハウスに近い2人の世論調査専門家によると、トランプ大統領は、2020年の再選に対して「良い状況」にあり、今度の2018年の中間選挙で共 …

米国人の過半数、トランプが大統領だったらプーチンはウクライナを侵攻しなかったと回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2022.2.26> 最新の世論調査結果によると、米国人の過半数は、トランプがまだ大統領だったらロシアのウラジミール・プーチン大統領はウクライナに侵攻しなかっただろうと …

トランプが米国の人種差別主義を減少させたことを示す学術調査結果

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.5.20>By John Nolte トランプの大統領就任中に人種差別主義がある程度減少したことを示す研究結果をスペクテイターが報道 ペンシルベニア大学の …

バイデン支持率が最新全国世論調査で38%に低下

<引用元:FOXニュース 2021.10.6> 最新の全国世論調査によると、米国人の中でのバイデンの立場は下降を続けている。 6日に発表されたクイニピアック大学世論調査で、大統領の支持率はわずか38パ …

最新世論調査:トランプは偉大?それともひどい大統領だったか?

<引用元:FOXニュース 2021.3.29> トランプ前大統領がホワイトハウスを去ってから2カ月となるが、前大統領に対する非常に二極化した意見は収まることがない。 ピュー研究所の全米調査で質問を受け …

アーカイブ

@JpWelovetrump