記事翻訳

トランプ、ミリーは「怖気づいて話しに来られなかった」「弱虫」だとし、中国への「警告」電話を自分が許可したという主張を否定

投稿日:

<引用元:DailyMail 2021.9.30

トランプ前大統領は、マーク・ミリー統合参謀本部議長がトランプに隠れて中国に電話したことを29日の議会証言で認めたことを受け、「弱く」、「余りにも怖気づいて」自分に話し掛けられなかったと非難した。

ミリー将軍は、1月8日の議会暴動後と2020年10月に中国に電話して米国が攻撃しないことを保証し、トランプが退任直前に自分勝手な行動を取ろうとした場合に注意喚起を行うと中国に約束していたことを認めた。

トランプはラジオ番組の「The Jason Rantz Show」のインタビューで、中国は米国からの核攻撃について心配してはおらず、自身が課した関税について心配していたと述べた。

「自分と交渉の間に誰も入り込む必要はない」と前大統領はミリーの電話について述べた。

「中国は私が経済的に実施していたことについてとても懸念していたのであり、誰も割り込んで『ああ、状況について心配はいらないし、状況は全く良くなる』と言う必要はない。良くないことだ。不適切だ」とトランプは述べた。

トランプは、統合参謀本部議長の行動は反逆だった恐れがあるとも述べた。

「間違いなくそれ(反逆)に近いだろう。というのも私は知らなかったし、それについて知るべき立場だからだ」とトランプは述べた。

トランプはこう続けた。「彼は私に話しに来るのを恐れていた。彼は弱虫だったということが分かった。弱い男だった」

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ、2024年に出馬するかどうかについては決心していると回答

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.6.30> ドナルド・トランプ前大統領は30日、2024年に大統領の座を取り戻そうとするかどうかについては決心していると述べたが、また新たに大統領選挙陣営を立 …

ゴルカ氏=長期的な懸念の対象は中国

トランプ大統領の元副補佐官、セバスチャン・ゴルカ氏は、Daily Signalのインタビュー(12月4日掲載)に答え、トランプ氏がなぜ左翼やメディアに対抗できるのか、また最大の懸念である中国の問題など …

共和党は2022年の議会奪還を望むなら「MAGA」政策への集中必要:トランプがハニティに

<引用元:FOXニュース 2021.4.19> トランプは特にテキサス州南部でのヒスパニック有権者の支持拡大を指摘した FOXニュースとの1時間の独占インタビューで、ドナルド・トランプ前大統領は「ハニ …

弾劾、民主党、デブラシオ:トランプがインタビューで語る

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.10.2>マイケル・グッドウィン氏による寄稿(トランプ電話インタビュー) トランプの敵たちの相違点は、すぐにでも彼を刑務所に入れたいという意見と、先に裁判をし …

トランプ前大統領が退任後初の公でのコメント

<引用者:JustTheNews 2021.1.23> 何らかの形で復帰することを示唆も、詳細は語らず ドナルド・トランプ前大統領は22日、退任後初の公での発言として、復帰を計画していると述べたが詳細 …

アーカイブ

@JpWelovetrump