記事翻訳

トランプ、ミリーは「怖気づいて話しに来られなかった」「弱虫」だとし、中国への「警告」電話を自分が許可したという主張を否定

投稿日:

<引用元:DailyMail 2021.9.30

トランプ前大統領は、マーク・ミリー統合参謀本部議長がトランプに隠れて中国に電話したことを29日の議会証言で認めたことを受け、「弱く」、「余りにも怖気づいて」自分に話し掛けられなかったと非難した。

ミリー将軍は、1月8日の議会暴動後と2020年10月に中国に電話して米国が攻撃しないことを保証し、トランプが退任直前に自分勝手な行動を取ろうとした場合に注意喚起を行うと中国に約束していたことを認めた。

トランプはラジオ番組の「The Jason Rantz Show」のインタビューで、中国は米国からの核攻撃について心配してはおらず、自身が課した関税について心配していたと述べた。

「自分と交渉の間に誰も入り込む必要はない」と前大統領はミリーの電話について述べた。

「中国は私が経済的に実施していたことについてとても懸念していたのであり、誰も割り込んで『ああ、状況について心配はいらないし、状況は全く良くなる』と言う必要はない。良くないことだ。不適切だ」とトランプは述べた。

トランプは、統合参謀本部議長の行動は反逆だった恐れがあるとも述べた。

「間違いなくそれ(反逆)に近いだろう。というのも私は知らなかったし、それについて知るべき立場だからだ」とトランプは述べた。

トランプはこう続けた。「彼は私に話しに来るのを恐れていた。彼は弱虫だったということが分かった。弱い男だった」

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

イランによる差し迫った脅威で「4つの大使館」が標的だったとトランプがFOXのイングラム独占インタビューで明かす

<引用元:FOXニュース 2020.1.10> トランプ大統領は10日の独占インタビューでFOXニュースのローラ・イングラムに、米国がイランのカセム・ソレイマニ将軍を殺害する引き金となったイランによる …

トランプ:バイデンのアフガン撤退は「我が国の歴史上でたった1つの最も恥ずべき瞬間」

<引用元:FOXニュース 2021.11.21> ドナルド・トランプ前大統領は、21日の「Life, Liberty & Levin」で、バイデン大統領のアフガニスタン撤退の不手際を「我が国の …

足を撃たれていようと私の大統領のためなら立ち上がる=ラスベガス乱射事件の生存者

<引用元:FOXニュース 2017.10.5> トーマス・ガンダーソンは最初に物音を聞いたとき、スピーカーの故障か、もしかしたら誰かが花火を打ち上げたのだろうと思った。

トランプが「ディープステートを潰す」チャンスがあると語り、新事実の機密解除を示唆

<引用元:デイリー・コーラー 2020.5.25> ドナルド・トランプ大統領は24日、トランプ陣営に対する政府の監視に関する情報が最近公表されたことを称賛し、そのことでいわゆる「ディープステート」を「 …

トランプ:オバマ&クリントン大統領は北朝鮮に負かされてきた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.17> FOXニュース・チャンネルの「FOX&フレンズ」で火曜日に放送予定のインタビューのプレビュー映像で、ドナルド・トランプはビル・クリントン大統領 …

アーカイブ

@JpWelovetrump