記事翻訳

無党派は2024選挙でバイデンよりトランプ支持、67%がバイデンは再出馬すべきでないと回答:世論調査

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.12.16

15日に発表された世論調査で、無党派は2024年の大統領選挙でジョー・バイデン大統領よりドナルド・トランプ前大統領を支持していることが判明した。

ポリティコ・モーニングコンサルトが実施した世論調査によると、無党派の約67パーセントがバイデンは2期目を目指して出馬すべきではないと答えた。トランプは再選に挑戦すべきではないと答えたのは59パーセントだった。

無党派の31パーセントが2024年にトランプは再選に取り組むべきだと答え、23パーセントがバイデンは再出馬すべきだと答えた。

31パーセントは、バイデンが再出馬しなければ、79歳の大統領の代わりにカマラ・ハリス副大統領が出馬すべきだと答え、無党派の20パーセントはハリスを支持すると答えた。

回答者の11パーセントはバイデンの代わりにピート・ブティジェッジ運輸長官が出馬することを支持すると答え、無党派の14パーセントはブティジェッジを支持すると答えた。

世論調査は12月11日から12月13日まで1,998人の登録済み有権者に対して実施され、誤差の範囲はプラスマイナス2パーセントポイントだった。

ホワイトハウスのジェン・サキ報道官は13日に、2024年に「大統領は再選出馬を堅く決意している」と述べたとCNNは報じた

トランプは2020年に選挙で落選してからも強く政治的な関与を維持しており、候補者を推薦し、政治的なイベントやバイデン政権の活動についてメールによるプレス発表を通じて定期的に見解を表明しており、それを支持者がトランプに代わってソーシャルメディアで拡散している。

トランプは2024年の出馬の意思をほのめかしているが、出馬を正式に発表していない。

-記事翻訳
-,

関連記事

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24> 元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。 ハーシェル・ウォーカーはトランプとの …

米上院が2016年大統領選挙でのロレッタ・リンチの行動に対する捜査を発表

<引用元:ワシントン・タイムズ 2017.6.23> 上院司法委員会は、ロレッタ・リンチ前司法長官が2016年の民主党大統領候補のヒラリー・クリントンに対するFBIの捜査を方向付けようとした点について …

世論調査:メディアのトランプへの全面攻撃がジャーナリストの信頼を損ねる結果に

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.2.13> トランプ大統領の就任以来、エスタブリッシュメント・メディアへの国民の信頼が、考えられる限りあらゆる方法で破綻したことが世論調査で判明 トランプ …

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

世論調査:共和党有権者の3分の2以上がトランプの大統領選出馬を望む

<引用元:デイリー・コーラー 2021.10.14> 共和党有権者の3分の2は、ドナルド・トランプ前大統領の2024年大統領選出馬を支持していることが、13日の世論調査でわかった。 最新のモーニングコ …

アーカイブ

@JpWelovetrump