記事翻訳

国防総省初のソフトウェア責任者が辞任、米国はすでにサイバーで中国に敗北:「既成事実」と語る

投稿日:

<引用元:Daily Wire 2021.10.12

国防総省のソフトウェア責任者・ニコラス・シャランは、米国が今後20年以内にサイバー上で「中国と張り合える見込みはない」と考えている。

37歳のシャランは、米国のサイバー・技術開発の遅れをめぐり、そのために米国は中国に遅れを取る危険に陥っているとして、国防総省の最初の最高ソフトウェア責任者の立場を辞任した。

「15年から20年で中国と張り合って対抗できる見込みはない。現時点でもう既成事実となっている。私の意見ではもう終わりだ」とシャランは、辞任後初めてのマスコミとのインタビューとして、フィナンシャル・タイムズに述べた。

シャランは軍事予算の誤った配分、過剰規制、そして米国の技術・サイバー分野での不十分な立場のための技術研究において、米国技術企業が連邦政府を支援できなかったことを非難した。同紙は次のように報じた。

「戦争が必要となるか否かは、やや裏付けに乏しい」と彼は述べ、中国は世界の未来を支配することになっており、マスコミの話から地政学に至るまで全てを支配すると主張した。また米国のサイバー防衛は一部の政府部門では「幼稚園レベル」だと続けた。

また、グーグルがAIについて米国国防総省との協力を渋ったことと、AI倫理についての過度の論争のせいで米国の動きが鈍化したと非難した。それに対して、中国企業は中国政府に協力することを余儀なくされており、倫理などお構いなしでAIに「莫大な投資」をしていると彼は述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

中国が伝染病の起源を曖昧にしようとする中、「武漢ウイルス」という言葉は人種差別的とジャーナリストが非難

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.3.9> ジャーナリストは、COVID-19を「武漢ウイルス」と呼んだマイク・ポンペオ国務長官と他の共和党議員を、人種差別主義者と呼んでいる。そうした中 …

コロナ不正、スパイ、世界侵略、公害などに関し嘘をつく中国:ジェームズ・カラファノ

<引用元:FOXニュース 2020.12.18>ジェームズ・カラファノ氏による論説 中国共産党は最初からCOVID-19について嘘をついてきた。そして米国の1,720万人を含め、世界中で約7,500万 …

フィナンシャル・タイムズ論説でバイデン政権のトランプ中国関税撤廃の動きを批判

<引用元:FOXニュース 2022.5.2> 「中国関税の撤廃は物価高騰に何の猶予ももたらさない」と著者 フィナンシャル・タイムズは1日、トランプ政権が最初に導入した中国製品に対する関税をバイデン政権 …

ジョージ・ソロス、トランプは経済に関する懸念から中国との間違った合意に走ると主張

<引用元:デイリー・コーラー 2019.9.10> 富豪で投資家のジョージ・ソロスは、ドナルド・トランプ大統領が2020年大統領選挙を前に中国と合意を結ぶため、中国テクノロジー企業のファー …

10年来の米国に対する攻撃に使用されたマルウェアの背後に中国

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.8.4> 過去10年にわたって米国に対するサイバー攻撃で頻繁に使用されたマルウェアは、国土安全保障省(DHS)の新たな報告によると、中国政府とつながりがあ …

アーカイブ

@JpWelovetrump