記事翻訳

国防総省初のソフトウェア責任者が辞任、米国はすでにサイバーで中国に敗北:「既成事実」と語る

投稿日:

<引用元:Daily Wire 2021.10.12

国防総省のソフトウェア責任者・ニコラス・シャランは、米国が今後20年以内にサイバー上で「中国と張り合える見込みはない」と考えている。

37歳のシャランは、米国のサイバー・技術開発の遅れをめぐり、そのために米国は中国に遅れを取る危険に陥っているとして、国防総省の最初の最高ソフトウェア責任者の立場を辞任した。

「15年から20年で中国と張り合って対抗できる見込みはない。現時点でもう既成事実となっている。私の意見ではもう終わりだ」とシャランは、辞任後初めてのマスコミとのインタビューとして、フィナンシャル・タイムズに述べた。

シャランは軍事予算の誤った配分、過剰規制、そして米国の技術・サイバー分野での不十分な立場のための技術研究において、米国技術企業が連邦政府を支援できなかったことを非難した。同紙は次のように報じた。

「戦争が必要となるか否かは、やや裏付けに乏しい」と彼は述べ、中国は世界の未来を支配することになっており、マスコミの話から地政学に至るまで全てを支配すると主張した。また米国のサイバー防衛は一部の政府部門では「幼稚園レベル」だと続けた。

また、グーグルがAIについて米国国防総省との協力を渋ったことと、AI倫理についての過度の論争のせいで米国の動きが鈍化したと非難した。それに対して、中国企業は中国政府に協力することを余儀なくされており、倫理などお構いなしでAIに「莫大な投資」をしていると彼は述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ政権が米国の中国外交官に厳格な措置

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.10.17> 中国は北京の米国職員の重要人物との面談を阻止している 米政府高官によると、トランプ政権は中国政府外交官が米国で許可されている行為に新たな制 …

ウォールストリート・ジャーナル、ジョー・バイデン家族と中国とのつながりを疑問視

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.6.5> ジョー・バイデン元副大統領の家族の中国とのビジネス上の結びつきは、ミッチ・マコーネル上院内総務のそれと同様、2020年の選挙で有権者の注目点とな …

国連での中国の影響力に対抗しようと努めるトランプ政権

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2020.9.26> トランプ政権は、中国が国連での影響力を利用して反米国の方策を推し進めようとしてきたため、国際機関で主要機関に対する中国の支配を引き離そうとす …

ラトクリフ情報長官、中国は米国の2020年連邦選挙に「影響を及ぼそうとした」と結論

<引用元:JustTheNews 2021.1.17> ラトクリフ、情報機関の大多数とは異なる評価 ジョン・ラトクリフ国家情報長官は、17日に公開された文書によると、中国は米国の2020年国政選挙に「 …

バークス氏疑念を一掃:各国政府のコロナウイルス対応遅れは中国の隠蔽が「原因」

<引用元:デイリー・コーラー 2020.3.31> ホワイトハウス・コロナウィルス対策タスクフォースメンバーのデボラ・バークス博士は、世界中の政府のコロナウイルス対応の遅れは、ウイルスについての中国の …

アーカイブ

@JpWelovetrump