記事翻訳

バイデンのアジア政策第一人者は「中国共産党の影響の強い」団体を支援していた人物

投稿日:

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2021.1.27

ジョー・バイデンの次期アジア政策第一人者は、中国のプロパガンダフロント団体トップから資金援助を受け、中国の海外公使館と協力していた非営利団体の指導者だった。

元オバマ政権国務省高官でビジネスマンのカート・キャンベルは、2020年8月まで「U.S.-China Strong Foundation」の副理事長として記載されていた。表向きは北京との交換留学生を促進する非営利団体だが、国務省と司法省の記録によると、その指導者には中国政府の海外プロパガンダフロントの有名なメンバーが含まれていた。

キャンベルは、国家安全保障会議でジョー・バイデンのアジア政策の取りまとめ役のトップを務める予定だが、同団体での指導的役割はワシントンの対中タカ派に懸念を提起している。同団体は中国人民解放軍と中国の一帯一路を推進していた―米国当局からは国家安全保障上の脅威と見なされるものだ。また孔子学院米国センターとも協力していた。国務省が昨年夏、世界中の教育界に対する北京のプロパガンダの取り組みを推進していることを引き合いに、外交使節として指定した非営利教育団体だ。

2017年8月、「U.S.-China Strong Foundation」は、ツイッターアカウントで中国人民解放軍の創設に祝辞を述べていたようであり、「今日は中国のPLA創設90周年記念日です!」と書き、フォロワーに習近平の記念演説について読むよう強く勧めていた。また同団体は、米国当局が国家安全保障上のリスクとして非難している世界的なインフラ政策である、一帯一路に関して好意的なツイッターのメッセージを複数投稿していた。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

連邦議員がフェイスブックの反中ニュースサイト広告禁止を調査

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.11.15> 下院軍事委員会の連邦議員は、ワシントン・フリービーコンが独占入手したフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOに対する書簡で、中国の人権 …

中国は米国の民主主義をいかに脅かしているか

<引用元:フォーリン・アフェアーズ 2020.10.21>ロバート・オブライエン国家安全保障問題担当大統領補佐官による論説 数十年間米国では、中国が経済から始まってその後政治において、もっと自由になる …

武漢当局はコロナウイルスが急速に拡大する中、世界に情報を隠蔽:報告書

<引用元:デイリー・コーラー 2020.8.19> 19日に出た報告書によると、武漢の中国当局者はコロナウイルスが急速に拡大しているにもかかわらず、ウイルスに関する重要な情報を国の中央政府に知らせなか …

ウォールストリート・ジャーナル、ジョー・バイデン家族と中国とのつながりを疑問視

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.6.5> ジョー・バイデン元副大統領の家族の中国とのビジネス上の結びつきは、ミッチ・マコーネル上院内総務のそれと同様、2020年の選挙で有権者の注目点とな …

ジョージ・ソロス、トランプは経済に関する懸念から中国との間違った合意に走ると主張

<引用元:デイリー・コーラー 2019.9.10> 富豪で投資家のジョージ・ソロスは、ドナルド・トランプ大統領が2020年大統領選挙を前に中国と合意を結ぶため、中国テクノロジー企業のファー …

アーカイブ

@JpWelovetrump