記事翻訳

ウォールストリート・ジャーナル、ジョー・バイデン家族と中国とのつながりを疑問視

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.6.5

ジョー・バイデン元副大統領の家族の中国とのビジネス上の結びつきは、ミッチ・マコーネル上院内総務のそれと同様、2020年の選挙で有権者の注目点となる恐れがあると、ウォールストリート・ジャーナルのジェームズ・フリーマンは書いている

バイデンは最近、米国に対する中国の経済的課題の深刻さを軽視していた。

「我々の労働者は文字通り極東の――失礼――アジアの労働者より3倍生産性が高い。何が心配なのだろうか?」とバイデンは語った。

フリーマンは、ジョー・バイデンの家族と中国とのつながりについて、息子のハンター・バイデンによって全容を明らかにしている。

「ハンター・バイデンが海外で取引する時に、どのような価値を付加しているのかは不明確だ。だが彼の父親が副大統領の時、彼は中国では一流の投資家としての扱いを受けていたようだ。ハンター・バイデンが父親とエアフォースツーに乗って中国を訪れた直後、息子のバイデンの会社のローズモント・セネカは事業で大成功を収めた」とフリーマンは書いている。

またフリーマンは最近、ニューヨーク・タイムズの記事で、米国運輸省のイレーン・チャオ長官の米国の家族と中国政府のつながりに着目している。チャオはミッチ・マコーネルと結婚している。ニューヨーク・タイムズが報道したことの多くは、政府説明責任協会(Government Accountability Institute )会長でブライトバートの上級総合編集者であるピーター・シュバイツァーが、2018年の著書、Secret Empires最初に暴露したものだった。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

自由貿易主義者と米国人全員が中国政策でトランプを支持すべき理由

<引用元:ザ・ヒル 2019.5.12>スティーブン・ムーア氏による寄稿 私は自由貿易主義者であり関税――つまり消費者の税金――が嫌いだが、懲罰的関税を課すのに最適な時があるとすればそれは今であり、そ …

米国が中国を最悪の人身売買国家の一つとして宣言

<引用元:ワシントン・フリー・ビーコン 2017.6.27>(抄訳) アメリカ合衆国は、最も悪質な人身売買を犯していると見なす国のリストに中国を入れた。トランプ政権での最初の数カ月は北京との関係を和ら …

中国工業生産が2002年以来最低に落ち込む中、米国工業生産が増加

<引用元:ブライトバート・ニュース 2019.6.14> 中国の工業生産の成長が2002年以来最低ペースに落ちる中、米工業生産が4カ月の落ち込みの後5月に回復 FRBが14日に発表したデータによると、 …

バージニアの男性が中国に機密文書を提供したとして告訴される

<引用元:FOXニュース 2017.6.22> (バージニア州アレキサンドリア) 木曜日、機内持ち込み手荷物に16,500ドルの現金を持っていたバージニア州の男性が、中国のスパイと思われる人物に極秘文 …

トランプは中国に首脳会談前のディールを要求、個人外交から転換

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.4.6> 誇大宣伝は相変わらずだ。ドナルド・トランプ大統領によると、米中が最終的に貿易協定に合意すれば、それはあらゆるディールの中で「最も優れたもの」とな …

アーカイブ

@JpWelovetrump