記事翻訳

トランプワールドで2024年再出馬への支持高まる

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.8.11>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

トランプ前大統領の支持者は前大統領の再出馬を望んでいる―そしてトランプも是非とも挑戦を受け入れたいと思っている、という意見がトランプ周辺では高まっている。

トランプが出馬すると予測する2人の元トランプ側近、そして今年計画されている数々の集会に触発されて、共和党の支持者はソーシャルメディアで2024年の取り組みに向けて準備を開始し、前庭ではトランプ2024の旗を飾っている。

「活力は未だに健在だ。彼らはトランプにもう一度出馬して欲しいと願っている」と内部の重要人物は述べた。

確実ではなく2022年中間選挙の状況次第ではあるが、友人たちは前大統領が再度の出馬を是非検討したいと思っていると述べている。

元報道官のショーン・スパイサーは今朝、「彼はやる」と本紙に述べ、マーク・メドウズ元首席補佐官もドナルド・トランプ前大統領が2度目の出馬を検討していることをほのめかした。

またトランプは最近少し体重を減らし、快調で、目下の課題に従事しているという声もあった。トランプは特に、自身の遺産を破壊して、移民政策のように共和党が成功したと考えている政策を台無しにしようというジョー・バイデン大統領の取り組みに目を光らせている。

「彼は日ごとに力強くなっている。熱意は全く衰えておらず、驚くほどだ」とある関係者は述べた。

世論調査では継続して、2024年予備選挙になった場合にトランプが共和党で支配的な立場となることが示されている。

11日に出たモーニング・コンサルトの最新世論調査で、共和党の3分の1はトランプが2025年の大統領就任式以前に大統領の座に復帰すると考えていることがわかった。トランプが13日までに復帰するという噂が広まり、懸念を深めたバイデン政権は国土安全保障省に、噂に関連してソーシャルメディアで暴力的な呼びかけに警戒するよう地方・州当局に注意を送らせた。

トランプは今月末にアラバマ州モントゴメリーで「セーブ・アメリカ」集会を計画しており、今年後半にはジャーナリストのビル・オライリーと共に一連の集会を計画している。

売れ行きは好調であり、トランプのオンライン支援は以前強力だ。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ、激戦州で訴訟、再集計のために戦うチームを招集

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.11.4> トランプ大統領の側近は、再集計のための刺客を招集している。高位の内部関係者によると、ホワイトハウスのマーク・メドウズ首席補佐官とジャスティン・ …

カバノー氏の疑惑が共和党に有利に働いているとの世論調査

<引用元:FOXニュース 2018.10.4> 最高裁判事候補のブレット・カバノー氏を取り巻く歴史的な党派的怨恨のおかげで、共和党が11月に上院議席で勢力を維持することになる可能性があると、新しい世論 …

「言語道断の選挙権剝奪の試み」:トランプのアイオワ集会6つのポイント

<引用元:デイリー・シグナル 2023.11.19> (アイオワ州フォートドッジ)無秩序に広がる農地と少数の風力発電所がある場所の近くで、ドナルド・トランプ前大統領は、中国、選挙の完全性、そして最近の …

元NFL選手のハーシェル・ウォーカー:「私は人種差別主義を見てきた・・・それはドナルド・トランプのことではない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.8.24> 元NFL選手のハーシェル・ウォーカーは24日、共和党全国大会の演説でドナルド・トランプ大統領を擁護した。 ハーシェル・ウォーカーはトランプとの …

共和党全国委トップ、トランプが共和党を去れば「共和党は敗北」と述べる

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.11.18> 共和党全国委員会のロナ・マクダニエル委員長は、ドナルド・トランプ前大統領が離党する恐れがあるという噂に終止符を打ち、前大統領は2022年勝利 …

アーカイブ

@JpWelovetrump