記事翻訳

トランプがバイデンのアフガン出口戦略を「弱さ、無能力」によるものと非難

投稿日:2021年8月15日

<引用元:JustTheNews 2021.8.14

ドナルド・トランプ前大統領は14日夜、バイデン大統領のアフガニスタン出口戦略を非難し、「弱さ、無能力、完全に支離滅裂な戦略」によって動かされたものだと述べた。

「ジョー・バイデンは外交政策について例外なく間違いを犯している。バイデンがプレッシャーに対処できないことは誰もが知っていた。オバマ政権の国防長官だったロバート・ゲーツでさえ同様のことを述べた」とトランプは、自身の事務所が発表した声明で述べた。

トランプは、自身の政権は米軍の撤退を行いながらタリバンに対する圧力を維持する計画を残したが、それが無視されたと述べた。アフガニスタン全体でタリバンが突然勢力を伸ばしたのは、そうした失敗のせいだとトランプは示唆した。

バイデンは「我々の政権が彼に残した計画―我々の国民と資産を守り、タリバンが我々の大使館を奪うことや、アメリカに対する新たな攻撃のための基地を提供することを決して夢にも思わないようにしていた計画―に従わずにアフガニスタンから逃げ出した」と、トランプは述べた。

カッシュ・パテル元国防総省首席補佐官は13日、トランプの計画にはタリバンを抑制して交渉を余儀なくされるようにするために米国の空軍力を維持することが含まれていたと本紙に述べた。

「タリバンがカブールの米国大使館に自分たちの旗を掲げるようなことになれば、とんでもない屈辱だ。これは弱さ、無能力、そして完全に支離滅裂な戦略による全くの失敗だ」とトランプは述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

在カブール米外交官は7月にバイデン政権に差し迫ったタリバンの「最悪の事態」を警告、8/1の避難開始を要求していた

<引用元:DailyMail 2021.8.20> カブール米国大使館の国務省職員は先月、バイデン政権にアフガン首都が陥落するので避難を急ぐよう伝えたことが新たに報道されている。 多数の外交官が7月1 …

タリバン和平合意は歴史的であり、単なる「世論向け」ではない――アフガン帰還兵が言うのだから間違いない:コーリー・ミルズ

<引用元:FOXニュース 2020.2.29>コーリー・ミルズ氏による寄稿 米国、タリバン、そしてアフガニスタン政府がタリバンとの暴力削減の合意を固める共同宣言に署名したことで、ドナルド・トランプ大統 …

「遅すぎた」:米国の「裏切り」後に「戦意喪失」とアフガン軍司令官

<引用元:デイリー・コーラー 2021.8.25> アフガニスタン軍司令官は25日、兵士がタリバンと戦うことができなかった理由は、おもに米国とジョー・バイデン大統領に見捨てられたと感じたからだと述べた …

トランプのインド外交は先見の明があり、必要なもの(社説)

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.2.27>社説 トランプ大統領が今週インド訪問を成功させたことで重要な同盟関係が進展する見込みとなった。トランプは民主主義的価値観や同盟国のことをあまり大 …

バイデン政権スタッフですら米国人置き去りに嫌悪感:「失敗の許されないミッションに失敗」

<引用元:DailyMail 2021.9.1> ジョー・バイデンの政権内部スタッフは、アフガニスタン撤退に「ゾッとしており」、ミッションが成功したと見ておらず、米国市民が現地に取り残されていることに …

アーカイブ

@JpWelovetrump