記事翻訳

3分の1がバイデンが勝ったのは「不正投票のおかげ」と回答、80%は有権者IDを希望

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.6.21>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

2020年大統領選挙の不正の主張つまり「大きな嘘」を嘲るメディアの最善の努力にもかかわらず、国民の3分の1は、ジョー・バイデン大統領がドナルド・トランプ前大統領に勝ったのは「不正投票によるものでしかない」と信じている。

その上民主党、大統領、そしてメディアが一致団結して投票者身元証明を脅迫的な方策だとして非難する中、驚くことに80パーセントがそれを望んでいる。

そして投票と選挙についての最新のモンマス大学世論調査では、ワシントンの民主党と共和党知事・議員の間で大きな対立を生んでいることの1つである郵便投票について、国が分断されていると結論付けた。

「昨年の選挙の正当性を疑問視する継続中の取り組みは、様々に党派的な分断を深めており、ほとんどの米国人がまだそのようには見ていなくても、我々の民主主義にとって長期的な結果となった恐れがある」とモンマス大学世論調査協会のパトリック・マレー代表は述べた。

新たな世論調査は、国民が簡単で拡大した投票方式を望んでおり2020年の投票手続きでの不正の報告を信じていないという主流派の話に一石を投じるものだ。

モンマスは、最も注目に値する調査結果は、10人に8人の成人が有権者IDを望んでいることだと述べた。反対しているのはわずか18パーセントだ。

2番目は、成人の3分の1が、依然としてトランプが負けたのは民主党の不正投票のためだと感じているということだった。分析では次のように述べていた。

「3分の1(32パーセント)の米国人は、ジョー・バイデンの2020年の勝利は不正投票によるものだと依然として考えている―11月の選挙以来変わっていない数字だ。集計を一見したところ、これに同意する無党派の数は上昇している一方で、これを信じている『共和党』の数は減少傾向にあるようだ。しかしながらこれは、共和党の一部が自分たちの立場を党派的な立場から共和党寄りの『無党派』へと変えて、自称の仕方に変化が出た結果であるようだ。共和党を自認する人と共和党寄りの人を合計すると、バイデンが不正投票によって勝ったと考える人の数はほとんど安定している(現在63パーセント、3月は64パーセント、1月は69パーセント、そして11月では66パーセント)。しかも米国民の14パーセントは、決してバイデンを大統領として受け入れることはないとしており、共和党または共和党寄りの人では10人に3人(29パーセント)がそう答えている」

選挙改革については、郵便投票をめぐっては意見が分かれているが、ほとんどは期日前投票の拡大を望んでいるという調査結果だった。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

最新調査:約3分の1はトランプが正当な大統領選の勝者と回答

<引用元:JustTheNews.com 2021.1.5> Just The NewsとScott Rasmussenの最新共同調査によると、米国の有権者の約3分の1はトランプが2020年大統領選挙 …

出口調査:過半数の有権者がモラー捜査は政治的な動機によるものだと回答

<引用元:デイリー・コーラー 2018.11.6> CNNが集計した出口調査データによれば、6日の投票に訪れた有権者の過半数が、モラーの捜査が政治的な動機によるものであると思うと答えたという。 モラー …

トランプ、CPAC演説で自身が「2024指名確実候補者」であり共和党リーダーだと主張の予定という報道

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.2.22> 22日の報道によると、ドナルド・トランプ前大統領は今度の週末にオークランドでの保守派会議に出席する際に、自身が共和党を今も任されており共和党の「2 …

ハーバード世論調査:トランプがデサンティスに18ポイント差で勝利、仮定上の2024年共和党予備選挙で

<引用元:ブライトバート・ニュース 2022.11.18> 最新のハーバードCAPS・ハリス世論調査で、共和党の2024年大統領予備選挙を仮定した場合にドナルド・トランプ前大統領がフロリダ州のロン・デ …

米 ブルーカラー労働者 は将来に楽観的、トランプ支持率も高く(世論調査)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.31>WSJ論説委員会 Happy in Their Work(仕事に満足) ブルーカラー労働者は固定概念ほど浮かない顔はしていないことが調査結 …

アーカイブ

@JpWelovetrump