記事翻訳

トランプ:2020年敗北を「認めていない」、ペンスの選択がなければ「別の大統領」だった可能性

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2021.6.21

ドナルド・トランプ前大統領は6月21日に、2020年大統領選挙での敗北を認めておらず、選挙の不正が証明された場合どう対応するかという判断は国民と「おそらく政治家」次第であり、マイク・ペンスが論争の的であった選挙結果を検証のために州議会に差し戻していたら「今頃別の大統領になっていた可能性が十分ある」と述べた。

「いや、私は決して敗北を認めていない」とトランプは、Just the Newsの「Water Cooler」に Real America’s Voiceでの独占インタビューで語った。

「今多くのことが起きている・・・やるべきことは新聞を読んで今何が起こるかを見ることだけだ」とトランプは述べ、「敗北を認めていない」と続けた。

トランプは先週、保守派コメンテーターのショーン・ハニティとのインタビューで2020年の選挙についてコメントし、「6千4百万票で容易に勝つはずだったが7千5百万票を獲得したのに勝利できなかったけれども、それがどうなるか見てみよう」と述べた。

トランプは21日に「Water Cooler」司会のデイビッド・ブロディ―に対して、選挙が不正によって損なわれていたら、自身を大統領として復帰させるという判断は国民かおそらく政治家次第になるだろうと述べた。

「選挙が不正だったら、人々は自分なりの判断を下す必要があるだろう。それは私次第になるだろう。国民次第になるだろう。おそらくは政治家次第になるだろう。このように何万もの票が見つかるようなことはこれまでなかったと思う。だからどうなるか見てみる必要があるだろう」とトランプは述べた。

トランプは、マイク・ペンス前副大統領が一部の州の選挙人票の集計を検証のために州議会に差し戻さなかったことに「失望」したと述べ、ペンスがそうしていたら今頃別の大統領になっていたかもしれないと述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

トランプ、2024年の憶測が高まる中、ジョージア州とアイオワ州での集会を発表

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.9.8> ドナルド・トランプ前大統領は、今後数週間のうちに2つの選挙運動形式の集会―1つはジョージア州、もう一つはアイオワ州―を開催する。2024年に大統領選 …

トランプがアイオワで集会開催へ、2024年出馬の憶測深まる

<引用元:JustTheNews 2021.8.31> トランプ前大統領が集会のためにアイオワ州を再び訪れると述べ、2024年大統領選出馬についての憶測が深まっている。

最新世論調査で、女性・黒人が後悔しているため今ならトランプが大統領選挙に勝つとの結果

<引用元:DailyMail 2021.8.18> もし次期大統領選挙が今行われたら、ドナルド・トランプ前大統領はバイデンに勝つことが新たな世論調査で判明した。 バイデンに対する米国人の不支持が高まっ …

中国はトランプの再選を阻み、軍事的優位に立とうとしている=ガーツ氏

<引用元:ワシントン・フリービーコン 2019.9.6> ワシントン・フリービーコン編集主任のビル・ガーツは6日、中国は「別の大統領」を望んでいるため2020年大統領選挙を目前に米国の足を引っ張ろうと …

調査結果が6州での2020年選挙結果に新たな疑問提起

<引用元:デイリー・シグナル 2022.3.28> 個々の投票区に対する新たな研究によると、2020年大統領選挙の6つの激戦州では少なくとも25万5,000票が過剰に投票されていた。

アーカイブ

@JpWelovetrump