記事翻訳

トランプ:2020年敗北を「認めていない」、ペンスの選択がなければ「別の大統領」だった可能性

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2021.6.21

ドナルド・トランプ前大統領は6月21日に、2020年大統領選挙での敗北を認めておらず、選挙の不正が証明された場合どう対応するかという判断は国民と「おそらく政治家」次第であり、マイク・ペンスが論争の的であった選挙結果を検証のために州議会に差し戻していたら「今頃別の大統領になっていた可能性が十分ある」と述べた。

「いや、私は決して敗北を認めていない」とトランプは、Just the Newsの「Water Cooler」に Real America’s Voiceでの独占インタビューで語った。

「今多くのことが起きている・・・やるべきことは新聞を読んで今何が起こるかを見ることだけだ」とトランプは述べ、「敗北を認めていない」と続けた。

トランプは先週、保守派コメンテーターのショーン・ハニティとのインタビューで2020年の選挙についてコメントし、「6千4百万票で容易に勝つはずだったが7千5百万票を獲得したのに勝利できなかったけれども、それがどうなるか見てみよう」と述べた。

トランプは21日に「Water Cooler」司会のデイビッド・ブロディ―に対して、選挙が不正によって損なわれていたら、自身を大統領として復帰させるという判断は国民かおそらく政治家次第になるだろうと述べた。

「選挙が不正だったら、人々は自分なりの判断を下す必要があるだろう。それは私次第になるだろう。国民次第になるだろう。おそらくは政治家次第になるだろう。このように何万もの票が見つかるようなことはこれまでなかったと思う。だからどうなるか見てみる必要があるだろう」とトランプは述べた。

トランプは、マイク・ペンス前副大統領が一部の州の選挙人票の集計を検証のために州議会に差し戻さなかったことに「失望」したと述べ、ペンスがそうしていたら今頃別の大統領になっていたかもしれないと述べた。

(以下略)

-記事翻訳
-

関連記事

減税2.0では中間層に思いがけない利益も:クドロー

<引用元:FOXビジネス 2020.1.17> トランプ、2期目ではさらに急速な経済成長を目指す トランプ政権は中間層の減税という目標を達成する方法を検討し始めている。 給与税の低減はホワイトハウスの …

トランプ、CPAC演説で自身が「2024指名確実候補者」であり共和党リーダーだと主張の予定という報道

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2021.2.22> 22日の報道によると、ドナルド・トランプ前大統領は今度の週末にオークランドでの保守派会議に出席する際に、自身が共和党を今も任されており共和党の「2 …

2020年選挙での説得力のある12の不正投票疑惑

<引用元:JusttheNews.com 2020.11.23 > 多くの民主党と彼らの従来型メディアの仲間が、11月3日の選挙で組織的な不正投票の証拠はないと主張する一方、実際に重大で広範な不正投票 …

内部告発者:郵便局がトランプ陣営郵便物を「配達不能」に、38万8千票が前の日付・「消失」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.12.1>ワシントンシークレット、ポール・ベダード氏論説 複数の内部告発者が12月1日、2020年大統領選挙のプロセスに新たな疑念を投げかけた。28万8, …

ミシガン州郵政公社の内部告発者、上司が不正投票に関与と主張

<引用元:タウンホール 2020.11.4> ジェームズ・オキーフによると、米国郵政公社(USPS)の監察官事務所は捜査中であるという。 UPDATE: @Project_Veritas has be …

アーカイブ

@JpWelovetrump