記事翻訳

同業者が研究所流出を推進しなかったのはトランプが推進したため、と科学者が認める

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.6.17

ブロード・インスティテュート・オブ・MIT・アンド・ハーバードの分子生物学者であるアリーナ・チャンは、6月16日に公開されたインタビューで、多くの科学者がCOVID-19の研究所起源説の可能性を認めたくなかったのは、ドナルド・トランプ前大統領と関係していたからだと認めた。

チャンは5月に、他の17名の科学者と共同でサイエンス誌で書簡を発表し、COVID-19が中国の武漢研究所から間違って流出したという説をさらに調査するよう求めた。研究所流出説を裏付ける有効な証拠は最近数カ月で実質的に変化していないが、報道機関、政府当局者、そして科学者は広く、パンデミックがそのようにして生じた可能性を受け入れるようになってきている。

チャンによると、変化が起きたのは純粋に政治的な理由からだという。「当時、トランプと関係を持ち、人種差別主義者の道具になることのほうが恐れられていたので、人々は公然と研究所起源に調査を求めることを望まなかったのです」と彼女はNBCニュースに語った

多くの同僚と異なり、チャンはパンデミックの初期から研究所流出仮説を完全に調査することを求めていた。彼女は2020年5月に論文を発表しており、COVID-19は特に人間に拡散するよう適応しており、それが研究所流出を示す物となる可能性があると指摘した。

現在、チャンは調査によって自然発生にたどり着く可能性も十分あるとしながら、研究所流出もまだ退けることはできないとしている。「研究所流出には前例があり、遺伝子データはどちらにも傾く可能性があり、疫学データも武漢で広がったように、どちらにも傾く可能性があります」

科学コミュニティのメンバーで、研究所流出説への反発が大いに政治に動かされていたことを認めたのはチャンが初めてはない。戦略・国際問題研究所のグローバルヘルス政策センターのJ・スティーブン・モリソン所長は5月に、科学者はトランプのために説に対して「尻込み」したとNPRに述べた。「(それは)トランプのもっと常軌を逸した一部の見方と混同され、科学者はそれに対して尻込みし、COVID-19が研究所流出ではなく自然過程から発生したという説を支持するようになった」とモリソンは述べた。

ワシントン・ポストのアーロン・ブレイク編集主任は5月に同様のことを認めた

「トランプがそうしたことに対応するやり方について知っていたことを全て考慮した上で、注意と懐疑を招くことになった。そうした(きわめて当然な)注意と懐疑が、慎重になることの多い報道をまとめることになると、一定の過度な単純化に波及したのだ」とブレイクは書いた。

研究所流出説の支持者は当初、旧来のメディアから「陰謀論者」として片付けられた。現在政治的な立場を越えて人々は公然と説を支持しつつある。

-記事翻訳
-

関連記事

「中国の同僚」が改造した「殺人」ウイルスについて話す武漢関連研究者ピーター・ダスザックの動画浮上

<引用元:デイリー・コーラー 2021.6.10> 新たに明るみに出た2016年の動画で、エコヘルス・アライアンスの責任者であるピーター・ダスザックが、「中国にいる同僚」が「実に殺人者のような」コロナ …

医療従事者に敬意を表してサンダーバーズとブルーエンジェルスが全米で飛行ショー実施、とトランプ

<引用元:FOXニュース 2020.4.23> 22日のコロナウイルス対策タスクフォースの記者会見で、トランプ大統領はアメリカ海軍のブルーエンジェルスと空軍のサンダーバーズが「アメリカの医療従事者」に …

武漢当局はコロナウイルスが急速に拡大する中、世界に情報を隠蔽:報告書

<引用元:デイリー・コーラー 2020.8.19> 19日に出た報告書によると、武漢の中国当局者はコロナウイルスが急速に拡大しているにもかかわらず、ウイルスに関する重要な情報を国の中央政府に知らせなか …

新たに公開された文書から武漢のコロナウイルス研究についてのファウチの虚偽が判明、と感染症専門家

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.7> COVID-19パンデミック前に米国が資金提供した中国でのコロナウイルス研究を詳細に説明した多数の文書が新たに公開されたことで、アンソニー・ファウチ博 …

米国、9日には一部でコロナウイルス給付金の受け取り始まる

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.4.9> 多数の米国人が1,200ドルの救済金を9日から受け取る予定だ。コロナウイルスの影響を受けた市民に対する給付金支払いの第1弾が始まる。 最初の受領者グ …

アーカイブ

@JpWelovetrump