記事翻訳

「党派的なご都合主義」:WSJがリベラルの米国・欧州の新型コロナ比較に異議

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.6.29

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)編集委員会は、米国の(新型)コロナウイルス対応に対する非難に警告を発し、米国と欧州の比較を「党派的なご都合主義」と呼んだ。

同紙編集委員会は28日、トランプ政権も楽観的過ぎる場合が多いとしながらも、リベラルが感染者数の急増を政権のせいにするのは党派的な攻撃だと述べた。WSJは特にワシントン・ポストの最近の記事を、米国と欧州諸国のパンデミック対応の有効性を比較しようとする一例として挙げた。

最初の発生は数日しか違わないにもかかわらず、米国で毎日最高記録を報告している一方、欧州はウイルスの拡大をほぼ抑え込んでいる。

だが米国では感染者の急増にもかかわらず、10万人あたりの死亡者はわずか38人であるが、イギリス、スペイン、イタリア、フランスではそれぞれ10万人当たりの死亡者は、66、61、57、44人となっていると、WSJ編集委員会は述べた。

感染者が最近増加した州でも死亡率は依然として低く、WSJによるとアリゾナ州では10万人あたり21人、フロリダ州では15人、テキサス州では8人となっている。再開に対して非常に遅いアプローチを取っているニューヨーク州では、10万人あたりの死亡率は161だ。

再開段階の移行が早すぎたという批判に反して、全ての州は5月から6月初めにかけて徐々に再開しており、レストラン、バー、小売店が定員の50パーセントを決して超えないようにしていた、と同紙編集委員会は指摘した。

各州は2カ月ほど前に再開のための措置を講じたが、入院患者の増加はここ数週間で初めて出てきたものだとWSJは述べた。

米国がウイルスの抑え込みに苦労しているにもかかわらず、米国も欧州も若者の集まりを制限するのに苦労しているものの、米国のレストランと店の人の出入りはドイツフランスイギリスなどより少ないことをWSJは明らかにした。

WSJは米国のパンデミック対応を非難することは控えながら、結論を出すのは早計だと編集委員会は述べた。

編集委員会は結論として、米国人とメディアに等しく総計な結論を出すのを控えるよう呼びかけ、パンデミックは近いうちにどこかに行ってしまうことはないと述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプのマスコミ批判が米国人の共感を呼ぶ理由

<引用元:デイリー・シグナル 2018.11.1>ジャレット・ステップマン(Jarrett Stepman)氏による論説 アメリカ人は自分たちのメディアのファンではない。 最近行われた調査で分かったの …

ヒドロキシクロロキン研究企業の従業員にSF作家とアダルトモデル

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.6.3> 世界保健機関と世界のいくつかの政府は、新型コロナウイルスの方針を変更して、ヒドロキシクロロキンの試験を再開した。米国の小規模医療会社から得たデータに …

情報機関分析:中国は物資買いだめのためにコロナウイルスの重大度を隠した

<引用元:ブライトバート・ニュース 2020.5.3> ワシントン(AP)―中国がコロナウイルス発生の範囲―そしてその感染性の強さ―を隠蔽したのは、対応に必要な医療用品をため込んでおくためだったと米国 …

中国での3週間のコロナウイルス対応の遅れが拡散を加速:研究結果

<引用元:FOXビジネス 2020.3.19> コロナウイルス感染は、中国が大発生に3週間早く対応していたら95パーセント削減できた 新型コロナウイルスの感染は、中国が実際行われたよりわずか3週間早く …

トランプの「セクハラ」被害者に有名弁護士が寄付金・報酬を手配

トランプ氏にセクハラを受けたと訴える複数の女性が突然現れたのは、2016年の大統領選挙の直前のことだった。ザ・ヒルは15日、手引きしていた反トランプの有名女性弁護士が寄付やマスコミからの報酬を受け取れ …

アーカイブ

@JpWelovetrump