記事翻訳

「党派的なご都合主義」:WSJがリベラルの米国・欧州の新型コロナ比較に異議

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2020.6.29

ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)編集委員会は、米国の(新型)コロナウイルス対応に対する非難に警告を発し、米国と欧州の比較を「党派的なご都合主義」と呼んだ。

同紙編集委員会は28日、トランプ政権も楽観的過ぎる場合が多いとしながらも、リベラルが感染者数の急増を政権のせいにするのは党派的な攻撃だと述べた。WSJは特にワシントン・ポストの最近の記事を、米国と欧州諸国のパンデミック対応の有効性を比較しようとする一例として挙げた。

最初の発生は数日しか違わないにもかかわらず、米国で毎日最高記録を報告している一方、欧州はウイルスの拡大をほぼ抑え込んでいる。

だが米国では感染者の急増にもかかわらず、10万人あたりの死亡者はわずか38人であるが、イギリス、スペイン、イタリア、フランスではそれぞれ10万人当たりの死亡者は、66、61、57、44人となっていると、WSJ編集委員会は述べた。

感染者が最近増加した州でも死亡率は依然として低く、WSJによるとアリゾナ州では10万人あたり21人、フロリダ州では15人、テキサス州では8人となっている。再開に対して非常に遅いアプローチを取っているニューヨーク州では、10万人あたりの死亡率は161だ。

再開段階の移行が早すぎたという批判に反して、全ての州は5月から6月初めにかけて徐々に再開しており、レストラン、バー、小売店が定員の50パーセントを決して超えないようにしていた、と同紙編集委員会は指摘した。

各州は2カ月ほど前に再開のための措置を講じたが、入院患者の増加はここ数週間で初めて出てきたものだとWSJは述べた。

米国がウイルスの抑え込みに苦労しているにもかかわらず、米国も欧州も若者の集まりを制限するのに苦労しているものの、米国のレストランと店の人の出入りはドイツフランスイギリスなどより少ないことをWSJは明らかにした。

WSJは米国のパンデミック対応を非難することは控えながら、結論を出すのは早計だと編集委員会は述べた。

編集委員会は結論として、米国人とメディアに等しく総計な結論を出すのを控えるよう呼びかけ、パンデミックは近いうちにどこかに行ってしまうことはないと述べた。

-記事翻訳
-,

関連記事

ファウチ:トランプはパンデミック初期の中国、欧州、英国からの入国禁止で米国人の命を救った

<引用元:FOXニュース 2020.7.31> アンソニー・ファウチ博士は31日、コロナウイルス・パンデミック初期段階でのトランプ大統領の行動が米国人の命を救ったと考えている、と下院議員に述べた。 コ …

米国、9日には一部でコロナウイルス給付金の受け取り始まる

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.4.9> 多数の米国人が1,200ドルの救済金を9日から受け取る予定だ。コロナウイルスの影響を受けた市民に対する給付金支払いの第1弾が始まる。 最初の受領者グ …

マスコミの負け:報道の90%が否定的でも、大統領の支持率向上

<引用元:ワシントン・タイムズ 2018.5.8> 今年初めから4カ月間の、トランプ大統領に対するテレビ報道を広範に調査した結果、90パーセントが否定的なものだったことが判明した。2017年全体と同様 …

政治的偏向がジャーナリズムへの信頼を破壊している

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2019.2.26> Lara Logan 「60ミニッツ」の元特派員、ララ・ローガンがセンセーションを巻き起こしたのは先週のことだ。「マイク・ドロップ」というポッドキ …

トランプ、メキシコとの合意でのサプライズが「適切な時期に発表される」と強調

<引用元:デイリー・コーラー 2019.6.9> ドナルド・トランプ大統領は9日朝、最近発表された米国・メキシコ間の協定にサプライズが追加されることを一部明かした。 大統領はまず、メキシコは7日に発表 …

アーカイブ

@JpWelovetrump