記事翻訳

世論調査:約半数の有権者はフェイスブックのトランプ禁止に反対

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.8

ラスムセン・レポートが5月7日に発表した世論調査によると、米国人有権者の約半数はドナルド・トランプ前大統領のフェイスブックアカウント永久凍結に反対している。

ラスムセンが調査した有権者の48パーセントは、トランプのフェイスブック利用を永久に停止するという同社の決定に反対しており、41パーセントはトランプのフェイスブック利用停止を支持し、10パーセントの回答者はよくわからないとしていることが分かった

「委員会は、事実に基づかない選挙不正の主張と行動を促す根強い言葉において、トランプ氏が深刻な暴力の危険性のある環境を作り出したことを見出した」と委員会は声明で述べた。

ラスムセン・レポートによると、ソーシャルメディア企業が前大統領を利用禁止にすると決定したことについての回答者の意見は、政党間の違いの範囲に収まっており、民主党の62パーセントはトランプのフェイスブック永久利用禁止に賛成しており、共和党の67パーセントは禁止に反対している。

調査は米国有権者と思われる850人に対して5月5日から6日に実施され、95パーセントの信頼水準で誤差の範囲はプラスマイナス3パーセントだった。

ラスムセン・レポートの同様の調査では、米国人有権者と思われる人々の59パーセントはフェイスブックやツイッターのようなソーシャルメディア・プラットフォームの運営者は、政治的に偏った判断をしていると考えていることが分かった。その調査では、回答者の26パーセントはそれに異議を唱えており、ソーシャルメディア企業は公平で偏らないやり方でコンテンツを編集していると答えたことが分かった。

ドナルド・トランプ前大統領は5日に発表した声明で、「フェイスブック、ツイッター、そしてグーグルが行ったことは我が国にとって全くの不名誉であり恥である」と述べた。

「言論の自由は、極左の愚か者たちが真実を恐れているために合衆国大統領から奪われたが、いずれにしても真実は明らかになり、それはかつてないほど大きく強いものとなるだろう」と声明にはあった。

-記事翻訳
-, ,

関連記事

独メルケル首相、ツイッターのトランプ禁止は「問題ある」と非難

<引用元:ブライトバート・ニュース 2021.1.11> ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、ドナルド・J・トランプ米国大統領のツイッターアカウント停止処分を非難し、表現の自由に対する懸念があると述べた …

トランプのチャンス:バイロン・ヨーク今日のメモ

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.10.12>バイロン・ヨーク氏による論説 トランプのチャンス。毎日新しい世論調査が発表され、民主党の挑戦者ジョー・バイデンが、トランプ大統領に大きくリード …

ツイッターは中立のふりをもうやめるべき

<引用元:フェデラリスト 2020.5.28>ジョン・ダニエル・デビッドソン政治部長による論説 ツイッターは、免責指定でトランプ大統領のツイートを社説で論じ「ファクトチェック」したいなら、他の出版社と …

トランプによるイランのソレイマニ司令官殺害支持が僅差で不支持を上回る(米国)

<引用元:ニューヨーク・ポスト 2020.1.6> イランのカセム・ソレイマニ司令官をドローン攻撃で排除したトランプ大統領の決断を支持する米国人は僅差で不支持を上回っているが、大部分は攻撃によってワシ …

世論調査:トランプはマスコミより信頼されている

<引用元:U.S.ニュース 2017.2.9> <抜粋> 新しい世論調査によれば、トランプ政権はマスコミよりも信頼されている。

アーカイブ

@JpWelovetrump