記事翻訳

米国の政治分断がバイデン政権下で最大に

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.4.15>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

かつてないほどに米国の民主党・共和党の対立が増している。

最新のギャラップ世論調査で、ジョー・バイデン政権下での党派間のギャップがドナルド・トランプ前政権下での差異を上回り最大に達したことが明らかになっている。またバイデンの党内の支持は過去最高となっているようだ。

バイデンが就任して数カ月、民主党と共和党の支持率の差は86パーセントとなった。つまり、バイデンは民主党で96パーセント、共和党で10パーセントの支持を受けているということだ。バイデンはかつての上司であるバラク・オバマ元大統領を7ポイント差で簡単に打ち負かした。

それと比較してトランプは共和党で87パーセント、民主党で10パーセントの支持があった。トランプは共和党での支持率を自慢していたが、ジョージ・W・ブッシュ元大統領は初期に共和党でそれより高い(89パーセント)の支持があった。

バイデン政権下での党派間分断が最新世論調査での見出しになっている一方で、男女、黒人と白人、大卒と非大卒の間での差も広がっていることが分かった。

とりわけ、バイデンは「白人の支持率が政権初期で45パーセントで、最近の大統領としては初めて50パーセントを下回っている」とギャラップは述べた。

調査は、白熱した2020年大統領選挙後の米国の政治的分断を示す最新のものだ。これ以前にはラスムセンの別の調査で、「不正行為」のおかげでバイデンが選挙に勝ったという超党派的な意見の一致が明らかになった。

肝心なことは、バイデンが国を団結させるのに今後も苦労するだろうということだ。

「所属政党と大統領の就任初期での評価の間の一致は、バイデンが過去最大となっている。その多くは、たとえ政権初期のハネムーン期間であっても、党員が他の政党の大統領を支持するのが嫌だとまでいかなくとも、支持する気になれないという傾向が高まっていることに関係している」と調査アナリストは述べた。

また次のように付け加えた。「結果として、バイデンは前任者よりも大きな党派間の分断を埋める必要があるだけでなく、他の下位集団の中でより大きな分断に直面している。そうした要素は、下院での民主党の優位が僅差であり、上院では拮抗していることを考えると、政権運営を困難にしている」

-記事翻訳
-

関連記事

中国を懲らしめ、雇用と製造を米国に戻す:民主党・共和党が賛成

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.4.27>ワシントン・シークレット論説 中国が、コロナウイルス感染拡大が始まる中でそれを世界に隠したことで、民主党と共和党は今一致して共産主義国を懲らしめ …

米 ブルーカラー労働者 は将来に楽観的、トランプ支持率も高く(世論調査)

<引用元:ウォールストリート・ジャーナル 2018.8.31>WSJ論説委員会 Happy in Their Work(仕事に満足) ブルーカラー労働者は固定概念ほど浮かない顔はしていないことが調査結 …

トランプ大統領に対する中小企業経営者の支持率が64%の最高記録

<引用元:CNBC 2020.2.20> 中小企業経営者の64パーセントがドナルド・トランプ大統領の大統領としての仕事ぶりを支持しており、CNBCとサーベイモンキーが2017年に四半期ごとの調査を実施 …

米国人の満足度が2016年選挙前以来で最高に

<引用元:ザ・ヒル 2018.5.17> 17日に発表されたギャラップの調査結果によると、米国人は現在、国内で起きている状況について、2016年の大統領選挙の直前以来で最も満足している。

オバマ景気よりトランプ景気と見なす有権者が多数(世論調査)

<引用元:ラスムセン・レポート 2018.8.7> 失業率が18年で最低水準を維持し、ダウ平均株価が最高値を維持する中、党派による大きな分裂はあるものの、有権者は景気拡大がオバマ大統領よりもトランプ大 …

アーカイブ

@JpWelovetrump