記事翻訳

バイデン支持率が衝撃の過去最低に、ヒスパニックが最低:世論調査

投稿日:

<引用元:デイリーコーラー 2022.1.12

最新の世論調査結果によると、ジョー・バイデン大統領の支持率は、重大な課題への対応について有権者の不満が増す中で低下を続けている。

バイデンの支持率は、12日に発表されたクウイニピアク大学の世論調査によると、過去最低の33パーセントに低下し、米国人の53パーセントは大統領の職務遂行を支持しないと答えた。

ヒスパニック有権者がバイデンの職務遂行を最も支持しておらず、28パーセントがバイデンの仕事ぶりを支持すると答えた。それに対し白人有権者では32パーセント、黒人有権者では57パーセントの支持率だった。無党派有権者でバイデンの実績を支持すると答えたのはわずか25パーセントで、57パーセントは不支持と答えた。

有権者は、経済、COVID-19パンデミック、そして外交政策といった重要課題に対するバイデンの対応に批判的だった。

経済に対するバイデンの対応を支持すると答えた米国人はわずか34パーセントで、57パーセントは不支持と答えた。結果は数カ月間のインフレ後のものであり、現在消費者物価指数は40年で最高の比率で上昇している。

また米国人は危機的な経済状況にあると考えているとも答えており、35パーセントは経済が「不振」状態にあると答え、同じく35パーセントは「あまり良くない」状態にあると答えた。

バイデンの外交政策対応も同様のレベルの支持率となり、実績を支持すると答えたのはわずか35パーセントだった。バイデン政権は、数百人の米国人が置き去りにされることになった8月のアフガニスタン撤退について厳しい批判を受けた。

バイデンはCOVID-19についてはわずかにましな評価を受け、米国人の39パーセントはウイルス対応を支持すると答えたが、55パーセントは不支持と答えた。

また米国人はバイデンが二極化させていると見ている。49パーセントはバイデンが米国を分裂させていると答え、42パーセントは大統領が国を一つにまとめていると答えた。

世論調査は1月7日から10日まで米国の成人1,313人に対して実施され、誤差の範囲は2.7パーセントだった。

-記事翻訳
-,

関連記事

共和党:トランプはレーガンとほぼ互角で歴代4番目に偉大な大統領

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.6.16>ワシントン・シークレット論説 最新の調査によると、共和党はトランプ大統領をエイブラハム・リンカーンとジョージ・ワシントンに次いで、ロナルド・レー …

米国は承認:3世論調査でトランプのウイルス対応が支持される

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2020.3.20>ワシントン・シークレット論説 最新の3つのホワイトハウス世論調査で、トランプ大統領の危機管理を米国人が支持していることがわかった。最初は弾劾だっ …

最新世論調査で、女性・黒人が後悔しているため今ならトランプが大統領選挙に勝つとの結果

<引用元:DailyMail 2021.8.18> もし次期大統領選挙が今行われたら、ドナルド・トランプ前大統領はバイデンに勝つことが新たな世論調査で判明した。 バイデンに対する米国人の不支持が高まっ …

トランプ・クリントン捜査でFBIに偏向あり=米国人過半数の意見(世論調査)

<引用元:ザ・ヒル 2018.8.1> 米国人の過半数は、トランプ大統領と、2016年に民主党の候補者としてトランプ氏と大統領の座を争ったヒラリー・クリントン氏の双方に対する話題を集めた捜査の対応で、 …

世論調査:バイデン下で国が「良い」状態だと答えたのは米国人の10人に3人のみ

<引用元:デイリー・コーラー 2021.11.22> 21日に発表されたCBSニュース・YouGov世論調査によると、米国人10人のうちわずか3人が、ジョー・バイデン大統領の下で国が「やや良い」状態だ …

アーカイブ

@JpWelovetrump