記事翻訳

半数がバイデン弾劾に賛成、国境・アフガン失態めぐり

投稿日:

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2022.1.31>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説

最新世論調査によると、有権者のちょうど半分は、米・メキシコ国境とアフガニスタン撤退での失敗をめぐりジョー・バイデン大統領を弾劾することに賛成であり、共和党が議会の支配を取り戻したとすればそうなると期待している。

本コラムが確認した最新のラスムセンレポート世論調査によると、50パーセントが弾劾を支持しておりそれには民主党の34パーセントが含まれることがわかった。

またもし共和党が中間選挙で上院と下院の支配権を取り戻したら、45パーセントはバイデンが弾劾されるだろうと予期している。

前大統領のドナルド・トランプが下院で2度弾劾されても上院では無罪となった後、最新の弾劾世論調査で、有権者はいささか意見が割れているようだが、その話題にまだ大いに注目しているようだ。

例えば、回答者の半分はバイデンの弾劾を支持しているが、トランプ弾劾が国にとって悪くはなかったと思う人より多かった。

トランプ弾劾が良いことだったか、悪いことだったか、それとも違いがなかったかという質問に対し、ラスムセンでは47パーセントが「悪いこと」、36パーセントが「良いこと」、そして16パーセントが「あまり違いはなかった」と答えたことがわかった。

上院と下院と共和党の何名かは、バイデンの国境とアフガン危機対応について弾劾公聴会を求めたが、下院を主導する民主党が要求を却下した。

しかしながら、世論調査で秋の選挙での共和党の大幅なリードが示される中、下院の共和党リーダーはバイデン政権とバイデン一家に対する広範な捜査に前向きな様子だ。

-記事翻訳
-,

関連記事

3分の1がバイデンが勝ったのは「不正投票のおかげ」と回答、80%は有権者IDを希望

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.6.21>ポール・ベダード氏によるワシントン・シークレット論説 2020年大統領選挙の不正の主張つまり「大きな嘘」を嘲るメディアの最善の努力にもかかわらず …

トランプがワシントン・タイムズ・CPAC模擬投票で他の20人を圧倒

<引用元:ワシントン・タイムズ 2021.2.28> トランプ前大統領は、ワシントン・タイムズ・CPACが28日に発表した世論踏査によると、共和党の2024年大統領候補を目指す保守派の中で早くも首位に …

2018年に離れた郊外の女性が、壁支持でトランプを支える存在に

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.2.22> 郊外の女性は、2018年の議会中間選挙で共和党から逃げ出した後、トランプ大統領に戻って来つつある。 その理由は、国境の壁を求める人が多いためだ …

トランプに対するディープ・ステートの陰謀

<引用元:デイリー・シグナル 2019.10.15>アームストロング・ウィリアムズ氏による寄稿 (略) 弾劾騒動は報道でも連邦議会でも過熱の状態に達している。おもに民主党から生じているトランプに対する …

ギャラップ:人種間関係の満足度がトランプ就任以後14%上昇

<引用元:デイリー・コーラー 2020.1.30> ギャラップは27日、人種間関係に対する満足度がトランプ大統領就任以後14パーセント上昇したと報告した。 米国で黒人とその他のマイノリティーの立場に満 …

アーカイブ

@JpWelovetrump