記事翻訳

「バイデンの下で世界の暴力と不安定が増加」トランプがイスラエルの混乱について声明

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.11

ドナルド・トランプ前大統領は、イスラエルでのハマスを含むパレスチナ人グループとの継続中の対立を受け、イスラエルに対する支持をあらためて表明した。

また前大統領はジョー・バイデン大統領を非難し、バイデンの「弱さ」が米国同盟国に対する新たな攻撃を引き起こしたと述べた。

「私が就任していた際は平和の政権として有名だった。というのもイスラエルの敵は、米国がイスラエルを強く支持しており、イスラエルが攻撃されれば即座に報復を受けると分かっていたからだ。バイデン政権下では、バイデンの弱さとイスラエルに対する支持の欠如が同盟国に対する新たな攻撃を引き起こしているため、世界では暴力と不安定さが増している」

トランプはさらに、民主党ミネソタ州のイルハン・オマル下院議員を非難した。オマル議員は昨日、イスラエルがハマスのロケット攻撃から防衛することはテロに等しいと述べたことで批判を浴びていた。

「信じられないことに民主党は、テロ攻撃を受けているイスラエルを猛烈に非難しているというのに、熱狂的反米のイルハン・オマル下院議員などの人物を継続して支持している」

「米国は常にイスラエルを支持して、パレスチナ人が暴力、テロ、ロケット攻撃を終わらせなければならないことを明確にしなければならず、また米国はイスラエルの自国を防衛する権利を常に支持すると明言しなければならない」

イスラエルとガザの対立は、ハマスがイスラエル最大の都市であるテルアビブに向けて11日夜にロケット弾を続けて発射したことでエスカレートしている。

ロケットはイスラエルの首都エルサレムにも継続して発射されている。ハマスは2014年のガザ戦争以来どちらの都市も標的にしたことがなかった。

イスラエル国防軍はガザのハマスを標的として空爆で報復しており、両者には複数の犠牲者が報告されている。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプはがさつだが、サウジについては正しい(オピニオン)

<引用元:ニューヨーク・タイムズ 2018.11.21>マイケル・ドラン氏、トニー・バドラン氏による論説 中東で重要な戦略的課題について、大統領は明敏である。 最近では共和党と民主党が同意することは余 …

トランプ:イスラエル・ガザ対立はバイデンの責任であり、ハマスは自分が大統領ならロケットを撃つようなことはしなかった

<引用元:DailyMail 2021.5.21> ドナルド・トランプは、ジョー・バイデンが「弱腰の姿勢」だったせいで現在のイスラエル・ガザの紛争が起きたと非難し、「私だったら起こっていなかった」と断 …

米国、国連予算を2億8千5百万ドル削減へ

<引用元:ザ・ヒル 2017.12.25> 21日に事実上米国を非難する国連決議が圧倒的多数で採択されたが、その3日後の24日、米国は今後2年間の国連予算の大幅削減を発表した。

シリア考察:介入の正当化はなされていなかった(オピニオン)

<引用元:ナショナル・レビュー 2018.12.23>アンドリュー・C・マッカーシー氏による論説 週末のコラムでシリアについて書いた。トランプ大統領が撤退しようとしているため、またこれが、国防長官を辞 …

イスラエル・UAE和平合意はトランプの中東政策が有効な証拠

<引用元:デイリー・シグナル 2020.8.14>ジェームズ・カラファノ氏による論説 13日のイスラエルとアラブ首長国連邦(UEA)の間の「歴史的な和平合意」―米国が四半世紀かけて仲介してきたイスラエ …

アーカイブ

@JpWelovetrump