記事翻訳

「バイデンの下で世界の暴力と不安定が増加」トランプがイスラエルの混乱について声明

投稿日:

<引用元:デイリー・コーラー 2021.5.11

ドナルド・トランプ前大統領は、イスラエルでのハマスを含むパレスチナ人グループとの継続中の対立を受け、イスラエルに対する支持をあらためて表明した。

また前大統領はジョー・バイデン大統領を非難し、バイデンの「弱さ」が米国同盟国に対する新たな攻撃を引き起こしたと述べた。

「私が就任していた際は平和の政権として有名だった。というのもイスラエルの敵は、米国がイスラエルを強く支持しており、イスラエルが攻撃されれば即座に報復を受けると分かっていたからだ。バイデン政権下では、バイデンの弱さとイスラエルに対する支持の欠如が同盟国に対する新たな攻撃を引き起こしているため、世界では暴力と不安定さが増している」

トランプはさらに、民主党ミネソタ州のイルハン・オマル下院議員を非難した。オマル議員は昨日、イスラエルがハマスのロケット攻撃から防衛することはテロに等しいと述べたことで批判を浴びていた。

「信じられないことに民主党は、テロ攻撃を受けているイスラエルを猛烈に非難しているというのに、熱狂的反米のイルハン・オマル下院議員などの人物を継続して支持している」

「米国は常にイスラエルを支持して、パレスチナ人が暴力、テロ、ロケット攻撃を終わらせなければならないことを明確にしなければならず、また米国はイスラエルの自国を防衛する権利を常に支持すると明言しなければならない」

イスラエルとガザの対立は、ハマスがイスラエル最大の都市であるテルアビブに向けて11日夜にロケット弾を続けて発射したことでエスカレートしている。

ロケットはイスラエルの首都エルサレムにも継続して発射されている。ハマスは2014年のガザ戦争以来どちらの都市も標的にしたことがなかった。

イスラエル国防軍はガザのハマスを標的として空爆で報復しており、両者には複数の犠牲者が報告されている。

-記事翻訳
-,

関連記事

カイラ・ミューラーの両親、バグダディを死に追い込んだ急襲を行った兵士とトランプを称賛

<引用元:FOXニュース 2019.10.28> ISISに監禁され殺害された援助活動家のカイラ・ミューラーの家族は27日、トランプ大統領と、ISIS指導者アブバクル・アル・バグダディを死に追い込んだ …

トランプはがさつだが、サウジについては正しい(オピニオン)

<引用元:ニューヨーク・タイムズ 2018.11.21>マイケル・ドラン氏、トニー・バドラン氏による論説 中東で重要な戦略的課題について、大統領は明敏である。 最近では共和党と民主党が同意することは余 …

トランプ:「シリアに深入りするつもりはない」

<引用元:ニューヨークポスト 2017.4.11> トランプ大統領は、彼の側近がシリアについて異なる見解を述べており、彼の方針が混乱しているという不満が出ている中、きっぱりと疑惑を一掃した。

トランプ:「トルコがクルドを攻撃すれば経済的打撃を与える」

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2019.1.13> トランプ大統領は13日、米軍がシリアから完全撤退した場合にトルコの軍隊がクルドを標的にするなら、トルコ経済に打撃を与えると明言した。

シリアについてゴルカ補佐官:「これは全面的な軍事展開ではない、ピンポイントのミサイル攻撃に過ぎない」

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.7> 大統領補佐官であり、ブライトバート・ニュースの国家安全担当編集員を務めたこともあるセバスチャン・ゴルカ博士は、シリウスXMラジオでラヒーム・カッ …

アーカイブ

@JpWelovetrump