ドナルド・トランプNEWS

ドナルド・トランプ大統領関連ニュース情報サイト

記事翻訳

トランプの当選以降、米白人若者が大挙して 民主党 を去る(ロイター調査)

投稿日:

<引用元:ブライトバート・ニュース 2018.7.3

2016年にドナルド・トランプ大統領が誕生した後、白人米国人の若者の多くが 民主党 を去ったことが最新の調査で明らかに

ロイター・イプソスによる最新の世論調査では、2018年の最初の(訳注:ロイターのオリジナル記事 the first three months of this yearを優先)3カ月間に18歳から34歳の登録済み有権者に対して調査を実施した。2016年の同時期に同じ調査が実施されていた。

2016年には、白人米国人の若者は47対33パーセントで共和党よりも民主党を支持していた。トランプの当選――そして高賃金の雇用と記録的な雇用の機会を確実なものとしたトランプによる好景気――以来、白人米国人の若者の民主党びいきは失われた。

現在、白人米国人の若者の39パーセントが共和党を支持しており、民主党に対する支持も39パーセントとなっている。

調査結果から総合すると、民主党は米国の若者を概して失いつつある。例えばトランプの当選以前では、米国の若者の55パーセントが共和党よりも民主党を支持するとしていた。現在民主党に忠実な若者の比率はわずか46パーセントに下がっている。

トランプ当選のカギとなったのが大量移民と合法移民の問題であり、米国は毎年150万人以上の移民を許可している。ブライトバート・ニュースで報道したように、白人米国人の過半数は米国への移民が米国での生活を「悪化」させたと考えている。

またロイターの調査では、民主党が国の方向性を劇的に変えるために米国の有権者を多様化させることを期待して、ますます開かれた国境を基盤にして前進しようとしていることが分かる。

ブライトバート・ニュースが指摘したように、米国では毎年100万人以上の合法的な移民を受け入れ続けており、今後20年で全体として、1500万人の外国生まれの新たな有権者が生まれようとしている。このような外国出身の住民が急増することで、選挙の情勢が民主党に優位になるだろう。

-記事翻訳
-,

関連記事

セス・リッチが死ぬ前にウィキリークスと接触していた証拠がある=私立探偵

<引用元:FOX5 2017.5.15投稿、5.16更新> 民主党全国委員会(DNC)のスタッフであったセス・リッチがワシントンで殺されてから1年近くが立とうとしている。現在に至るまで彼が殺された理由 …

独メルケル、仏マクロン、英メイいずれの支持率もトランプを下回る

ワシントン・エグザミナーの11月19日付の記事によると、トランプ大統領の支持率が、ヨーロッパの主要3カ国首脳の最新の支持率と比較すれば極めて良好だということが分かる。

トランプ大統領=セクハラ議員は公表すべき

トランプ大統領は11月21日、セクハラ議員の氏名を公表すべきだと述べた。 BIZPACレビューによれば、トランプ大統領は、セクハラ訴訟で示談した議員の氏名は公表されるべきだと考えている、と記者たちに語 …

ワッサーマン・シュルツのIT幹部がパキスタンに30万ドル送金後空港で逮捕される

<引用元:デイリー・コーラー 2017.7.25> (抄訳)フロリダ州の民主党議員であるワッサーマン・シュルツの情報技術(IT)担当部長が月曜日、議会連邦信用組合からパキスタンに28万3千ドルを送金し …

殺されたDNC職員セス・リッチはウィキリークスと接触していたとの複数の証言

<引用元:FOXニュース 2017.5.16> ワシントンDCの自宅から少し離れた通りで7月10日に凶弾に倒れた民主党全国委員会スタッフは、何千という内部の電子メールをウィキリークスに漏らしていたと、 …