記事翻訳

共和党は2022年の議会奪還を望むなら「MAGA」政策への集中必要:トランプがハニティに

投稿日:

<引用元:FOXニュース 2021.4.19

トランプは特にテキサス州南部でのヒスパニック有権者の支持拡大を指摘した

FOXニュースとの1時間の独占インタビューで、ドナルド・トランプ前大統領は「ハニティ」に、共和党の未来は2016年と2020年の両方で新しい有権者を「包括政党」へと導いた「アメリカを再び偉大に」基盤を支持してまとまることができるかに掛かっていると語る。

トランプは、2020年大統領選挙には典型的な選挙区外で共和党にとって堅調な改善を示す側面があると司会のハニティに語った。

共和党がさらに労働者階級の政党となっていく中で、トランプは既にマクロなレベルで共和党優位州であるテキサス州における驚くべき詳細と呼ぶ内容を指摘した。

ハニティは、勝利への最善の道が、2016年にトランプが大々的に宣伝したような保守基盤の上に立つ候補者によるものとなるかどうかトランプに尋ねた。トランプはその点で、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事やジョン・カシック元オハイオ州知事のようなエスタブリッシュメント寄りの共和党との違いを見せていた。

「これが今共和党のアジェンダとなるべきでしょうか?下院と上院で出馬を望む人は誰でも――『アメリカを再び偉大に』アジェンダを採用して、あなたが大統領だった4年間に目指して戦ったことのために戦うべきでしょうか?」と司会者は尋ねた。

「勝ちたいのであればその通りだ」と現在フロリダに住む人物は答えた。

またそれに関連して前大統領は、共和党が――特に南部国境に沿う下院選挙区で――ヒスパニックの票を伸ばしたことを指摘した後、テキサス州の共和党知事であるグレッグ・アボットと話をしたとハニティに述べた。

「テキサスの国境地域では――知事が話してくれたことだが――我々はレコンストラクション以来で最大のヒスパニック票を持っている」と彼は述べた。

「勝ちたいのであれば、そして大きく勝ちたいならそうしなければならない」

2020年の選挙で、テキサス州のメキシコ国境沿いの選挙マップに変化はなかった。しかし観測筋は、個々の選挙戦の一部でトランプがアボットと話し合ったとされる改善を反映するデータを指摘している。

国境の最も広い区域である第23区――エルパソの外側からサンアントニオの西端まで続く――は、ウィル・ハード下院議員(共和党・テキサス)が辞任してアーネスト・トニー・ゴンザレス下院議員(共和党・テキサス)が当選し、共和党の勢力圏に留まった。

さらに南東では、ビセンテ・ゴンザレス下院議員(民主党・テキサス)がマッカレンで議席を堅持したが、2018年に比べて差が著しく小さかった。

共和党挑戦者のモニカ・デ・ラ・クルス・エルナンデスが約47パーセントを得票したのに対して、ゴンザレスは50パーセントを超えるだけの票で勝利した。起業家のデ・ラ・クルス・エルナンデスは来年再度ゴンザレスに挑戦すると発表した。

ハニティとのインタビュー中トランプはバイデン大統領の国境危機についても話した。その同じマッカレン地域でしばしば詳述されていることだ。

司会者はトランプに、託児センターがパンデミック時代の満員の施設で、バイデン政権が国境で行っているような方法で子供を扱えばどうなるかと質問した。

「営業停止になって児童虐待で訴えられるだろう」と司会者は述べた。

トランプは同意して国民は「それに我慢できないだろう」と述べ、ホワイトハウスは「可能な限り最大限に軽視している」と非難した。

「悲惨な状況であり国を破滅させる可能性がある」

「国境で起きているようなことはこれまで起こったことがなく、何万人もの人々がやって来ている」とトランプは続けた。

トランプは、バイデンはただ「放っておく」ことで危機を防ごうと思えば防げたと述べた。

「ジョーが『憲法修正第2条』に何が起きているか知っているのか分からない。というのもカバールがいると思うからだ。テーブルを囲んでこれをやれ、これをやれ、これをやれと言うだけの人たちのグループがいると思うからだ。その人たちが彼にこうした物を与えてサインさせている。我々は今(20)22年に下院を取り戻そうとしている。本当にチャンスがある」とその後トランプは付け加えた。

またトランプは、共和党は重要な投票で協力し合うことに関して民主党と同じぐらい団結したことがないとハニティに述べた。

トランプは、弾劾手続きのような重要な時に自分の党に頑固に抵抗したユタ州上院議員で2012年の共和党大統領候補に言及し、民主党には「ミット・ロムニーはいない」と述べた。

「リーサ・マーカウスキーは最悪だ」とトランプは続けた。トランプはアラスカ州の上院議員について、2022年予備選挙で反対運動を行うと誓っている。マーカウスキーはトランプが最高裁判事に指名したブレット・カバノーに否認の票を投じた唯一の共和党だった。

前大統領はホワイトハウスで在任中に、ANWR(北極野生生物国家保護区)の開設や交通インフラの支援を含め、「アラスカのために非常に多くのことをした」と述べた。

「共和党は団結しなければならない」とトランプは述べ、共和党がオバマケアの完全撤廃に失敗したことを指摘した。議決の際に故ジョン・マケイン上院議員(共和党・アリゾナ州)が容赦のない「(親指を下げる)却下」のしぐさを出したことは有名で、その後しばらく当時の大統領の憤りに拍車が掛かった。

肯定的な側面として、トランプは共和党の基盤に共感が生まれており、「ナンシー・ペロシはそれについてほとんど仕事を失ったようなもの」だと述べた。

共和党は下院の議席を失うと予測されていたが逆に12議席以上獲得し、現職の議員は1人も破れなかったとトランプは述べた。

トランプは、下院少数党院内総務のケビン・マッカーシー(共和党・カリフォルニア)に世論調査で負けているか大まかに優位な全候補者のリストを渡すよう伝えたことを思い起こした。彼はそのリストで、全候補者のために懸命に選挙運動を確実に行ったとハニティ―に述べた。

またトランプは、自身が上院候補者のために選挙運動をしていなければ、民主党は議決阻止が不可能な過半数を得ていただろうとも述べた――民主党はそれにもかかわらずその手順を排除しようとしているが。

「我々は(2022年に)下院に協力するつもりだ。我々には本当に十分なチャンスがあると思う。私はケビン・マッカーシーを初め全ての人と協力している。同様に上院はもう少し強くなるだろう」とトランプはその後続けて述べた。

トランプは、自身が関与していなければさらに8人の共和党上院議員が2020年に敗北していただろうと主張した。トランプは「恥」をかかせないために彼らの名前は伏せると述べた。

「だがミッチもその1人だ」と彼は付け加えた。

(以下略)

-記事翻訳
-,

関連記事

ライス元国務長官=トランプが人種差別主義者だという認識はマスコミのせい

コンドリーザ・ライス元国務長官は米MSNBCの3月1日の番組に出演し、トランプ大統領が人種差別主義者であり、米国の分断を助長しているという司会者の示唆に対して反論し、自身の見解を明確に述べた。

共和党の大多数、トランプが党の未来に影響力を持つことを望む:世論調査

<引用元:デイリー・コーラー 2021.7.27> 最新の世論調査によると、共和党の大多数はドナルド・トランプ前大統領が共和党の方向性に少なくとも一定の影響力を持つことを望んでいる。

トランプ、米国はもはや自由な社会ではないと述べ「不誠実な」メディアとビッグテックは「タガを外した」と非難

<引用元:ワシントン・エグザミナー 2021.3.22> ドナルド・トランプ前大統領は、米国はもはや自由な社会ではないと述べその顕著な理由として報道とビッグテックが「タガを外して」いることを挙げた。 …

予算成立なら民主党は巨大な逆風に直面とトランプが予想

<引用元:JustTheNews 2021.11.5> ドナルド・トランプ前大統領は5日、民主党は、巨額のインフラ・社会的支出予算を成立させれば米国人に増税の「搾取」と見なされるので、政治的な未来を危 …

トランプ:オバマ&クリントン大統領は北朝鮮に負かされてきた

<引用元:ブライトバート・ニュース 2017.4.17> FOXニュース・チャンネルの「FOX&フレンズ」で火曜日に放送予定のインタビューのプレビュー映像で、ドナルド・トランプはビル・クリントン大統領 …

アーカイブ

@JpWelovetrump