記事翻訳

議事堂警察のブライアン・シックニック巡査は1/6暴動後に自然死したと検視官

投稿日:2021年4月20日

<引用元:FOXニュース 2021.4.19

ワシントンの検視局長によると、米国議事堂警察のブライアン・シックニック巡査が1月6日の暴動で暴徒に立ち向かった翌日死亡したのは、2度の脳卒中を起こしたことによる自然死だった。

フランシスコ・ディアス検視局長は19日、シックニックの検視解剖からは42歳の巡査が化学性刺激物にアレルギー反応を起こしたという証拠は見つからなかったと述べた。ディアスはシックニック(42)が「急性脳底動脈血栓症による急性の脳幹・小脳梗塞」で死亡したと最終判断を下した。

検視官の報告書から、シックニックが1月6日の午後2時20分頃に化学物質をスプレーされ、その夜の10時頃に議事堂で倒れたことが分かった。検視局によると巡査は1月7日の午後9時30分頃死亡した。

ディアスはニュースを最初に報じたワシントン・ポストに、1月6日の出来事が「彼の状況の一因となった」と述べていた。

連邦当局は先月、暴動中にシックニックを熊よけスプレーで暴行したことで2人の男を逮捕・起訴した。ペンシルベニア州ステートカレッジの Julian Elie Khater(32)とウェストバージニア州モーガンタウンのPierre Tanios(39)は、危険な武器で連邦当局者を暴行したことと当局者を負傷させる謀略を含め多数の容疑で起訴されたが、巡査の死亡について起訴するまでには至らなかった。

それぞれの暴行罪では最高で20年の服役と25万ドルの罰金が科される。

法執行機関当局者は当初、シックニックが消火器で殴られたと述べた――ニューヨーク・タイムズが出した2月の記事でその考えが固定化されたが同紙は1カ月後に密かに記事を更新した。その後米国議事堂警察はシックニックが建物を守った後で「傷害のせいで死亡した」と述べたが、死因についてはずっと疑問が残ったままだった。

2008年に入署したシックニックは、「抗議者と身体的に接触した際に負傷した」と議事堂警察は述べた。「彼は自分の部署に戻って来てから倒れた。地元の病院に連れて行ったが負傷のために死亡した」

シックニックは、トランプ支持者の群衆が議事堂に乱入した後死亡した5人のうちの1人だった。暴動でジョー・バイデンを11月の選挙の勝者として認定する選挙人集計が妨害された。議事堂警察組合によると約140人の当局者が負傷した。

2月の初めに巡査は議事堂のロタンダで名誉を称えられ、バイデン大統領とジル・バイデン夫人も参加して敬意を表した。

-記事翻訳
-,

関連記事

トランプ、納税記録を不正に入手したとしてニューヨーク・タイムズに1億ドルの訴訟

<引用元:デイリー・コーラー 2021.9.22> ドナルド・トランプ前大統領は9月21日、機密である税務書類が不正使用されたとして、ニューヨーク・タイムズ(NYT)と姪のメアリー・トランプに対して1 …

トランプに米TV報道の9割が否定的な一方、メディアの接触し易さはレーガン以降2番目

米メディア・リサーチ・センター(Media Research Center:MRC)の15日の最新調査報告によると、トランプ大統領に対する米国大手放送局の報道は、継続して約9割が否定的な内容となってい …

新報道で民主党の1月6日に関する共謀説の誤りが証明

<引用元:タウンホール 2021.8.20> 2021年1月6日に米国議事堂で起きた事件は、20日朝発表されたロイター独占報道が引用した当局者によると、「大統領選挙の結果を覆すための組織的な計画の結果 …

トランプのバグダディ作戦成功に旧来メディアがびくつく本当の理由

<引用元:フェデラリスト 2019.10.28>モリー・ヘミングウェイ編集主任による論説 旧来の報道機関は、米軍がISIS指導者のアブバクル・アル・バグダディに対する作戦に成功したというトランプ大統領 …

2022年第1四半期終わりまでには新メディア企業が立ち上がる可能性、とトランプ

<引用元:FOXニュース 2021.12.22> (FOXニュース独自)トランプ前大統領は、自身の新メディア会社が2022年の第1四半期には活動を開始できるようになるだろうと述べ、プラットフォームは現 …

アーカイブ

@JpWelovetrump