記事翻訳

トランプ、ピューリッツァー賞委員会がニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの賞剥奪しなければ訴訟辞さず

投稿日:

<引用元:JustTheNews 2021.11.17

ドナルド・トランプ前大統領の弁護士は、現在は疑問符が付けられたロシア共謀疑惑の報道のためにワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズの両紙に授与された2018年のピューリッツァー賞を「即座に剥奪」しなければ、ピューリッツァー賞委員会を訴えるとする書簡を公表した。

本紙が確認した書簡によると、トランプの弁護士は、トランプのロシアとのつながりについての、虚偽が証明された説に関するニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの記事のために、法的措置も辞さないと警告している。

「ピューリッツァー賞委員会が、ニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストの2018年ピューリッツァー国内報道賞を即座に剥奪することをここに要求する。ピューリッツァー賞委員会がそうすることができなければ、それに対して法的措置を起こすことになる」と、アリーナ・ハバ弁護士はトランプに代わって書いた。書簡はトランプのセーブアメリカ政治活動委員会によって送られた。

書簡では2つの新聞の報道に関連する主要な情報源のうち2つ、具体的にはマイケル・サスマンとイゴール・ダンシェンコが、現在連邦当局に対する虚偽供述で刑事告訴されていることを詳細に説明している。

サスマンは、トランプ陣営とロシア系のアルファ銀行との間の異常なやり取りについての証拠とされるものを提出した際、自身がヒラリー・クリントンの大統領選挙陣営の弁護士であることをFBIに明らかにしていなかったことを罪に問われている。

一方ダンシェンコは、信頼性を失ったスティール文書に貢献し、FBIに対する5件の虚偽供述で起訴されている。

Daily Mailによると、起訴の結果、ワシントン・ポストはスティール文書に対する言及のある2つの記事を訂正しており、トランプの弁護士もそのことを委員会に対する書簡で指摘した。

(以下略)

-記事翻訳
-, ,

関連記事

トランプの捜査を担当するニューヨーク検事が辞任

<引用元:JustTheNews 2022.2.23> ドナルド・トランプ前大統領とその事業に対する捜査を担当するマンハッタン地区検察の2人の検事が、23日に突然辞任し事件の将来が不確かになっている。

逆さまになった大統領選後の世界

<引用元:デイリー・シグナル 2020.12.24>ビクター・デービス・ハンソン氏による論説 11月3日の後、いくつかの言葉と概念の意味が突然変わった。みなさんは新しい現実が古い現実に取って代わったこ …

ハンター、ジョー・バイデンの衝撃的ニュースを抑え込んだメディアの共謀

<引用元:デイリー・シグナル 2022.4.7>ラリー・エルダー氏による論説 2020年大統領選の約3週間前、ニューヨーク・ポストは大統領候補ジョー・バイデンの息子、ハンターについての選挙を変えてしま …

MSNBCレイチェル・マドー、共謀疑惑が雲散霧消し、50万人の視聴者を失う

<引用元:2019.3.27 デイリー・コーラー> MSNBCの司会者であるレイチェル・マドーは、ロバート・モラー特別検察官が、トランプ陣営とロシアの間の共謀を裏付けるだけの証拠が見つからなかったと示 …

「陰謀論」と米メディアでの中国の全面的攻撃

<引用元:ナショナル・レビュー 2020.5.1>ジム・ジェラティ氏(ナショナル・レビュー政治部長)による論説 本日のメニュー:米国メディアがいかに躍起になって、ウイルスに対抗する中国の「成功」に声援 …

アーカイブ

@JpWelovetrump